既婚者同士の恋愛のきっかけと本気の両思いなら守るべきルール

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

  • タロットカートを引く
  • 既婚者同士でどうしようもない恋に落ちることがあります。

    結婚をしたからといって、その後に気になる人と出会わないとも限りませんよね。

    そこで今回は、既婚者同士の恋愛のきっかけと本気の両思いなら守るべきルールや両想いになると辛い事・苦しい事、既婚者同士が惹かれ合う理由、バレないスポットやプランについてご紹介します。

    既婚者同士の恋愛に発展するきっかけは間違いなくありますし、その中でも多くの人が体験しているものをお伝えしていきます。

    そして何より、既婚者同士の恋愛で本気の両思いの二人は、その恋愛を継続させるために守るべきルールが存在しますので、ぜひ参考にして間違った行動を起こして問題を抱えないようにしてくださいね。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン、既婚者同士の不倫恋愛を始める前に知っておきたいリスク・デメリット、不倫恋愛で旦那や子供、家族へ感じる「罪悪感」と上手く付き合う考え方についてもお伝えしますので、これからの二人の関係に役立てていきましょう。

    また、既婚者同士でLINE(ライン)を送る時に気を付ける事、キスやエッチでわかる不倫相手の本気度、本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉についてもお伝えします。

    お姫様へ。こちらが目次です!

    既婚者同士が両想いになると辛い事・苦しい事

    完全に同じ道を歩むことが出来ない現実に気付く

    彼と両想いになったとき、あなたは既婚者同士という現実を見ていくことで辛く、苦しむことになります。

    既婚者に対して「好き」という感情が芽生えたとき、その人と「一緒にいたい」と思うもの。

    しかし、既婚者同士が両想いになっても「ずっと一緒にいようね」という安心材料である言葉はお互いに言えません。

    それはお互いが時間をかけて築いてきた家族の存在があるからです。

    彼を好きになることに問題は無くても、「この先…」と考えたとき、あなたも既婚者で相手の状況を理解しやすいこと状況により、その現実に苦しくなります。

    既婚者同士が両想いになっても、彼とは「同じ道を歩むことが出来ない」と現実を見て、感じることで自分の抱いてしまった感情の行き場を失くし、辛く、苦しむこともあるのです。

    相手の家庭について考えなければならない瞬間が多々ある

    既婚者の男性と恋愛をすると、相手の家庭について嫌でも考えなければならない瞬間があることに苦しくなることがあります。

    既婚者同士の恋愛はお互いに気持ちが通じ合っていたとしても、最優先となるのが家庭です。

    自分の感情だけでは行動できません。

    「会いたい」「何してるかな」と、ふと連絡したくなったときでも彼を想っての感情の裏に、男性の家族のことを考えてしまうことが多くあります。

    彼に会いたくなって連絡しようとしても「今奥さんといるのかな」と躊躇うのです。

    彼を想うことで相手の家庭を考えなければならない瞬間が多くあり、自分の気持ちを既婚者の男性にぶつけられないことで苦しさが増し切なくなります。

    普通の恋愛よりも、独身者との不倫よりも会えない

    普通の恋愛や独身者との不倫よりも会える時間が少ないのが既婚者同士の恋愛であり、会う時のルールも多くあることで辛くなります。

    「好き」という気持ちが強いほど、「彼に会いたい」と願ってしまうのです。

    「会いたい」と思うことには、既婚者や独身者という立場は関係ありません。

    あなたの彼に対する感情の大きさです。

    会いたくてもお互いに家庭があることで、それぞれの家族での予定を優先させ、どうしても後回しという存在になります。

    既婚者同士だから会える時間を作りにくく、「仕方がない」と分かっていても彼が好きだから辛くなる一方なのです。

    既婚者同士の両想いだけど苦しい…辛いダブル不倫恋愛を諦める方法

    2018.05.31

    既婚者同士の両想いが始まるきっかけ

    同じ悩みを持つことで深い繋がりができる

    人と人の繋がりが深くなるきっかけになりやすいのはマイナスの感情です。

    プラスの感情はもちろんお互いを成長させるためにも必要なものとなるのですが、マイナスの感情には、ない縁を繋げる効果があるのです。

    既婚者同士ということで、家庭内に不満を抱えている、パートナーに悩みを抱えている、子供の成長に不安があるなどの悩みが共通のものであると、一気に二人の距離が縮まっていきますよ。

    同じ悩みは、強い気持ちの結び付きを起こしこれを特別な感情だと男女では思うようになるのです。

    二人にしか分からないことと捉えることで、夫や妻への気持ちを簡単に超えていくことができます。

    男女として意識する出来事が

    既婚者同士でいても、相手のことを男女として見る出来事がお互いに起これば恋愛の始まるきっかけになります。

    目の前にいる人が既婚者であると意識していれが、基本的には男して女として見ることはありません。

    それは自分にも特別に思う人がいますし、同じように相手にも一生共に歩んでいくと誓った相手がいることを理解しているからです。

    新しい恋をもう求めていない、ということですね。

    しかし、ほんの些細な仕草や言葉などの言動によって男女を感じるようなことが起きれば、相手にパートナーがいても気持ちが動いてしまいます。

    忘れかけていたドキドキする恋心を刺激されることで、恋をする楽しさを思い出しどんどんとはまっていくのです。

    お酒の席は理性を弱らせる

    既婚者同士の恋愛のきっかけによく話題に上がるのは、お酒の席からということです。

    お酒を飲むと楽しくなり、アルコールは理性を弱らせてしまいます。

    普段は怖いと思って実行できないことで、なぜか「自分ならできる!」と思った経験はありませんか?

