既婚者同士の恋愛のきっかけと両思いだとなんとなくわかる瞬間&本気の両思いなら守るべきルール

あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 既婚者同士でどうしようもない恋に落ちることがあります。

    結婚をしたからといって、その後に気になる人と出会わないとも限りませんよね。

    そこで今回は、既婚者同士の恋愛のきっかけと両思いだとなんとなくわかる瞬間や本気の両思いなら守るべきルールや両想いになると辛い事・苦しい事、既婚者同士が惹かれ合う理由、バレないスポットやプランについてご紹介します。

    既婚者同士の恋愛に発展するきっかけは間違いなくありますし、その中でも多くの人が体験しているものをお伝えしていきます。

    そして何より、既婚者同士の恋愛で本気の両思いの二人は、その恋愛を継続させるために守るべきルールが存在しますので、ぜひ参考にして間違った行動を起こして問題を抱えないようにしてくださいね。

    既婚者同士で好意があっても何もしない男性心理と女性心理の違い、既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン、既婚者同士の不倫恋愛を始める前に知っておきたいリスク・デメリット、不倫恋愛で旦那や子供、家族へ感じる「罪悪感」と上手く付き合う考え方についてもお伝えしますので、これからの二人の関係に役立てていきましょう。

    また、既婚者同士でLINE(ライン)を送る時に気を付ける事、キスやエッチでわかる不倫相手の本気度、本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉についてもお伝えします。

    「既婚女性300人に「既婚者同士で両想いだけど悩んでいる事」「既婚者同士で一線を越えてしまった時」「不倫相手と決めている二人のルール」「ダブル不倫のデートでバレないように気を付けている事」「不倫をしていて感じる罪悪感」をアンケート調査した結果を紹介致します。

    お姫様へ。こちらが目次です!

    既婚女性300名にアンケート!既婚者同士で両思いになった事はある?

    既婚者女性に「既婚者同士で両思いになった事はある?」というアンケートを実施しました。

    「ある」と答えた既婚女性は11%です。

    一見、少ない数字のように思えますが、10人に一人の割合で既婚者同士で両思いになっているのですから、ダブル不倫はメジャー化していると想像出来ます。

    既婚女性に質問!既婚者同士で両想いだけど悩んでいる事って?

    「既婚者同士で両想いだけど悩んでいる事」については質問をしました。

    悩みを具体的に教えていただきましたので、切ない両想いをする既婚者女性に気持ちを知りましょう。

    30歳・公務員
    30歳・公務員
    相手の男性も私に好意を持っていることは分かっています。お互いに解かっているのです。だからこそ、これからの関係の進め方に悩んでいます。一線を超えてもいいのかどうか…  
    29歳・配送業
    29歳・配送業
    相手の気持ちを知りたくて仕方ありません。態度や行動、毎日の連絡などから両想いであることは理解出来ますが、どうしてか女性って言葉で何でも伝えてもらいたいですよね。でも聞いちゃったら秘密の関係が始まってしまいます  
    36歳・サービス業
    36歳・サービス業
    うちの家庭は上手くいっていません。両思いの家庭がどのような状況なのか聞きたくて悩んでいます。もし、両想いになっている彼が離婚する意思があるのなら、私も離婚して綺麗な身で一緒になりたいと思っています  

    既婚者同士で両想いになっている女性に悩みは将来のこと

    既婚者同士で両思いになっている既婚女性の多くは、先の未来について悩んでいます。

    関係の進展方法や、そもそも進展させてもいいのかどうかということ。

    既婚者同士ですから、家庭を持ちつつ、ダブル不倫が可能かどうかも考える必要があり、それはあなただけではなく彼も関わってくることです。

    一人で答えが出ずに、悶々としている既婚者女性は少なくありません。

    既婚者同士が両想いになると辛い事・苦しい事

    完全に同じ道を歩むことが出来ない現実に気付く

    彼と両想いになったとき、あなたは既婚者同士という現実を見ていくことで辛く、苦しむことになります。

    既婚者に対して「好き」という感情が芽生えたとき、その人と「一緒にいたい」と思うもの。

    しかし、既婚者同士が両想いになっても「ずっと一緒にいようね」という安心材料である言葉はお互いに言えません。

    それはお互いが時間をかけて築いてきた家族の存在があるからです。

    彼を好きになることに問題は無くても、「この先…」と考えたとき、あなたも既婚者で相手の状況を理解しやすいこと状況により、その現実に苦しくなります。

    既婚者同士が両想いになっても、彼とは「同じ道を歩むことが出来ない」と現実を見て、感じることで自分の抱いてしまった感情の行き場を失くし、辛く、苦しむこともあるのです。

    相手の家庭について考えなければならない瞬間が多々ある

    既婚者の男性と恋愛をすると、相手の家庭について嫌でも考えなければならない瞬間があることに苦しくなることがあります。

    既婚者同士の恋愛はお互いに気持ちが通じ合っていたとしても、最優先となるのが家庭です。

    自分の感情だけでは行動できません。

    「会いたい」「何してるかな」と、ふと連絡したくなったときでも彼を想っての感情の裏に、男性の家族のことを考えてしまうことが多くあります。

    彼に会いたくなって連絡しようとしても「今奥さんといるのかな」と躊躇うのです。

    彼を想うことで相手の家庭を考えなければならない瞬間が多くあり、自分の気持ちを既婚者の男性にぶつけられないことで苦しさが増し切なくなります。

    普通の恋愛よりも、独身者との不倫よりも会えない

    普通の恋愛や独身者との不倫よりも会える時間が少ないのが既婚者同士の恋愛であり、会う時のルールも多くあることで辛くなります。

    「好き」という気持ちが強いほど、「彼に会いたい」と願ってしまうのです。

    「会いたい」と思うことには、既婚者や独身者という立場は関係ありません。

    あなたの彼に対する感情の大きさです。

    会いたくてもお互いに家庭があることで、それぞれの家族での予定を優先させ、どうしても後回しという存在になります。

    既婚者同士だから会える時間を作りにくく、「仕方がない」と分かっていても彼が好きだから辛くなる一方なのです。

    既婚者同士の両想いだけど苦しい…辛いダブル不倫恋愛を諦める方法

    2018.05.31

    既婚女性300名にアンケート!既婚者同士でお互いの気持ちに気がつき一線を越えたことはる?

    「既婚者同士でお互いの気持ちに気が付き一線を超えたことはある?」と気になるアンケートを実施しました。

    なかなか人には聞けない内容だからこそ、ダブル不倫をしている人、興味のある人は参考にしてください。

    「ある」と答えた既婚者女性は約10%です。

    両想いから10%の人だけが一線を超える決断を下します。

    既婚女性に質問!既婚者同士で一線を越えてしまった時はどんな時?理由は?