    理性的ではなくなり、感情が表に出やすく本能で行動してしまうこともあるでしょう。

    既婚者同士での恋愛は、どちらかが感情を表さなければきっかけにはならなく、スタートすることはありません。

    自然と恋愛関係になる、ということはないということ。

    お互いに少しでも好意を抱いていたとすると、その感情をいつもは理性で押さえつけ「私は家庭があるから」と思えていたことでも、自然とその感情が湧き出てしまいます。

    また、お酒を飲むと言葉も流暢になり、お互いに意識し合う関係にもなりやすいですよね。

    同窓会で懐かしくて

    そして、同窓会も既婚者同士の不倫が始まるきっかけが転がっています。

    学生時代に恋心を抱いていた人、大好きで交際したけれど別れてしまった元彼、学生の時には何とも思っていなかった人でも、素敵な男性への成長した姿を見て、ときめいてしまうのです。

    また、学生時代の仲間が集まることで「あの頃」に気持ちがタイムスリップしやすくもなります。

    同窓会に参加する際には「今日は家庭のことは忘れて楽しもう!」と心に決めて参加することもありますから、尚更ですよね。

    気心の知れた仲間たちとの時間は楽しく、時間の経過も早く感じるもの。

    お酒ももちろん進み、時間が遅くなれば、ときめく相手がいると既婚者同士であっても関係を持ってしまうことはよくあることです。

    「今日だけ」と決めて過ちとして関係を持ったとしても、そのトキメキや同級生という距離の近い男性との関係は簡単に割り切れるものではありません。

    ずるずると関係を続け、いつしかきちんとした恋愛をしているなんてこともしばしばで、当然、始めから刺激やトキメキを継続させるために既婚者同士の恋愛としてスタートさせる二人もいます。

    同窓会に行かせたくないと思うパートナーがたくさんいるくらいにも、危険な集まりであることが分かりますね。

    残業や出張、社員旅行

    仕事絡みでも、既婚者同士の恋愛へのきっかけはあります。

    その主なものは残業や出張、社員旅行などです。

    ちょっと特別な時間を過ごすことで、既婚者同士の恋愛は始まります。

    出社して退社するだけの毎日の中で、素敵な既婚者の男性を見ているだけなのと、二人の時間を少しでも多く過ごすことがあれば、より気持ちを高ぶらせることになりますよね。

    人は欲深いでもあり、見ているだけで幸せだと感じていても、もっと一緒にいたい、もっと会話をしたい、より特別な存在になりたいと思うものです。

    仕事で毎日会っているからこそ、ちょっといつもとは違う時間の過ごし方をするだけでも、既婚者同士の恋愛へのハードルを下げるのです。

    また、仕事が絡んだ関係というのは「素敵な部分」のみが目に入りやすく、底には尊敬の念を抱きやすい環境です。

    バリバリ仕事をこなす姿や後輩だけでなく上司にも慕われている姿は尊敬に値しますよね。

    どんどんと気持ちは大きくなりやすく、いつしか自分の夫と比べてしまうことも。

    夫とは生活をしている間柄ですから、良い面も見ますが、それと同じくらいもしくはそれ以上の悪いところも目につきます。

    仕事をする男性は、鎧をかぶった武士だと言われていますから、表面上だけ判断すると素敵この上なしと、好意の気持ちが膨らんできます。

    そこに、二人だけの残業が続いたり、出張でいつもよりも多くの時間を過ごしたり、社員旅行で普段みない姿にキュンキュンすると、あっという間に既婚者同士の恋愛が始まっていきますよ。

    学校行事やPTAでの繋がり

    既婚者同士の両想いが始まるきっかけが学校行事やPTAでの繋がりといった意外なところにあります。

    子供に関係することですから参加することが多く、自然と保護者同士で挨拶を交わすことや会話をすることが増えるのです。

    一年に何度も定期的に顔を合わせ、それが何年も続くことになるのが参観日に参加する人も少なくありません。

    学校行事やPTAといった子供の行事に参加していることであなたの知らないうちに保護者のお父さんと距離が縮まっていることも多々あるものです。

    大人だけでなく子供同士でも繋がりがあれば、様々な情報交換をし、相手の男性の家庭のことを聞く機会もあり、と同時にあなたのことも知られやすくなります。

    PTA活動を行うと既婚男性と関わる頻度も高くなり、連絡を取ることも増えていくことで自然と好意を抱きやすい関係となるのです。

    学校行事などを見ていて「いいパパさんだな」と思うことで不倫のきっかけとなっていくことも珍しくありません。

    子供の学校行事やPTAなどに参加することが既婚者同士の自然な関わりができ、お互いを知っていき男性に好意を抱きやすく、既婚男性からも思われやすくなるのです。

    懐かしい元彼との出会い

    既婚者同士の両想いのきっかけとしてよくあるのが懐かしい相手「元彼」との出会いとなります。

    「元彼」という時点で普通には会えない関係です。

    一度好きになった男性と会うことは他の男性とは違い、どこか思い入れがある相手であるため、女性は平常心ではいられません。

    お互いがよく知っている男女だからこそ恋愛への発展が早く、一度失敗した関係であるこそ「次は」と以前より自分を良く見せようと思ってしまうという心理が湧いてくるのです。

    「昔話こそ盛り上がる話題はない」と思うほど、付き合っていた当時の思い出を蘇らせることで会っていない期間を忘れるぐらいに距離がグッとすぐに縮まります。

    旦那さんが知らないことまで知っているあなただから男性もすぐに「心を開きやすい」のです。

    お互いが結婚して既婚者同士になって再会した元彼と出会うことで、一度2人は付き合っていた関係ということもありすぐに距離が縮まり、彼と両想いになりやすく不倫へと発展していきます。

    子供が大きくなって手が離れる

    既婚者同士での両想いのきっかけは子供が大きくなって手が離れることで起こりやすくなります。

    子どもの手が離れないうちは、いつでもあなたの頭には家族のことが浮かんでくることで「恋愛だけに集中する」ということは出来ないものです。

    子供から手を離れた時、あなたも気持ちに余裕ができるのと同時にどこか寂しさを感じてしまいます。

    今まであなたの中の優先順位の一番にあった子供の存在だから「寂しい」と思うのです。

    子どもの手が離れることで時間とやることに追われていた生活から、自分を中心に考えられる日々へと変わって行くことで、出会う既婚男性への見方も変わっていきます。

    心に余裕が出来ていることで今まで閉ざされていた色んな感情を素直に感じやすくなるのです。

    既婚者同士での両想いになるきっかけは子供の手があなたから離れたとき、自分を優先できるようになったことで男性との関係が動いて行くことになります。

    既婚者同士の純愛。本気の恋愛がはじまるきっかけ

    2018.05.17

    既婚者同士が二人で飲みに行きダブル不倫になるきっかけ

    2018.05.19

    既婚者同士が惹かれ合う理由

    “既婚者”という同志からの心の繋がり

    既婚者同士が惹かれ合うのは、既婚者という同じ状況にいる人だからこそ、心が繋がれる部分があるという理由が挙げられるのです。

    同じ立場にいる人には悩みや相談も言いやすく、相手からの話しも聞きやすいもの。

    例えば、あなたが既婚者で話す相手が独身者だと、話す内容も自然と変わってくるものです。

    それは同じ環境を経験していないと、「この話しをしても分かってもらえないかも」と思い、自然と避けていることは少なくありません。

    既婚者同士だと悩みや苦しんでいることでの共通点が多くありますから、相談し合い、心の距離が近づきやすく、それによって自分たちの方向性を感じることができることから惹かれ合います。

    相手にも家庭があるという安心感

    自分にも相手にも家庭があるという安心感を持てることで、既婚者同士は惹かれ合いやすくなります。

    お互いに家族があることは「自分たちには帰る場所がある」ということで、既婚者にとっては大きく、大切にするところなのです。

    既婚者同士だと分かり合えることも多くありますが、それよりも自分と相手の環境が同じであることに安心できる人は少なくありません。

    不倫の関係においてルールを守らなければならない部分でも、相手にも家庭があることは最も安心感を抱きやすいのです。

    一生懸命に大事なものを守る姿

    一生懸命に家庭を守り、大事にしている姿に既婚者は惹かれやすいのです。

    お互いが家庭を持ち、家族の関係を良い方向のまま進めるために日々努力していることは少なくありません。

    そうした生活を送っている既婚者だから、家庭を守るために一生懸命になっている姿に惹かれてしまうのです。

    既婚者同士であることで、家庭のために一生懸命になる姿を見てしまうと「放っておけない」「こんなに頑張ってくれる相手だったら」と自分の家族と比べることで良い方向ばかりに考えを持って行くことで惹かれます。

    ツインレイの既婚者同士が惹かれ合う!運命の人が結婚していた時の対処法

    2018.08.01

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン①「家庭の愚痴を言い合う」

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサインは、家庭の愚痴を言い合っているというものです。

    お互いに、「自分の家庭のここが嫌だ」「配偶者のこんなところにイライラする」など、愚痴を言い合っている状況は、ダブル不倫になる一歩手前です。

    まず、愚痴を言い合う二人になっているということは、ある程度心を開いていることが分かります。

    何でもない人に自分の家庭の愚痴を言うことはありませんし、話しをされても困ってしまうものです。

    お互いに良い合うということ、それを聞けるということは男女の関係になるきっかけを探しているということも言えます。

    あなたも彼も、家庭に不満を持っていることは重々承知していることですから、傷の舐めあいの関係から、特別な男女の関係への発展していくような両想いになっているのです。

    「相手なら分かってくれる」という思いは、信頼関係が築けているからこそえですし、それが既婚者同士の男女となれば、好意がないわけがありません。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン②「“わかる!”と共感し合う」

    「わかる!」と既婚者同士が共感し合う機会が多いものも、両想いの脈ありサインです。

    共感は、「わかって欲しい」「分かってあげたい」という意思がお互いになければ成り立たないものですから、特別な感情があってもおかしくありません。

    表面的には、既婚者同士のお友達、または恋人未満の関係でいるはずです。

    なかなか、共感し合える人という存在を見つけることは難しいもので、お互いにそんな相手を見つけたことに特別な縁を感じています。

    相手のことを理解しようと心掛け、共感をする機会が多いということは、それだけ相手のことを想っているからです。

    恋人同士になる条件の一つが共感し合えるのかどうか、共感しようとしているのかどうかですから、これから二人の関係が変わっていきます。

    「この人なら理解してくれる」から「この人でなければ分かってもらえない」という心理に変わりやすい状況ですから、ダブル不倫まであと一歩という両想い具合となっているのです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン③「生活スタイルをお互いに知っている」

    生活スタイルをお互いに知っているという場合も、それは既婚者同士の恋愛での両想いの脈ありサインです。

    既婚者の生活は家庭それぞれで違っていて、他の家庭の人がどのように生活をしているのか見えない部分がたくさんあります。

    職場が同じ二人だと仮定しても、職場にいる相手のことは知っているけれど、退勤後はどのような行動をしているのかまるで分らないというケースは少なくありません。

    しかし、お互いの生活スタイルである、起床時間や食事の時間、習い事、家庭環境を知っているということは、それだけ二人の間に会話があるということになるのです。

    既婚者同士の会話の中に、流れでそのような話しになったとしても、何でもかんでも、またお互いに知ることはなかなかありません。

    それを、お互いに理解し把握しているとなれば、すでに特別な関係に足を踏み入れているとも言えます。

    謎に包まやすい既婚者の生活スタイルの把握は、実は特別なことであり、両想い脈ありサインであることを覚えておきましょう。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン④「二人でいても家庭の話題を出さない」

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサインには、二人でいても家庭の話題を出さないというものがあります。

    これは、不倫恋愛になる前にはすでにお互いに本気になっている証でもあるものです。

    敢えて、お互いに自分の家庭の話しをしない、相手の家族の話題を聞かないという意思が働いていて、「ただの男女として接したい」という心理が隠されています。

    本気になれば、分かってはいても、相手の家庭の存在は煩わしいものであり、嫉妬の対象となってしまうことは少なくありません。

    また、家族や家庭の話題を出してしまえば、「自分たちは既婚者である」と強く認識してしまうことにも繋がります。

    両想いとして恋愛感情を持っているからこそ、「相手と過ごす時には既婚者であることを忘れたい」と思うことは自然の心理です。

    わざと、お互いの家庭についての話題を出さないような会話が続いていることに気付けば、お互いに本気になっている証ですから、ダブル不倫が始まるための行動に移していきましょう。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑤「休日に会う」

    既婚者同士の男女が休日に会うとなれば、それは両想いのサインです。

    あなたとしては「この関係って何だろう」「私たちはどうなっていくのだろう」と考えることにもなります。

    言葉がないだけで、すでに特別な関係に移行している状態だとも言えるものです。

    大人になればなるほど「付き合ってください」「好きです!」とハッキリとした告白をしないケースも珍しくありません。

    相手の男性はすでに交際に発展すると思っていて、深い関係になるきっかけを探していることもあるのです。

    既婚者は休日は家庭サービスをしたり、家族と過ごしたりすることが当然の風潮がある中で、二人で会う機会が増えているのでしから、自然な流れで男女の関係になっていきます。

    すでに、家族に嘘をついている、アリバイを作っているのならば、不倫を意識した行動です。

    お互いに異性として認識をし、特別な感情を抱いていますのであなたも覚悟を決めていきましょう。

    ダブル不倫への扉はもう開いていますので、両想いのサインを発見した時には思い切って飛び込んでください。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑥毎日連絡が来る