    「既婚者同士で一線を超えたしまった時はどんな時?理由は?」という質問をしました。

    実際に、その場面に至る経緯について尋ねましたので、一線を超える決意を感じてください。

    33歳・事務員
    33歳・事務員
    恋心を持っていた既婚男性に海外転勤の内示がされた時。それまでは両想いであることだけを楽しんでいた節があったのですが「もう会えない」と思うと、体で愛を伝えたいとお互いに思いました  
    31歳・受付業務
    31歳・受付業務
    仲間内の飲み会で、少し飲み過ぎてしまって。私が彼に「私の気持ち、分かっているよね?どうするの?」と聞いたことが一線を超えた理由です。両想いな状況だけで満足出来なくなっていたんだと思います。お酒によって一気に理性が崩壊してしまいました 
    38歳・介護職
    38歳・介護職
    彼の方が我慢できなくなって、押し倒される感じでした。気持ちは昂るばかりで、やっぱり好意を持っている女性に対して「抱きたい」と思うのは正常な男の心理なような気がしますよ  

    無視できない恋心

    既婚者同士だからこそ、一線を超えるには十分な考えや決意が必要です。

    そのハードルを越える時、やはりもう無視できなくなった恋心が関係しています。

    両想いだと分かっているからこそ、どんどん相手に惹かれ、理想を掲げ、欲する気持ちを高ぶらせるのです。

    既婚者同士の両想いが始まるきっかけ

    同じ悩みを持つことで深い繋がりができる

    人と人の繋がりが深くなるきっかけになりやすいのはマイナスの感情です。

    プラスの感情はもちろんお互いを成長させるためにも必要なものとなるのですが、マイナスの感情には、ない縁を繋げる効果があるのです。

    既婚者同士ということで、家庭内に不満を抱えている、パートナーに悩みを抱えている、子供の成長に不安があるなどの悩みが共通のものであると、一気に二人の距離が縮まっていきますよ。

    同じ悩みは、強い気持ちの結び付きを起こしこれを特別な感情だと男女では思うようになるのです。

    二人にしか分からないことと捉えることで、夫や妻への気持ちを簡単に超えていくことができます。

    男女として意識する出来事が

    既婚者同士でいても、相手のことを男女として見る出来事がお互いに起これば恋愛の始まるきっかけになります。

    目の前にいる人が既婚者であると意識していれが、基本的には男して女として見ることはありません。

    それは自分にも特別に思う人がいますし、同じように相手にも一生共に歩んでいくと誓った相手がいることを理解しているからです。

    新しい恋をもう求めていない、ということですね。

    しかし、ほんの些細な仕草や言葉などの言動によって男女を感じるようなことが起きれば、相手にパートナーがいても気持ちが動いてしまいます。

    忘れかけていたドキドキする恋心を刺激されることで、恋をする楽しさを思い出しどんどんとはまっていくのです。

    お酒の席は理性を弱らせる

    既婚者同士の恋愛のきっかけによく話題に上がるのは、お酒の席からということです。

    お酒を飲むと楽しくなり、アルコールは理性を弱らせてしまいます。

    普段は怖いと思って実行できないことで、なぜか「自分ならできる!」と思った経験はありませんか?

    理性的ではなくなり、感情が表に出やすく本能で行動してしまうこともあるでしょう。

    既婚者同士での恋愛は、どちらかが感情を表さなければきっかけにはならなく、スタートすることはありません。

    自然と恋愛関係になる、ということはないということ。

    お互いに少しでも好意を抱いていたとすると、その感情をいつもは理性で押さえつけ「私は家庭があるから」と思えていたことでも、自然とその感情が湧き出てしまいます。

    また、お酒を飲むと言葉も流暢になり、お互いに意識し合う関係にもなりやすいですよね。

    同窓会で懐かしくて

    そして、同窓会も既婚者同士の不倫が始まるきっかけが転がっています。

    学生時代に恋心を抱いていた人、大好きで交際したけれど別れてしまった元彼、学生の時には何とも思っていなかった人でも、素敵な男性への成長した姿を見て、ときめいてしまうのです。

    また、学生時代の仲間が集まることで「あの頃」に気持ちがタイムスリップしやすくもなります。

    同窓会に参加する際には「今日は家庭のことは忘れて楽しもう!」と心に決めて参加することもありますから、尚更ですよね。

    気心の知れた仲間たちとの時間は楽しく、時間の経過も早く感じるもの。

    お酒ももちろん進み、時間が遅くなれば、ときめく相手がいると既婚者同士であっても関係を持ってしまうことはよくあることです。

    「今日だけ」と決めて過ちとして関係を持ったとしても、そのトキメキや同級生という距離の近い男性との関係は簡単に割り切れるものではありません。

    ずるずると関係を続け、いつしかきちんとした恋愛をしているなんてこともしばしばで、当然、始めから刺激やトキメキを継続させるために既婚者同士の恋愛としてスタートさせる二人もいます。

    同窓会に行かせたくないと思うパートナーがたくさんいるくらいにも、危険な集まりであることが分かりますね。

    残業や出張、社員旅行

    仕事絡みでも、既婚者同士の恋愛へのきっかけはあります。

    その主なものは残業や出張、社員旅行などです。

    ちょっと特別な時間を過ごすことで、既婚者同士の恋愛は始まります。

    出社して退社するだけの毎日の中で、素敵な既婚者の男性を見ているだけなのと、二人の時間を少しでも多く過ごすことがあれば、より気持ちを高ぶらせることになりますよね。

    人は欲深いでもあり、見ているだけで幸せだと感じていても、もっと一緒にいたい、もっと会話をしたい、より特別な存在になりたいと思うものです。

    仕事で毎日会っているからこそ、ちょっといつもとは違う時間の過ごし方をするだけでも、既婚者同士の恋愛へのハードルを下げるのです。

    また、仕事が絡んだ関係というのは「素敵な部分」のみが目に入りやすく、底には尊敬の念を抱きやすい環境です。

    バリバリ仕事をこなす姿や後輩だけでなく上司にも慕われている姿は尊敬に値しますよね。

    どんどんと気持ちは大きくなりやすく、いつしか自分の夫と比べてしまうことも。

    夫とは生活をしている間柄ですから、良い面も見ますが、それと同じくらいもしくはそれ以上の悪いところも目につきます。

    仕事をする男性は、鎧をかぶった武士だと言われていますから、表面上だけ判断すると素敵この上なしと、好意の気持ちが膨らんできます。

    そこに、二人だけの残業が続いたり、出張でいつもよりも多くの時間を過ごしたり、社員旅行で普段みない姿にキュンキュンすると、あっという間に既婚者同士の恋愛が始まっていきますよ。

    学校行事やPTAでの繋がり

    既婚者同士の両想いが始まるきっかけが学校行事やPTAでの繋がりといった意外なところにあります。

    子供に関係することですから参加することが多く、自然と保護者同士で挨拶を交わすことや会話をすることが増えるのです。

    一年に何度も定期的に顔を合わせ、それが何年も続くことになるのが参観日に参加する人も少なくありません。

    学校行事やPTAといった子供の行事に参加していることであなたの知らないうちに保護者のお父さんと距離が縮まっていることも多々あるものです。

    大人だけでなく子供同士でも繋がりがあれば、様々な情報交換をし、相手の男性の家庭のことを聞く機会もあり、と同時にあなたのことも知られやすくなります。

    PTA活動を行うと既婚男性と関わる頻度も高くなり、連絡を取ることも増えていくことで自然と好意を抱きやすい関係となるのです。

    学校行事などを見ていて「いいパパさんだな」と思うことで不倫のきっかけとなっていくことも珍しくありません。

    子供の学校行事やPTAなどに参加することが既婚者同士の自然な関わりができ、お互いを知っていき男性に好意を抱きやすく、既婚男性からも思われやすくなるのです。

    懐かしい元彼との出会い

    既婚者同士の両想いのきっかけとしてよくあるのが懐かしい相手「元彼」との出会いとなります。

    「元彼」という時点で普通には会えない関係です。

    一度好きになった男性と会うことは他の男性とは違い、どこか思い入れがある相手であるため、女性は平常心ではいられません。

    お互いがよく知っている男女だからこそ恋愛への発展が早く、一度失敗した関係であるこそ「次は」と以前より自分を良く見せようと思ってしまうという心理が湧いてくるのです。

    「昔話こそ盛り上がる話題はない」と思うほど、付き合っていた当時の思い出を蘇らせることで会っていない期間を忘れるぐらいに距離がグッとすぐに縮まります。

    旦那さんが知らないことまで知っているあなただから男性もすぐに「心を開きやすい」のです。

    お互いが結婚して既婚者同士になって再会した元彼と出会うことで、一度2人は付き合っていた関係ということもありすぐに距離が縮まり、彼と両想いになりやすく不倫へと発展していきます。

    子供が大きくなって手が離れる

    既婚者同士での両想いのきっかけは子供が大きくなって手が離れることで起こりやすくなります。

    子どもの手が離れないうちは、いつでもあなたの頭には家族のことが浮かんでくることで「恋愛だけに集中する」ということは出来ないものです。

    子供から手を離れた時、あなたも気持ちに余裕ができるのと同時にどこか寂しさを感じてしまいます。

    今まであなたの中の優先順位の一番にあった子供の存在だから「寂しい」と思うのです。

    子どもの手が離れることで時間とやることに追われていた生活から、自分を中心に考えられる日々へと変わって行くことで、出会う既婚男性への見方も変わっていきます。

    心に余裕が出来ていることで今まで閉ざされていた色んな感情を素直に感じやすくなるのです。

    既婚者同士での両想いになるきっかけは子供の手があなたから離れたとき、自分を優先できるようになったことで男性との関係が動いて行くことになります。

    既婚者同士の純愛。本気の恋愛がはじまるきっかけ

    2018.05.17

    既婚者同士が二人で飲みに行きダブル不倫になるきっかけ

    2018.05.19

    特別だと感じさせる行動

    既婚者同士が惹かれあうきっかけとなり、お互いに意識しあうのは特別だと感じさせる行動がある時です。

    既婚者同士であっても、お互いに特別な存在だと感じれば、恋愛感情を抱きます。

    パートナーに対しても感じない程の特別な感情を抱く瞬間が、既婚者同士だからこそ意識することとして出てくるのです。

    「今、旦那さんと何しているのかな」「昨日家庭で何かあった?」など、自分を既婚者として考えるのではなく、相手の事だけを想い、抱く感情があります。

    お互いに意識し合うきっかけとなるのは、相手に何か変化が起こった時、最初に気付いてくれる人であり、最も「気付いて欲しい」と思う人です。

    誰にも言えない秘密の共有

    誰にも言えない秘密の共有は、既婚者同士が惹かれあうきっかけで、お互い意識しあうこととして挙げられます。

    既婚者こそ、「誰にも言えない」「誰にもバレたくない」と自分自身の中で秘めることがいくつもあるのです。

    しかし、時には特定の人に話したくなる感情を抱きます。

    その相手が既婚者である場合が多く、既婚者同士だから秘密を共有できるものです。

    同じ立場で同じ環境で過ごす人には、それなりに心を開きやすく、自分が心を開放すれば、相手も徐々にあなたへ内に秘めていることを話すようになります。

    それがきっかけとなり、既婚者同士の秘密事ができ、心を開いていくうちに、相手の事をもっと知りたくなるのです。

    恋愛感情に至った時には、秘密事以外に自分との共通点を探すのも既婚者同士の好きサインの特徴に挙げられます。

    相手の事を好きになるのに、秘密事は最大の距離を縮める方法となり、自分のことを知ってもらいながら、「あなただけに知っていて欲しい」という感情の表れです。

    居心地の良さ

    既婚者同士が惹かれあうきっかけは、居心地の良さで、お互い意識しあうのは自然の流れで作り上げられます。

    「この人といると何でも話したくなる」と相手に感じることは少なくありません。

    「落ち着く」「癒される」という感情以外にも、既婚者同士だから抱く感情があります。

    毎日の家庭での生活で、自分の心身を癒すことは常に求めているのです。

    それを少しの時間であっても解消してくれる、家族の存在を忘れさせてくれる居心地の良さは、恋愛関係に至っても必ずしも得られるものとはなりません。

    しかし、既婚者同士のきっかけとして、家庭から離れるごく僅かな時間を貴重なものと考えます。

    その中で思い浮かぶのが、居心地が良く、自分自身が癒される場所です。

    求めなくても、見るだけで癒されることもあり、それが自然と恋愛感情に向かっていくものとなります。

    ツインレイの既婚者同士が惹かれ合う!運命の人が結婚していた時の対処法

    2018.08.01

    好意があるから顔を隠す

    会社で目が合ってもそっぽを向かれたり、避けられたりした場合は「私のこと嫌いなの?」と、ついネガティブな思考に陥ります。

    実は、あなたのことを好きだからこそ顔を隠すというのが、あの人からのサイン。

    あなたが好意を抱いていることを彼は察知して、あなたに愛のシグナルを送ります。

    男性は、恥ずかしがり屋なタイプの人が多く「好きな彼女と目が合った」「どんな顔をしたらいいのだろう?」と考えますから、ついあなたから逃げた態度を取ることも珍しくないのです。