    既婚者同士の恋愛で両想いであるのかという脈ありサインには毎日連絡が既婚男性から来るのかということです。

    既婚者同士の恋愛だから「連絡を取る」という行動がとても大切なことになります。

    お互いが家庭を持っていることで頻繁には会うことができない二人ですから、気持ちを伝えるには一日も連絡を欠かすことができません。

    既婚者男性から毎日連絡が来ることは彼がリスクを負いながらもあなたと連絡を取ることで「繋がっていたい」と思い、自分の存在を女性へ示したいという感情もあります。

    既婚男性は既婚女性に好意を持つと「今家族と何をしているのか」などという、家庭を持つ女性、そして旦那さんのいる人であるから余計に気になるのです。

    毎日連絡を既婚男性が既婚女性に送り続けることで、女性に自分は好意があるということを気づいて欲しくもあるのですが「ダブル不倫」となってしまうのであなたの気持ちも探っています。

    既婚者男性が同じく結婚している女性に好意を持っているのかという脈ありサインはお互い家庭があることで、毎日男性から連絡が来ることであなたからの男性への反応を探ってきていると繋がっていくものです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑦色々なことに感想を聞かれる

    既婚者同士の恋愛で両想いなのかという脈ありサインを知る方法に男性があなたに色々なことに対しての感想を聞いてきてくれることです。

    好意のある人の気持ちや考えは一番に理解したいものであり、相手のことをより知っていきたいという思いから色々なことに対しての思いを聞いてきます。

    既婚男性は好意を持っている既婚女性が「どんな考え方」なのか「どう思ったのか」「感じたのか」という女性の内面的な部分に興味が湧くのです。

    好意を持つと誰でもその相手の「感じ方」が気になります。

    自分と同じ「意見」なのか、「考え方」「見方」なのかということが気になり、相手の男性とどこか違っていても好意を持つ女性の感性を理解をしようと思うのです。

    既婚者男性は既婚女性に興味を持つことであなたの色々な考え方や感想を聞くことで、女性のことを知りたいと思っていることから十分な脈ありのサインとなってきます。

    既婚者同士の好意の脈ありサイン!彼が不倫を望んでいる行動はコレ!

    2018.04.02

    既婚者同士なのに好きになってしまったら?LINE(ライン)を送る時に気を付ける事

    好意が滲み出ないように気をつける

    既婚者同士なのに好きになってしまった時のLINE(ライン)を送る時に気をつけることは、好意が滲み出ないようにすることです。

    既婚者男性へのLINE(ライン)は、誰がどこで見ているのか分かりません。

    本人があなたからの気持ちに気付いていない場合には、消去もせずにいることは少なくないはずです。

    特に奥さんに見られてしまうようなことがあれば、二人の関係が進展する前に大きな問題となってしまうこともあります。

    大人同士のやり取りを意識する

    既婚者同士のLINE(ライン)のやり取りは、大人同士のやり取りをするように意識してください。

    親しい雰囲気を出さない、きりっとした文章を心掛けると、万が一のことが起こってもあなたは自分の身を守ることが出来ます。

    と同時に大好きな彼のことも守れるのです。

    前項のように奥さんに見られた場合だけではなく、彼があなたに好意を抱かなかった時にもあなたの傷付き方を軽減させてくれます。

    気持ちに少しだけバリアを加えておくのです。

    丁寧なやり取りを心掛け、大人の内容でのやり取りをしていれば、どのような状況に陥った時にも問題に発展することはありません。

    端的に長くなり過ぎないようにする

    端的に長くなり過ぎないようにすることで、LINE(ライン)のやり取りをする際の注意点となります。

    既婚者同士の二人は忙しい生活を送っているものです。

    あなたが彼の生活のリズムを邪魔するようなことがあっても、好意を持ってもらうことには繋がりません。

    相手を思いやり、既婚者同士だからこそ出来る優しさを見せていきましょう。

    彼の方がLINE(ライン)を続けたいという意思を持っているのならば喜んで継続させてください。

    時間を長くするよりも、回数を増やす方が効果的です。

    既婚者同士のline(ライン)は毎日すべき?内容はどんなものが良い?

    2018.04.17

    既婚者同士のバレないスポットやデートプラン

    シティホテルなどのレストランやバー

    W不倫でのデート場所は、ラブホテルではなくシティホテルを選びましょう。

    既婚者同士がデートをするには、絶対にバレてはならないことが条件です。

    ラブホテルだと、肉体関係を持っている者同士だと誰もが分かってしまいます。

    しかし、シティホテルだとたくさんの人たちが色んな用途で使用していますから、不倫カップルだとバレにくいのです。

    ここで気を付けたいのが、同じシティホテルばかりを利用しないことですから、注意してください。

    大型ショッピングモール

    大型ショッピングモールは既婚者同士のデートプランには最適です。

    大型のショッピングモールは、人が混雑している状況なので、特定の人を見つけにくくもあります。

    人がたくさんいることで、周囲の人達も周りをじっくりとは見ない傾向にあるのです。

    目立ち過ぎない格好で大型ショッピングモールでのデートは既婚者同士にはとっておきのプランとなります。

    コテージのある宿泊施設への旅行

    コテージのある宿泊施設への旅行は人目を避けるには、最高の旅行先です。

    W不倫で旅行に行っても、気が抜けないのがホテル。

    コテージであれば自分達だけの空間であり、周囲を気にする必要もありません。

    周りを気にしなくていいのに、思いっきり楽しむことが出来てしまうのがコテージの魅力なのです。

    既婚者同士のデートに誘われた!バレない口実や注意点は?

    2018.03.31

    不倫の本気度はキスやエッチでわかる!本気度の高いキスやエッチって?