    彼が既婚者だと言っても、一人の女性を愛する男性に変わりありません。

    あの人があなたを好きな気持ちは本物です。

    この現象は、好きだからイジメるという心理とよく似ています。

    「こっちを向いてほしい」「他の人と違う態度で気を引きたい」とあの人が思っているので、顔を隠されていますから、あなたから彼を追いかけましょう。

    両思いだということを実感すれば、あの人もあなたと目を合わせて話してくれるはずです。

    積極的に自らが動くことで、既婚者同士の恋を進展させて、幸せな未来を掴むことが出来ます。

    まずは、あの人と関わりをもつ方法を見つけましょう。

    LINEやメールなど些細なコミュニケーションを積極的に行えば、あの人はあなたの好意を感じ取ります。

    さりげなく頭ポンポンをして去っていく

    あなたの頭にそっと触れる「頭ポンポン」は、彼からの愛が溢れている行為です。

    頭ポンポンは、男性が好きな女性にだけとる求愛の印。

    女性の髪の毛を好きな人は多くおり「彼女に触れたい」「可愛いからもっと近づきたい」とあの人は考えます。

    また、あなたの頭をポンポンしたのに、何も言わずに立ち去るのは、彼なりの照れ隠しです。

    「何を話せばいいのか分からない」と思えば、次に続く言葉が見当たりません。

    「つい、衝動的に触ってしまった…」とあの人は考えますから、頭ポンポンでの行動を察知した時は、あなたが喜ぶべき瞬間でもあります。

    さり気ない彼の仕草を感じ取ることで「私たち、本当は両思いなのかも」と期待するはずです。

    あなたの考えは間違っていませんから、あの人へのアプローチ法を探しましょう。

    特に、あの人と一緒の時間を過ごすと効果的です。

    普段はお互いに家族がいるので、二人きりで会う機会は滅多に訪れません。

    だからこそ、食事やデートに誘い、積極的に近づくべき。

    そうすれば、いつもは頭をポンポンして去っていくだけだった彼と会話が生まれます。

    「今日、どうしたの?」「いつもと様子が違ったけど」と、あなたの思いに気づいてくれるはずです。

    あなたはあの人が求める女性でありますから、行動を起こして、あなた自身をさらに惚れ直してもらいましょう。

    頭ポンポンをする上司や年上の男性心理って?頭の触り方でわかる好意のサインなのか下心なのかの見極め方

    2020.10.04

    両想いだからこその甘い空気感

    甘く切ない空気感があの人と、あなたの間に流れることがあります。

    あなたは、確証はないけれど「もしかして私たち、気持ちが通じ合っているかも」と感じるはずです。

    ただ、お互いに家族やパートナーがいますから、好きな人といい雰囲気でも、不倫への一歩を踏み出す為には、勇気がいります。

    どことなく漂う甘い空気は、あなたにとって心地よい空間です。

    好きな人と一緒にいることは既婚者という立場上、なかなか出来ません。

    周囲の人に「浮気だ」と誤解されると、取り返しがつかなくなるからです。

    周りの人から見られているという意識で行動すると、不用意に不倫心があることもバレません。

    勇気を振り絞り、密かに彼と通じ合うことで、深く交わる関係へと進めます。

    既婚者でも、恋をすることは自由。

    関わりを持ち、あの人との接点を増やしましょう。

    今はまだ、甘い雰囲気のみが漂う二人ですが、関わりが増えれば、それだけ濃密に愛を育む時間が増えます。

    あなたとあの人の意思を繋げて、念願の両思いへと進展しましょう。

    あなたが感じ取っていた、あの人の密かな思いを知り、とびっきりの愛を示されるはずです。

    距離感が近く、パーソナルスペースまで入る

     

    パーソナルスペースは、自分だけの絶対的な領域です。

    「誰にも立ち入って欲しくない」という絶対領域ですから、友人や家族でも入室を許すことはありません。

    特にパーソナルスペースが前後均等に揃う傾向にあるのが女性のあなたです。

    あなたは自分の周りの一定空間を無意識のうちにパーソナルスペースと位置付けています。

    ただ、本当に心から愛している相手ならば、どれだけこのスペースを設定したところで無意味です。

    好きな人があなたの近くにいるというだけで、嬉しさがこみ上げるはずです。

    急に領域を占有してきたあの人を不快に思わなければ、あなたが信じてよい運命の相手。

    もし「この人と付き合っていいのか悩んでいる」「両思いかもしれないけど、告白はした方が良いの?」などと考えているのならば、あえてあの人にパーソナルスペースに入ってもらいましょう。

    もし、パーソナルスペースを超えても、あなたが不快に感じないのであれば、心から愛することが出来る不倫のベストパートナーだと言えます。

    男性にも、もちろんパーソナルスペースが存在しますが、こちらのパターンは縦長というのが一般的です。

    縦長のパーソナルスペースは彼があなたの近くに来ると、対象域に入ります。

    彼が離れようとないのであれば、好きになるあの人の対象者です。

    二人の気持ちを合わせれば、大きな愛となり、静かなる愛を育めます。

    あの人への恋心を、パーソナルスペースにより、学び、あなたの知識として身に付けましょう。

    その先には、お互いに求め合う不倫愛が顔を出しています。

    パーソナルスペースで既婚男性との心の距離や脈ありなのかを知る方法

    2019.06.19

    既婚者同士が惹かれ合う理由

    “既婚者”という同志からの心の繋がり

    既婚者同士が惹かれ合うのは、既婚者という同じ状況にいる人だからこそ、心が繋がれる部分があるという理由が挙げられるのです。

    同じ立場にいる人には悩みや相談も言いやすく、相手からの話しも聞きやすいもの。

    例えば、あなたが既婚者で話す相手が独身者だと、話す内容も自然と変わってくるものです。

    それは同じ環境を経験していないと、「この話しをしても分かってもらえないかも」と思い、自然と避けていることは少なくありません。

    既婚者同士だと悩みや苦しんでいることでの共通点が多くありますから、相談し合い、心の距離が近づきやすく、それによって自分たちの方向性を感じることができることから惹かれ合います。

    相手にも家庭があるという安心感

    自分にも相手にも家庭があるという安心感を持てることで、既婚者同士は惹かれ合いやすくなります。

    お互いに家族があることは「自分たちには帰る場所がある」ということで、既婚者にとっては大きく、大切にするところなのです。

    既婚者同士だと分かり合えることも多くありますが、それよりも自分と相手の環境が同じであることに安心できる人は少なくありません。

    不倫の関係においてルールを守らなければならない部分でも、相手にも家庭があることは最も安心感を抱きやすいのです。

    一生懸命に大事なものを守る姿

    一生懸命に家庭を守り、大事にしている姿に既婚者は惹かれやすいのです。

    お互いが家庭を持ち、家族の関係を良い方向のまま進めるために日々努力していることは少なくありません。

    そうした生活を送っている既婚者だから、家庭を守るために一生懸命になっている姿に惹かれてしまうのです。

    既婚者同士であることで、家庭のために一生懸命になる姿を見てしまうと「放っておけない」「こんなに頑張ってくれる相手だったら」と自分の家族と比べることで良い方向ばかりに考えを持って行くことで惹かれます。

    ツインレイの既婚者同士が惹かれ合う!運命の人が結婚していた時の対処法

    2018.08.01

    パートナーに足りないものを求められるから

    既婚者同士が求め合う理由として、パートナーに足りないものが求められるからです。

    今の生活に満足していないからこそ、パートナーとは別の人を選んでいます。

    「もっと愛し合いたい」「体を繋げたい」など。

    今のパートナーと築けなくなった関係を望んでいます。

    そのお互いの考えが一致するのは、同じ既婚者だからです。

    「好きになった人が、結婚していた」「相手には大切にしている家庭があった」と、似たような環境の相手と恋に落ちます。

    お互いに足りないものがある状態で、フラストレーションが溜まっているもの。

    好きになったら止められない情熱を相手に注ぎます。

    「こんなに好きになった人は初めて」と思えるほどに、あなたが相手のことを熱烈に愛するはずです。

    パートナーに足りないものを他の人から補うことが出来れば、あなたの生活が満たされます。

    相手への愛おしさが生まれ、「もっと一緒にいたい」と願うようになるのです。

    また、お相手も同じように感じてくれていますから、お互いに家庭があっても、二人が離れることはありません。

    恋愛と家庭の線引きができるから

    同じ境遇でいることで、恋愛と家庭の線引きが出来ます。

    恋愛を楽しむ時は、相手に夢中になりますが、離れてしまえば、大切なのは家族の存在です。

    二人で居る時だけに燃えるような恋をして、お互いに家に帰れば、家族ファーストが出来ます。

    家庭外では不倫の関係を楽しんでいたからこそ、家族としての時間を楽しめるのです。

    それは、お互いにとって良い関係を築くものであり、家族を大切にする相手への不満はありません。

    「どうして私の元に来てくれないの?」と、悩むこともないのです。

    家庭があるというものは、お互いに一緒の環境ですから、相手との関係に隔たりを感じることなく、二人の間柄を維持できます。

    「好きな人とはずっと寄り添っていたい」と思うものですが、他にも同じくらい大切にするものがあるので、上手く二人の関係のバランスが取れることも。

    相手を自分本位な考えで求めすぎないので、お互いの関係が良好なものになります。

    結婚生活での苦悩を知っている相手だからこそ、より身近な存在として愛を育んでいけるのです。

    求められるのが嬉しいから

    相手から求められるのが嬉しいという共通点があるので、二人は惹かれ合います。

    愛情は自分だけの思いでは、どうすることも出来ません。

    お互いに求め合うからこそ、「あの人が必要」だと心から感じられ、嬉しいものなのです。

    その感情がパートナーから感じられなかった場合は、「私は何をしているんだろう」と悩みます。

    そんな時の愛される喜びを教えてくれるのが、既婚の不倫相手です。

    「もっとこうしてあげたら、相手が喜ぶ」ということを、経験上知っています。

    だからこそ、相手との関係がより深まり、熱烈に愛し合えるのです。

    好きな人との関係を良好なものに出来るのは、求められる喜びを知っているから。

    また、求められない悲しみに苦しんでいるからこそ、「今度こそは」と、恋愛感情を抱いた相手と、相思相愛の仲を目指します。

    好きな人と寄り添う未来の大切さを知っていれば、既婚者同士は必然と惹かれ合い、恋に落ちるはずです。

    あなたが既婚者の相手を好きなのならば、求めずにいない方が、「勿体ないことをしている」と言えます。

    相手が欲しい言葉が分かるから

    お互いに相手が欲しい言葉が分かるから、既婚者を求めます。

    「あの人は、こんな言葉を言って欲しいのかな?」「もっと、求められたい」という気持ちが分かるはずです。

    あなたが相手の立場になって考えることが出来ますから、あの人は求めてくれます。

    相手から愛されると、嬉しい気持ちが強くなり、「恋愛って楽しいな」という思いが強くなるはずです。

    また、あの人もあなたの求めている言葉を知っています。

    だからこそ、お互いに既婚の相手との関係が強く結ばれて、求めずにはいられないのです。

    相手の欲しい言葉が分かれば、恋愛は上手くいきます。

    満足のいく恋愛を心から楽しんで、パートナーとでは埋められなかった心の隙間をあの人との恋で補いましょう。

    そうすれば、毎日の生活が華やかなものになり、充実した日々を過ごせるはずです。

    家庭生活で嫌なことがあったとしても、すべてを受け止めて、包み込んでくれるのが不倫相手。

    お互いに別々の暮らしをしていても、心では通じ合っている相手になり、幸せな人生を歩めます。

    冷静に恋愛を楽しめるから

    あなたが冷に恋愛を楽しむことが出来る相手が、既婚者の彼です。

    お互いに家庭がある為、最優先にするべきものは恋愛ではありません。

    家族のことを一番に考えて、恋愛は二の次。

    それでも、満足できる関係を築けるのは既婚者の相手です。

    何故ならば、相手もあなたと同じ考えを持っているから。

    相手がフリーの人で合った場合、好きな人はいても、家族の予定を最優先すれば、不満を抱かれます。

    「そんなこと思われても仕方がない」と言ってしまえば、喧嘩になることも少なくありません。

    ただ、恋愛を楽しみたいだけなのに、冷静な対応が出来ず、悩んでしまうのです。

    必要に応じて悩む状況を既婚者が相手の場合は、感じることがないのです。

    相手も、あなたと同じように家族があるから、今の状況を楽しめていることを理解しています。

    最優先されなくても、納得していますし、不満を抱くこともありません。

    家庭と恋愛、両方ともを楽しめる価値観を持っていますから、既婚者同士の恋愛は細く長く続けられます。

    既婚者同士の恋愛の楽しさを知ってしまえば、それ以外の人との恋に不満を抱きます。

    「お互いの状況が同じ人が良い」と思わずにはいられないのです。

    既婚男性300名にアンケート!既婚女性からの好意を感じた事はある?

    既婚男性に「既婚女性からの好意を感じた事はある?」というアンケートを実施しました。

    お互いに既婚者同士なのに、相手の女性からの好意を感じた経験があると答えた既婚者男性は約17%です。

    とても多い数字ではありませんが、一定の数が既婚男性が同じ既婚女性から好意を感じたことがあると分かります。

    ダブル不倫に繋がるきっかけでもありますから、その中身が気になるものです。

    既婚男性に質問!気になる既婚女性から好意を感じたらどうする?

    「気になる既婚女性から好意を感じたらどうする?」という質問も既婚男性に行いました。

    既婚者男性自身が「素敵だな」「こんな女性が彼女だったらな」と感じている相手からの好意だった場合の対応について答えていただきました。

    ここでは、既婚女性から既婚男性への好意の表れからの関係性の発展が0ではないことをお知らせできます。

    既婚者男性の素直な気持ちですから、ぜひ参考にしてください。

    31歳・営業職
    31歳・営業職
    それって、お互いに好意を持っているってことでしょ?それで無視したり気付かないふりをする男っている?お互いに既婚者なら特に問題もないし、不倫関係にまっしぐらになるとおもうけどね。お互いに既婚者なのに好意を持つって奇跡みたいなものだし、こんなチャンスはないはずだよ!俺も好き、相手も俺が好き、これで何もないことの方が不思議。俺だったら、両思いだと分かった時点で距離を詰めるし、彼女の方から告白させるんじゃなくて自分からいくね
    36歳・公務員
    36歳・公務員
    それは普通ではいられないでしょうね。頭の中では「いけない」と思って、普段通りの行動を心掛けるかもしれませんが、実際はおかしなことをしそう。相手からの好意が分かって、自分も好き、でもお互いが既婚者という状況にフリーズしつつも、気になって当然ですから、本当に自分のことを好きかどうか連絡したり話しかけたりする機会が増えてしまいそうな予感ですね。やっぱり、両思いになる瞬間やそのすぐあとって独特の楽しさは幸福感があるから、自然にそっちに流れていきそうですね