    キスは回数を意識して

    不倫の本気度の高いキスを知りたいのならば、回数を意識してみましょう。

    一度のキスが濃厚だからと言って本気だとは限りません。

    それは下心によるものである可能性も否定できませんが、何度も何度もキスをする既婚男性ならばあなたともっと触れたいという心理を持っています。

    キスをしたいと思う相手には特別な感情を持つものです。

    キスからエッチに繋がらなくても回数を多くしているという場合には、本気度が高いと言えますので安心してください。

    エッチは毎回になっていないか

    会うたびにエッチをしていないかどうかを確認することで本気度チェックとなります。

    デートの度にエッチをしているとなると、既婚者男性はただ単に体目的かもしれません。

    確かなことは、セックスをしなくても二人の時間を大事にしてくれているのかどうかです。

    エッチをしないデートもあるというのならば、体の繋がりよりも心の繋がりを彼は大大切に思っています。

    エッチが毎回になっている場合には、「今日はホテルはなしにしようか」と聞いてみることも一つの本気度を調べる方法となるのです。

    【期間限定・9月23日(月曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した初回無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



    PR:ティファレト


    エッチの後にまで優しい

    エッチをした後の既婚者男性の態度を見れば、本気度が分かります。

    エッチをする前に優しいのは、遊びでも本気でも同じです。

    女性の気持ちを阻害してしまうと、セックスには辿り着かないので必ず男性は優しくなります。

    しかし、セックスの後が優しくないというケースも少なくありません。

    この場合は、本気度は低く遊びの不倫恋愛である可能性を否定出来ないのです。

    最後まで優しく接してくれているのならば、あなたという存在を愛し、慈しんでいる証ですからあなたも勇気を出して愛し続けていきましょう。

    既婚者同士の恋愛でキスは好意のサイン?両想いの脈ありサイン?

    2018.04.12

    エッチの後の彼の賢者タイムでわかる本命か遊びなのかの行動・言葉6選

    2018.02.12

    こんな言葉には注意!本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉

    「奥さんが~」「子供が~」

    不倫相手の男性の本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉は「奥さんが~」「子供が~」というものです。

    不倫カップルが一緒にいる時に、家族の話題を出されて気持ち良くなる女性はいません。

    そんな女性の気持ちに寄り添っていないことが何よりの証拠です。

    また、家族がいることを口酸っぱくして伝えることで「本気にならないでくれ」「遊びだから」と間接的にあなたに理解して欲しいというケースもあります。

    どちらにしても、家族の話題を口に出す既婚男性との不倫恋愛には注意が必要です。

    「いつか」を連発する

    「いつか結婚しよう」「いつか離婚しようと思っている」という言葉も本気度の低い時に連発されるものです。

    既婚男性の「いつか」を信用してはいけません。

    相手への気持ちが高まっている時に、このような言葉を聞くと「いつか」の意味を無視してしまう女性は珍しくありません。

    しかし、その「いつか」はなかなかやってこないものですし、あなたの気持ちを繋ぎ止めて不倫関係を継続させるための都合の良い言葉であることを覚えておきましょう。

    既婚者男性の「いつか」は、無責任な言葉なのです。

    「こっちから連絡するよ」

    「こっちから連絡するよ」という言葉も本気になっていない時のものです。

    あなたから連絡が来ることを阻止しようとしています。

    この言葉に「忙しいから」という言葉もついていることも多くありますので、理由が最もらしいからと言って信用してはいけません。

    本気で好きならば、あなたからの連絡に返信が遅れてしまうことがあっても、受けることを嬉しく思うはずです。

    浮気相手の女性の寂しさにも敏感になるものですから、自己都合での連絡をすることはありません。

    これは「会いたい時」「エッチしたい時」に彼から連絡をする手段として使われる言葉です。

    不倫で口だけの彼の本音って?口だけ不倫男の言う言葉別の男性心理

    2019.03.01

    本気の両想いだからこそのプラトニックラブとは?

    肉体関係無しの恋愛も40代からは楽しめる!不倫のボーダーラインとは?

    不倫のボーダーラインは、大きく挙げるとするならば「不貞行為」があるかどうか、ということです。

    平たく言えば体の関係を持っているかどうか、男女の関係はここが重要視されます。

    しかし、本気の両思いともなれば体の関係がない「プラトニックラブ」でも構わないという人も少なくありません。

    不倫をする年齢層を見ていても、40代以上で浮気経験をしている人も多く、体力の減少や「本物の愛」を知っている年代だからこそ、無理なく肉体関係なしで不倫をしていけるのです。

    既婚者同士がプラトニックラブをする理由は?