    両思い状態ならば既婚男性の気持ちも止まらない

    二人が両思い状態ならば、既婚男性の気持ちも止まりません。

    既婚女性側の好意が分かるような状況は、彼女自身もある程度の覚悟を決めたということ。

    その気持ちを受け止めると、ますます好きになり、その時の距離間にモヤモヤし、既婚者男性の方からはっきりしたアプローチを始めることが少なくありません。

    お互いに好意があることが分かれば、既婚者同士という関係など気になることはなくなりますし、既婚者同士だからこそ安心して不倫恋愛に進めると感じることも。

    気持ちを受けると自然に相手を愛するようにもなりますから、気になる既婚者女性の好意が分かれば、これまで通りというわけにはいきません。

    既婚女性300名にアンケート!既婚男性からの好意を感じた事はある?

    「既婚男性からの好意を感じた事はある?」というアンケートは既婚女性に実施しました。

    結婚している男性からの好意を感じた経験のある既婚者女性の割合は約40%です。

    過半数にも近い数字をはじき出しました。

    既婚女性という立場になっても、同じ既婚者の男性から好意を感じる機会があるということは、それだけ輝いているということ。

    今の日本では、それだけ素敵な既婚女性が多いと分かる結果です。

    既婚女性に質問!気になる既婚男性から好意を感じたらどうする?

    既婚女性に「気になる既婚男性から好意を感じたらどうする?」と質問をしました。

    既婚者女性が気になっている既婚者男性からの好意を感じた時、実際にどうするのか、どのように行動を取るのか想像して、あるいは実体験に基づいて答えていただきました。

    結婚している既婚者の女性の判断は、これからのあなたの役にたつことも予想されますので、ぜひ参考にしましょう。

    31歳・パート
    31歳・パート
    私は男として気になっている既婚者の男性から好意を感じたことが実際にあります。接し方も連絡も仕方も、好意をもっていない方が違和感を抱くようなものでした。好意がとても嬉しいし、彼に触れられることも想像して一人でドキドキもしましたが、私はその好意に気付かないふりをする決断を下しました。やっぱり、私には家族がいて子供がいます。どうしても裏切るようなことは出来なくて、自分が我慢することを選びました  
    30歳・介護職
    30歳・介護職
    どうするかなぁ。やっぱり、好きな男性と気持ちが通じ合っていることが分かれば、黙ってはいられないでしょうね。私の好きって気持ちが報われることが分かっているのですから、私の方から思い切って関係を進めるために告白してしまいそう。はっきりと彼に私も好きという気持ちが伝わるようなこともやりそうですね  
    34歳・総合職
    34歳・総合職
    私は現在進行形でダブル不倫をしています。まさしく、気になっていた既婚者の上司からの好意を感じて、ますます私も彼を好きになったパターンです。アプローチをされると私だって好きなのですから、断り続けるのは難しいものですよ。自分の恋愛感情を大事にしたくなって、出来心ではなく確信犯的に関係を持つようになります  

    既婚女性の対応はそれぞれ

    気になる既婚男性に好意を表された時、既婚女性の対応はそれぞれです。

    しかし、好意をお互いに感じている状態に何も感じない人はいません。

    我慢し、自分を抑える努力をして両思いだけれど諦める女性、気持ちに素直になりダブル不倫に一直線に進む女性とがいるようです。

    どちらにしても、既婚男性からの好意は嬉しいもので、気持ちが揺さぶられることは間違いありません。

    既婚者同士の恋愛のきっかけと両思いだとなんとなくわかる瞬間&本気の両思いなら守るべきルール

    2017.06.21

    既婚者同士で好意をお互い感じていても何もしないのは何故?

    家族を守りたい意思を持っているから

    行動を起こさない原因として、家族を守りたい意思を持っているからというものがあります。

    お互いに家庭があることで、家族の大切さも痛いくらいに分かっているからです。

    既婚男性は好きな人ができても「家族に迷惑をかけたくない」という気持ちもある為、すぐに行動することをためらってしまいます。

    今まで、支えてきてくれた妻や子に感謝の気持ちがあり、家族を簡単に裏切ることができないのです。

    彼の中で「家族よりも相手の女性が大切だ」と思えた時に男性の中では不倫する決意が固まり行動に出る事ができます。

    道徳的に“いけないこと”はしたくないから

    道徳的に”いけないこと“はしたくないからというのもその一つと言えます。

    お互いに社会人として立派な大人になり、家族を持ったのならば、世間の批判にあうような「いけないことはしたくない」と考えているからです。

    人様に指摘されるようなことをするのは、恥じる行為だと自覚しています。

    お互いの好意に気が付いたとしても「ダメなものはダメ」とストップがかけられているからです。

    この時点では、自らを客観的な視点で捉えられています。

    冷静に自分たちの立場を考えていられるので、関係を進ませることはないのです。

    家族を裏切る覚悟が決まっていないから

    家族を裏切る覚悟が決まってないというのも行動にでないパターンだと言えます。

    不倫をしてしまえば、誰かは犠牲になるものです。

    そして、自分たちの家族が一番犠牲になりやすい立場にいるといえます。

    不倫関係を築いてしまえば、自分が恋愛にのめり込んでしまったせいで家族に悲しい思いをさせてしまうものです。

    その罪の意識はずっとついて回り、家族で楽しく団らんしているときも片隅には罪悪感があることで苦痛を感じてしまいます。

    そのように犠牲を伴ってまで、自分も苦しんでしまう不倫には手を出せないと考えているのです。

    不倫がバレたら怖いから

    不倫がバレたら怖いからという理由も目の前の恋に飛びつかない理由だと言えます。

    不倫は裏切りの上に成り立っているものです。

    お互いの家族に不倫がバレてしまえば、ただでは済みません。

    家族の崩壊、離婚問題、会社での失脚もありえます。

    そして、既婚男性側は妻からの叱責を想像すると耐え難いと考える人も多くいるのです。

    不倫がバレてもそのまま夫婦関係を続けるとしても一度犯してしまった過ちで、失った信頼を回復するには並大抵の努力では補えません。

    その為、後の面倒ごとを考えると不倫に走ることを思いとどまってしまうのです。

    気持ちが通じ合っても将来的にどうしようもないと感じているから

    好意があっても何もしないのは、将来的にどうしようもないと感じることがあるからです。

    既婚者同士の恋愛で、将来のことを考えた場合に二人は何重にも重なった大きな壁を突破しなければ幸せにはなれません。

    その時に必ず出てくる壁は、離婚問題です。

    双方の家庭の話し合いで離婚が成立しない場合は、まず二人が一緒になることはできないからです。

    「愛し合っている事実」だけではどうにも出来ず、前に進めません。

    その部分を考えた時に二人の未来が見えず、努力しても仕方ないと感じてしまい行動を取ることをためらうのです。

    既婚者同士で好意があっても何もしない男性心理

    バレたら大変な生活になる

    既婚者同士で好意があっても何もしない男性心理は、バレたら大変な生活になるというもの。

    当たり前ですが、好意があって行動を起こすと不倫恋愛に発展します。

    気持ちが繋がりあえば、大人としての関係になり、隠さなければならない恋の始まりとなるのです。

    しかし、その恋を秘密にし続けるのはとても大変で、不倫をいくら隠そうとしてもバレる可能性は0ではありません。

    「もし、バレたら?」と考え、好意があっても何も既婚男性はしないのです。

    最悪の状態を考え、「バレたら大変な生活になる」「地位も名誉も失ってしまうかもしれない」「子供に軽蔑されるかも」などとネガティブなことばかり考えます。

    先を想像する力がある既婚男性は、いくら女性に好意を持ったとしても、その気持ちを上手く隠し、不倫恋愛のきっかけを封じ込めようとするのです。

    自分の行動や気持ちがどこまで抑えられるのか分からない

    自分の行動や気持ちがどこまで抑えられるのか分からない、と既婚者同士の好意があっても既婚男性は何もしません。

    自分の感情の大きさや度量をよく理解している既婚者男性。

    これまでの経験から、既婚者同士のW不倫に発展した時に自分がどうなるのか想像出来ています。

    お互いに家庭があったとしても「好き」という感情は、お互いが肌で感じるまでは何とか抑え込むことが出来るもの。

    しかし、両思いになったり、肌を合わせたりすると暴走する人も少なくありません。

    「家庭を捨ててでも一緒になりたい」「自宅には帰りたくない」「彼女にも家族を捨てて欲しい」と思います。

    そんなことを考える自分も嫌いで、感情や行動を抑え込む自信がないので今の段階では何もしません。

    既婚男性とは言え、どんなことにも冷静でいられるばかりではないのです。

    恋する気持ちを味わえただけで充分

    恋する気持ちを味わえただけで充分、というのも既婚男性の心理です。

    既婚者同士で好意があっても何もしないということは、その先を望んでいないという表れ。

    「恋人になりたい」「体を重ねたい」という欲望を抑え込んでいる、または感じていない証拠です。

    結婚しても恋が出来たこと、恋心を抱けるような素敵な女性に巡り会えたことに感謝をしています。

    「一目見られるだけで幸せ」「会えるだけでドキドキさせてもらえるだけで充分」と思っているということ。

    これはまさに、「自分の家庭を壊してまで不倫するつもりはない」と考えているからです。

    欲望や独占欲といった類の感情にまで辿り着いていない可能性もあり、久しぶりの恋愛感情に浮足立っているだけ。

    本気の恋愛感情が高まれば、「今のままで充分」と思わなくなります。

    既婚者同士で好意があり既婚男性の両想いの好意を感じても何もできない女性心理

    制御する気持ちを邪魔してはいけない

    既婚者同士で好意があり既婚男性の両思いの好意を感じても何もできない女性心理、それは制御する気持ちを邪魔してはいけないというもの。

    既婚女性は、男性の心に敏感ですし、想像する力を持っている人が大勢います。

    お互いに恋愛感情を持っていることが分かったとしても、彼が何もしてこないことに対して「彼は不倫関係になることを望んでいない」「好きという気持ちを伝えないように感情を制御している」と受け止めるのです。

    その感情を尊重するとなれば、女性は両思いの好意を理解していても何もしないし、出来ません。

    両思いだということは、そこには恋愛感情だけではなく、相手への思いやりが存在します。

    「あの人の意思に尊重したい」「私も同じ状況になりたい」と両思いだからこそ感じるのです。

    その結果、何もしないで不倫恋愛に発展しないことが二人で出した結論だと受け止め、納得します。

    一緒に我慢をしたい

    彼と一緒に我慢したい、こちらも既婚者同士で好意があり既婚男性の両思いに好意を感じても何もしない女性心理です。

    両思いだとお互いが理解している時。

    何か小さなきっかけさえあれば、二人の大人の関係がスタートします。

    もっと分かりやすい脈あり行動や、告白、肌の触れ合いなどがあれば、すぐにでもダブル不倫の始まり、それが分かっているからこそ、近づくことも仲を深めることも我慢しているのです。