    妊娠のリスクが全くない

    既婚者同士の不倫で、最もトラブルに発展するケースは妊娠をした時です。

    中絶するにしても、出産するにしてもこれまでとは比べ物にならないくらいの話し合いをする機会を設けます。

    既婚者同士だからこそ、離婚を双方がするのかなど話し合っていれば恋愛関係になっていることがどこかからバレることにもなるでしょう。

    その点、プラトニックラブで肉体関係がないとなれば、全く妊娠のリスクもありませんので安心して交際を続けられます。

    いつでも新鮮な気持ち

    プラトニックラブをしている二人は、食事に出掛けたり、どこか気になるスポットにデートに行くこともあります。

    体の関係がないからこそ、堂々と二人で歩けるというメリットを感じるのです。

    肉体関係を持ち、体にハマってしまうと毎回デート場所はホテル、なんてことになっている人も多いもの。

    プラトニックラブならば、新鮮な気持ちで二人の愛情だけを信じていられますので、飽きることはそうそうないのです。

    慰謝料が怖くない

    不倫がバレて慰謝料を請求される場合には、「交際期間」や「どのくらい体の関係を持っていたか」などを反映させた金額を提示されます。

    不貞行為をしていないからと言って、一銭も支払わなくてもはいいということは難しいのですが、肉体関係を持つ不倫カップルよりもだいぶ減額されるのです。

    時には、「不貞行為がない」「恋愛ではない」と言い張って不倫関係を認めないというケースを目指せることが出来るのもプラトニックラブだから、と覚えておきましょう。

    既婚者同士のプラトニックラブの注意点

    家族としての役割はしっかりと果たす

    肉体関係のないプラトニックラブだからと言っても、気持ちが通い合い恋人になっているのでしたら、それを不倫と捉える人は多くいます。

    それぞれの配偶者にバレてしまえば、大変なことになりますので、バレない工夫は随所に取り入れましょう。

    そのためにも、家族としての役割はしっかりと果たすことが重要です。

    妻として母として、そして夫として父としての働きの邪魔をお互いにしてはいけません。

    依存しない

    プラトニックラブの場合には、ハマり過ぎる関係に注意しましょう。

    依存心が生まれると、四六時中相手のことを考えてしまい、毎日のメリハリがなくなってしまいます。

    「様子がおかしい」と浮気を疑う配偶者、「気持ちが重い」と関係を見直そうとする不倫相手が出てきてもおかしくない状況です。

    自分の人生と相手の人生を交わらせないことが、プラトニックでの既婚者同士の恋愛をするコツとなります。

    会っている時だけ楽しむ

    前項のメリハリにも通じる部分ですが、会っている時だけ楽しむつもりで心構えを持ちましょう。

    仕事をしている間には仕事に集中し、家族と過ごす時には家族としての幸せを感じられていれば、二人の関係は肉体の繋がりがなくてもうまくいきます。

    会えた時の喜びは、恋愛のはじめの時のような感動で、ずっとこれからも同じように持ち続けることにも繋がるのです。

    既婚者同士の本気の両想いをしている人、していた人の体験談

    5年続いています

    5年前、主人との仲が険悪になっていた時に出会ったのが今の彼です。

    夫のことを愛していないわけではありませんので離婚の意思はなく、彼も既婚者だったので息抜きのつもりで関係を持つように。

    次第にお互いのことを理解し、既婚者同士ということで分かり合えることも多く、「支え合っている関係」で、お互いにいなければいけない存在になっています。

    5年という月日の中で、今でも愛情を持って家庭との両立をしています。(36歳・女性)

    家庭では味わえない刺激

    結婚をしてから知り合った女性と不倫関係です。

    既婚者同士なので、あまり会える時間は取れませんが会えた時の幸せはいつまでも恋する少年のようだ、と苦笑してしまいます。

    家庭では安定を求める妻がいることから、彼女との関係は何をしても刺激的でそれは僕自身の人生を満たしてくれるように感じています。

    ドキドキしたり、知らないことを知った時の驚きなどはこれからも生きて行く上で必要な刺激だと痛感しています。

    バレるまでこの関係は続きます。

    大きな声では言えませんが、彼女は僕の運命の人だと信じていますから。(41歳・男)

    心の結びつきが安心

    既婚者と既婚者の恋愛って、自分が経験するまでは欲望のまま!というイメージがあったんです(笑)

    だって、精神的な繋がりよりも肉体的な繋がりの方が大事なんだろうな、と思っていたので。

    しかし、自分がその立場になってみると彼との心の結びつきがあるからこそ、家のことも頑張れるし、仕事にもメリハリを持てるし、夫にも優しくなれることに気付きました。

    お互いに結婚という重い経験をしているからこそ、その難しさを知っているからこそ心の結びつきを大事にしたい、と感じていることが手に取るように分かり、毎日満たされた気分で生活ができています。(43歳・女性)

    既婚者同士の心の繋がりを深め本気度を上げる方法

    2018.08.05

    両思いならこれだけは守らなければならないルール

    いざ既婚者同士の恋愛が始まったらお互いに守らなければならないルールがあります。

    二人の思いが本気であればあるほど、守っていなければ周囲の関係がバレてしまったりお互いの信頼関係を崩してしまうことになります。

    せっかく出会えたもう一人の運命の人かもしれませんので、大切に関係を育んでいきたいですよね。

    駆け引きをしない

    恋愛の醍醐味と言われます駆け引きは、既婚者同士の恋愛には全く必要ありません。

    本気の両思いになる前には、少しの駆け引きを楽しむ余裕があってもいいとは思いますが、恋愛が軌道に入ったら駆け引きはもうやめておきましょう。

    既婚者同士の恋愛は可能な限りシンプルにする必要があります。

    思いの外、既婚者同士の恋愛はお互いの息があっていることが重要になってくるのです。

    駆け引きをすることによって、トラブルに繋げてしまったり、気持ちのすれ違いが起こる瞬間を作ってしまうと、その時間は既婚者同士の恋愛はスムーズに進まなくなってしまうのです。

    注意力も散漫になり、誰かに関係を勘付かれてしまったり関係を継続させる上で問題が起こってしまう可能性が高まってしまいます。

    相手を不安がらせない

    既婚者同士の本気の両思いになったら、愛情表現を可能な限りやっていくことをお勧めします。

    相手に気持ちの上で不安がらせないということです。

    「本気の好きなのだろうか」「遊ばれているのではないか?」と思われてしまうと、目の前の恋愛に素直になることも出来ずに、まず楽しむことができないのです。

    楽しめないとは、結婚してまで辛い恋愛をする必要がないということに繋がります。

    それはそうですよね、家に帰れば恋愛をして結婚した相手が待っているのですから、心を乱される相手と一緒に過ごす魅力はなくなってしまいます。

    通常の恋愛と同じような行動をしていてはいけません。

    既婚者同士の恋愛を本気で両思いとしてやっていくのでしたら、相手に不安がらせてしまったり、自信をなくすような行動は謹んでいきましょう。

    お互いの家庭には介入しない

    恋愛をしているわけですから、相手のことをたくさん知りたいですし、どんな家庭を持ってそのような生活をして、自分には見せない顔について探ってみたくもなります。

    しかし、それは余計な嫉妬を増幅させてしまい、知らなくてもいいことも知ることにもなるのです。

    本気の両思いだからこそ、既婚者同士の恋愛では踏み込んではいけない領域というものが存在します。

    どんなに愛している相手であっても、自分の家庭に口出しをされたり不必要な助言なんてされたらあまりいい気分はしないはずです。

    家庭は家庭、恋愛は恋愛と切り離した考えが出来るようになれば、既婚者同士の恋愛を上手く仲良くしていくことができますよ。

    大人の恋愛とも言われる部類ですから、通常の恋愛との違いに気付かなければなりません。

    お互いに都合のいい相手である

    既婚者同士の恋愛を守る為に、本気の両思いだからこそ、お互いに都合のいい相手であると思う必要があります。

    独身同士の恋愛とは違い、独占欲を表してしまった時点でその恋愛の終わりが見えてきます。

    彼にも都合がある、そしてあなたにだってどうにもならない都合があり、彼との貴重な時間を過ごせないこともありますよね。

    お互いに都合ありき、そして都合のいい相手であると思っていれば、その守りたい本気の両思いを末永く長続きさせることができますよ。

    これまで体験した恋愛ではないことを承知し、そして表面上の思いだけでも変化させなければなりませんね。

    お金の使い方は無理なく

    既婚者同士の恋愛には、それぞれのパートナーがいるわけで、ばれてはいけない人がいるのです。

    実はパートナーの不倫がばれるきっかけに、お金の流れというものがあります。

    彼と会うために貯金を切り崩していた、お小遣いをすぐにスッカラカンにしてしまうなど、お金の流れから他に良い人がいるのではないか?と疑われます。

    だからこそ、お金は出せる方が出せる時に出す、無理をしてお金を出さないことがお互いに重要なことになりますよ。

    夫婦は、生活をしているのでお金と言う現実的なものにシビアになりやすく、その流れがこれまでと変わってきたと思われたら、それはもう本気の両思いを長く継続させることはできなくなるということ。

    デート代、ホテル代を無理して出さなければならない状況ならば、無理してはいけません。

    お金のかからない方法、会う時期をずらすなどの工夫が必要ですよ。

    今ばれなくても、将来的に思っていた資産よりも少ないとパートナーが感じてしまえば後になって全てを白状しなければならなくなってしまうこともあります。

    ポジティブな解釈

    既婚者同士の恋愛には辛さも伴います。

    それは本気の両思いであることで、お互いに求めていても満足のいく手の入れ方ではなく、思い通りにならないこともたくさんあります。

    連絡一つとってもそうですよね。

    お互いに都合のいい時間を見計らって連絡をするようになりますが、それは既婚者同士の場合、極端に少ない時間となってしまいます。

    会えない時こそ、満たされていたいのに、悲しく寂しい思いをするのです。

    しかし、そのままでは既婚者同士の恋愛をすること自体にブレーキをかけてしまい、大好きな人と離れ離れになってしまうことも想像できます。

    そんな時にはポジティブ思考をつかみ取りましょう。

    なかなか連絡が来ないのは私の都合を考えてくれているからだな。

    こんな風に思うことができれば、彼への愛情も高まり気持ちを落とさずに本気の両思いを継続させることができますね。

    全て私のため、私のことを愛しているからこその行動なのだろう、事実がどうであれ、あなたが笑顔でいられる方法を取り入れてくださいね。

    あっさりした関係を目指す

    深い部分で繋がっていると分かっていても、それを表に出してしまったら既婚者同士の恋愛は成り立たなくなります。

    あっさりした関係を上辺だけでも演出するようにしましょう。

    いつでもやめることができる関係、今が幸せならばそれでいいと思っているという具合です。

    本気の両思いならば彼もあなたの本心にはしっかりと気付いているはず。

    でも、そこはこの関係を守るために必死になるあなたの姿にまた惚れてしまうことになるでしょう。

    優先順位をはっきりさせる

    本気の両思い、その両思いを離婚をしてまで遂行しないという場合には、しっかりと優先順位をつけましょう。

    家庭、子供、仕事、そして彼など。

    中には親の介護や趣味などが混ざってくることもありますね。

    それらの優先順位をはっきりとさせておくことで、あなたは無茶な行動をしないことに繋がります。

    極端な話ではありますが、家事を一切しないで帰りも毎日朝方、仕事も休みがちになる、これでは家族に言えないことをしています、と言っているも同じです。

    あなたの中にある軸をしっかりとさせるためにも、優先順位をつけることは既婚者同士の恋愛では大切なものになりますよ。

    嘘も方便

    大切で大好きな人に嘘なんてつきたくない…

    普通ならばこのように感じてしまいますが、既婚者同士の恋愛をうまくやっていく為には、嘘も方便ですよ。

    あなたも無理しない、彼も無理させないための嘘ならばいいのです。

    仮に彼があなたに会いたくて無理をしている時には、忙しい、体調が悪いなどの嘘で会えない状況にすることも、本気の両思いを継続させるコツですよ。

    会いたいのに会えないのは愛情を高めます。

    また、無理をしているとそのツケは必ずどこかで表れてしまいます。

    その結果、最悪周囲にばれてしまい、泥沼化してしまうことなんてなったら、既婚者同士の恋愛は終わりです。

    会いたいという気持ちを何とか抑えて、うまく関係を築いていく工夫のための嘘ならばいいのです。

    写真は絶対ダメ

    これは既婚者同士の恋愛のルールでもあります。

    離れている時でも彼の写真を見て心を満たしたいという思いは十分わかりますが、写真は不倫の証拠になってしまいやすいので避けてくださいね。

    仲良し写真、彼だけの写真はいつどこで誰に見られるか分かりません。

    既婚者同士の恋愛をしている証拠を残さないためにも、あなたの記憶の中に残しましょう。

    今は写真を撮るのもとても気軽にできます。

    そして現像なんて出さなくてもスマホのフォルダに入れておくことができます。

    しかし、その気軽さが仇となることも忘れてはいけませんね。

    写真は残しておいていい事はありませんので、そもそも撮らないようにすることをおすすめします。

    守るべきルールが守られなかった時は?


    ここまで、既婚者同士の恋愛になるきっかけとともに守るべきルールについてご紹介してきましたが、そのルールを守れなかった時はどうなるのかについても考えていきましょう。

    ルールとは、既婚者同士の恋愛を安全に進めていくことであり、トラブル防止の意味合いも含まれています。

    そのトラブルとは?という話しですが、既婚者同士の恋愛を最もバレることを恐れている相手は誰でしょうか。

    そうですね、配偶者であるパートナーである夫や妻です。

    夫や妻にバレることは、家庭の崩壊を意味していたり、一気に窮地に立たされることを表しています。

    民事では、既婚者が夫や妻以外の者と関係を持ってはいけないと定められており、それを「浮気」や「不倫」と言います。

    これは、夫や妻から見ると一生愛し合うと約束したことを裏切られた思いを感じ取るのです。

    単純に自分以外の人に好意を持っていること、そしてそれを実行していることは許し難いものであると感じることがほとんどなのです。

    その結果、離婚に至るケースも決して珍しくはなく、それに伴い、既婚者同士の恋愛をしていた者も「裏切る人」「貞操のない人」という烙印を押されてしまうこともあります。

    社会的な地位を失うこともあり、その後の人生に大きな影響を与えてしまうことも想像できます。

    既婚者同士の恋愛をする場合には、決してバレないようにすること、そのためには決められたルールを守ることが絶対的な条件になります。

    守るべきルールの意味をご理解いただけましたか?

    バレたら大変な毎日が待っていますが、こちらでご紹介した守るべきルールをしっかりと守っていれば、安定した関係を既婚者同士でも築くことができますので、ぜひ参考にしていきましょう。

    既婚者同士の不倫恋愛を始める前に知っておきたいリスク・デメリット

    双方からの慰謝料請求で多額を失うリスク

    既婚者同士の不倫恋愛には、双方からの慰謝料請求で多額を失うリスクがあります。

    お互いが家庭を築いている立場です。

    そのお互いの家族を壊すことになるのが、既婚者同士の恋愛。

    どちらか一方が悪いわけではなく、お互いにそれぞれの家族を傷つけているのです。

    二人の関係がそれぞれの家庭にバレた時、多額の慰謝料として双方に請求されます。

    お互いの家族の本心は、慰謝料では収まりがつきません。

    お互いの家族を裏切り続けて、恋愛をしていたことを許せるわけがないのです。

    裏切りによって傷つけられ、その相手にも家庭がある。

    家族は怒りが収まることはありません。

    お互いに家庭を持っていながら関係を持ってしまった双方には、もう戻すことが不可能な家族の想いが請求されます。

    既婚者同士の恋愛では、お互いの家族を傷つけ壊した二人の行動で、双方に慰謝料請求がされ多額を失うリスクがあることを覚えておきましょう。

    普通の不倫よりも都合がつけにくく寂しさを強く感じる

    既婚者同士の不倫恋愛のデメリットは、普通の不倫よりも都合がつけにくく寂しさを強く感じてしまうことです。

    お互いに既婚者同士ということは、それぞれの家庭行事や予定が必ずあります。

    そのタイミングがお互いの家族でいつも一緒だということはありません。

    自然と会う機会が極端に少なくなります。

    「会いたい」と思っても、会うことは出来ず、いつでも連絡を取れる関係でもありません。

    既婚者同士の恋愛には、たくさんの壁があるのです。

    会えないから連絡というわけにもいかず、寂しさを押し殺すしかありません。

    会える機会を予定していても、急なキャンセルはよくあるW不倫の特徴です。

    いつ家族の予定が入るかは、本当に会うギリギリまで分かりません。

    普通の不倫よりも都合がつきにくく、お互いが家族を最優先させるため寂しさを強く感じることが多いのが既婚者同士の不倫恋愛の最大のデメリットです。

    家庭に戻る前にはしっかりと気持ちを切り替えなければならない

    既婚者同士の不倫恋愛は、家庭に戻る前にはしっかりと気持ちを切り替えなければならないというデメリットがあります。

    不倫をしていることは絶対に家族にバレてはいけません。

    どれだけ彼との幸せな時間を送っていたとしても、家庭に入る時には気持ちを切り替えなければ必ずバレます。

    幸せの余韻に浸る時間がないということです。

    不倫恋愛をしている多くの人は、家に戻りたくなくなってしまいます。

    しかし、その行動は家族を捨てる意味を表している為、不倫を継続しているとだんだん辛くなっていくのです。

    秘密の関係だから誰にも話せず、家族の前ではいつも通りにしていなければなりません。

    既婚者同士の不倫恋愛は、彼との時間の余韻に浸ることも出来ず、家庭に入る時には気持ちを切り替えなければならない苦しさがあります。

    既婚者同士の不倫恋愛で旦那や子供、家族へ感じる「罪悪感」と上手く付き合う考え方

    気持ちの切り替えをスムーズに行うこと

    既婚者同士の不倫恋愛で家族への罪悪感と上手く付き合う考え方は、気持ちの切り替えをスムーズに行うことです。

    家族を裏切ってしまっているから、罪悪感を強く抱きます。

    家族の前では、不倫相手とのことは考えずにいた方があなたの気持ちも楽になれるのです。

    不倫している時には、彼だけを感じる。

    家庭に入れば、自分の家族の事だけを考えてください。

    彼のことを考えるから、家族といると罪悪感を抱くのです。

    あなたが不倫で良い思いをしている分、家庭で過ごす時には精一杯の愛情を家族に注いでいきましょう。

    既婚者同士の不倫恋愛で感じる家族への罪悪感は、自分の気持ちをスムーズに切り替えることで楽になり、その分愛情をきちんと注いであげてください。

    家庭での役割はしっかりと果たすこと

    既婚者同士の不倫恋愛をしている時でも、家庭での自分の役割をしっかりと果たすことで家族への罪悪感は軽減されます。

    自分がいけないことをしているから、家族に罪悪感が生まれるのです。

    それをマイナスにだけ捉えないでください。

    彼と関係を持っていても、家庭での自分の役割はきちんと果たす。

    彼と恋愛しているから、家族の為にもきちんと役割を果たそうと考え方を変えましょう。

    罪悪感だけ抱いていたら、家族との時間が苦しく、辛くなるだけです。

    あなたが一番大事にしなければならない家庭を守るために、自分の仕事は手を抜かずに努力します。

    既婚者同士の不倫恋愛で家族に罪悪感を抱いても、あなたが家庭を守るために自分の役割をしっかりと果たしていくという考え方を持ち、行動できればその感情を軽減できるのです。

    家族の中での役割と共に自分の人生を大切にするという考え方

    ダブル不倫で罪悪感を抱いて辛いのであれば、家族の中での役割と共に自分の人生を大切にするという考え方を持って下さい。

    既婚者同士であっても恋愛感情を抱き、行動に移してしまう事は少なくありません。

    そこに罪悪感が芽生え、「申し訳ない」と家族に感じても、彼との関係を簡単には切れません。

    それなら、あなたの考え方を変えていきましょう。

    家庭での役割はきちんとこなす。

    しかし、不倫恋愛をしていたとしてもあなたの人生です。

    家族での仕事をしっかりしていれば、気持ちはまだ楽になります。

    人より少し欲張って、幸せを多く見つけてしまっただけです。

    既婚者同士の不倫恋愛で家族に罪悪感を持っていても、家庭の役割を果たすと共に、自分の人生を大切にするという、あなたの幸せを増やすという考え方もあります。

    浮気や不倫の罪悪感への対処法5つ

    2017.11.15

    大人の恋愛として楽しむために

    既婚者同士の恋愛のきっかけと本気の両思いなら守るべきルールについてご紹介しました。

    大人の恋愛として楽しむためにも、こちらでご紹介した内容を参考に二人の絆を深めていきましょう。

    きっかけにつきましても、既婚者だから恋愛に縁がないなんてことはありません。

    ほんの些細なことがきっかけとなって本気の両思いへと急スピードで大成長することもあるのです。

    これも巡り合わせ、縁と考えると大切にしていきたい関係でもありますよね。

    そのためにもぜひ、意識して取り組んでいってくださいね。

    【期間限定・9月23日(月曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、通常3000円の【幸せの杜】の占いを初回無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【幸せの杜】を初回無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。