    その我慢を既婚者男性から感じるからこそ「一緒に我慢したい」と思うのが女心だと言えます。

    付き合っていない、男女の関係ではないとしても、恋愛感情をお互いが持っていると分かっていれば、暗黙の了解で二人で我慢することに幸せを感じることもあるのです。

    「彼と一緒」「二人で今を乗り越えなければ」という気持ちが幸福感を呼び起こします。

    両思いになれただけで充分

    両思いになれただけで充分、と女性心理を抱えます。

    既婚者同士で好意があり、それが両思いで分かっていても女性が何もしないのは今に満足しているからです。

    夫以外の男性を好きになったとしてもすぐに「家庭を壊したい」「離婚したい」「自由が欲しい」と既婚女性は思いません。

    家庭を大事にしていますし、子供がいればそこに大きな責任もあります。

    自分が不倫恋愛に少しでも積極的になれば、その幸せを手放さなければならない日がやってこないとも言えません。

    そんな勇気はありませんし、両思いになった瞬間にここまでの気持ちになることはそうそうないのです。

    「素敵な男性を見つけて幸せ」「恋愛のドキドキ感が毎日を楽しくしてくれる」程度の気持ちですから、相手からの両思いに好意を感じても何もしません。

    何かをしたら、どうなるのか分からないという恐怖心も同時に抱えています。

    既婚者同士で両思いだとなんとなくわかる瞬間

    話題作りに必死になっている時

    二人で会話をしている際に、どちらもが話題作りに必死になっていると感じた時に両想いだと分かります。

    はっきりと告白をされたわけではなくても、手を繋いだり、キスをしたりする関係でなくても、気持ちが繋がっているような感覚になるのです。

    話題作りに必死になる時は「二人でもっと話がしたい」「このまま時間を流れさせて、終わりを迎えたくない」という心理が働きます。

    まだ、深い関係になっていない既婚者同士の二人ですから、必死に話題を作らなければ、場を繋げることが出来ません。

    特に、お互いに盛り上がれるような共通の話題を見つけるのは簡単ではないこと。

    それでも、もっと二人で話が出来るようにと、様々な角度から話題を探します。

    直接、対面式で話をしている時でも、LINEやメールを活用している時でも同じです。

    「あの人との会話が終わりかな」と思ったとしても、とんでもない角度から話題を振られることも少なくありません。

    自然に、相手からの好意を感じることが出来た時に、あなたの想いと照らし合わせて両想いだと確信を持ちます。

    既婚者同士ではあるものの、初々しさを感じますから、恋する久しぶりのドキドキを得られる瞬間です。

    「私ももっと話がしたいの」と彼からの話題についていこうとする姿が、今後の関係を深めていきます。

    発見した時の笑顔

    お互いを発見し、見かけた時の表情に注目しましょう。

    思わず笑顔になる姿ならば、間違いのない好意を感じ取ることが出来ます。

    笑顔というのは、作り笑いなのか自然なものなのか、感覚的に分かるものです。

    結婚しているような経験豊富な人、人間関係の構築が上手な人などは、知り合いになれば瞬時に笑顔を作れます。

    愛想を振りまくのが上手く、世渡り上手になるからです。

    しかし、これらは作り笑いの分類に属し、愛想は振りまけますが、好意を伝えることは出来ません。

    心からの笑顔でなければ、なんとなくでも両想いだと分からないのです。

    自然な笑顔というのは、眉間のしわが取れて、目じりが下がるもの。

    口角も上がり、愛想よりも柔らかさを相手に感じさせます。

    人は、直観力などの感覚が優れていますから「好きだよ」「愛しているよ」と伝えられていなくても、相手からの気持ちを悟れるのです。

    「この笑顔は本物だわ」と感じた時に、二人の心が繋がるきっかけとなることも少なくありません。

    ほんのちょっとだけ体に触れた時

    お互いに恋愛感情があると、秘密にしようとしても二人の距離感が変わってきます。

    既婚者同士ですから、「想いを知られてはいけない」と強く感じているはずです。

    それでも、潜在意識の部分で「近づきたい」「隣にいたい」と感じますから、徐々に距離を縮めます。

    知らぬ間に、他人とは思えない距離感となり、体がほんの少しだけ触れることがあるはずです。

    この時にやっと「私たちって両想いなのかもしれない」と感じ、距離感の近さに驚きます。

    「いつの間にこんなにも近い関係になったのだろう」「他の人とは距離が違う」と気づき、相手の想いに自信が持てるようになるのです。

    パーソナルスペースと呼ばれる、信頼していない人に侵されたら不愉快になる距離があります。

    あの人とは、お互いのパーソナルスペースに侵入し合っていても、嫌な思いにならないという点からも、特別な感情を持っていると分かるということです。

    夫や妻の話を避けたがっていると分かった時

    お互いに既婚者で話をする際には、結婚話や配偶者についての話題が出ることが少なくありません。

    愚痴であったり、家族で過ごす素敵な場所を発見してお知らせしたりと様々です。

    職場が同じであっても、既婚者同士は独特な雰囲気で、共通の話題も多いので、夫や妻の話題を出すもの。

    お互いに気にする存在になったり、恋愛感情を自分で気付くようになったりすると、夫や妻についての話をしたくありません。

    特定の異性と一緒に暮らしている姿を想像して欲しくないからです。

    「一人の男(女)として見て欲しい」「夫(妻)のことなど気にして欲しくない」という思いになります。

    ここまで来ると、本気の恋愛感情になっていることも予測されますので、すぐにダブル不倫の関係に至ってもおかしくありません。

    気持ちはお互いに傾き、何かきっかけさえあれば、一線を越えていくのです。

    配偶者の話題が二人の会話に出なくなったと気付けば、この先の関係における覚悟を決めることをおすすめします。

    二人きりの時間の過ごし方

    何気ないタイミングで二人きりになった時、その場の雰囲気や過ごし方によって、両想いを感じ取ることがあります。

    気まずそうな態度を隠そうとしないのは、恋心があるから。

    相手を異性として認めていなければ、気まずくなることはなく、自然体で過ごせます。

    また、二人きりになったことを「チャンス!」だと捉え、たくさん話を振ってくる態度にも好意を感じるもの。

    出来るだけ時間を長引かそうと、あの手この手で二人だけの空間を維持させようとします。

    「コーヒー飲む?」「お菓子があるけれど食べる?」など、二人の時間をこれから続けようとする意思を示すことがあるようです。

    ゆっくりと腰を下ろして過ごす意思を感じ取れば、「この人は私に悪いイメージを持っていない」「少しでも長く一緒にいたいと思ってくれている」と捉えることが出来ます。

    嬉しさとドキドキが相まり、普通に過ごせなくなれば、気まずさを表しているのと同じなので、より確実に両想いである二人は気持ちに自信を持つはずです。

    職場で両思いかもと思う瞬間!既婚者男性と両想いかもと確信するパターン

    2018.12.22

    パーソナルスペースで既婚男性との心の距離や脈ありなのかを知る方法

    2019.06.19

    いつも気にかけてくれる

    既婚者同士だけど両思いだとなんとなくわかる瞬間は、いつも気にかけてくれることです。

    「旦那さんは大丈夫なの?」「この日は家族の予定とか問題ないの?」と気にかけてくれるのは、好意を抱き合っている証拠。

    恋愛感情を抱かなければ、相手の行動を気にする素振りを示すことはなく、同じ空間にいたとしても気にすることはできません。

    「いつか返事が来るだろう」「自分のペースで解決できる」と相手に対して思う時点で、好きにはなれていないのです。

    既婚者のあなたが相手を好きになれば、必ずパートナー以上に思いやりを抱きます。

    それは相手である既婚者も同じです。

    既婚者同士が両思いの時には、お互いが思いやりを抱くことができ、それが言葉や行動に出ます。

    「すごい気にしてくれている」というのは、自分が思うことは相手も気にしているから言葉を掛けることができ、行動に移せるさり気ない深い愛情です。

    ふとした時に頻繁に視線が重なる

    ふとした時に頻繁に視線が重なるのは、 既婚者同士だけど両思いだとなんとなくわかる瞬間に挙げられます。

    会話をしている時には、お互いに相手の事を見て話していることが多くあるのです。

    しかし、ふとした瞬間に視線が重なるのは、お互いに無意識のうちに相手を見ている行動と言えます。

    何気ない瞬間こそ、心の奥底に秘めている感情が視線に表れてくるのです。

    自分自身では、「いつの間にか見ていた」ということが分かります。

    その状況の中で、お互いに視線がぶつかり合う瞬間が増えてくれば、既婚者同士が無意識に相手の事を意識しているのです。

    既婚者同士であるから、表立った行動を起こすことができず、人にはバレにくい行動を起こします。

    その一つが視線の向かう先であり、目が合う回数が多い程、お互いが意識し合っていることを感じられる瞬間です。

    お互いに相談し合う

    既婚者同士だけど両思いだとなんとなくわかる瞬間には、お互いに相談し合うことが挙げられます。

    既婚者は、どんな内容であっても誰にでも相談でるとは限りません。

    結婚し、家庭を持つ環境にいると、相談する相手さえきちんと考えるようにもなるのです。

    自分の相談したことが「全く分からない」と答えられてしまえば、あなたの中にわだかまりが残ります。

    パートナーがいながらも既婚者の異性にあえて相談を持ち掛け、聞いてもらう事は特別な存在であることを意味するのです。

    既婚者の相手に自分のことを相談するのは、相手の事を知りたいと思う感情があるからできることであり、信用していなければできないことでもあります。

    相談事を既婚者が話すのは、心を許している相手の場合が多いから、話しを聞く側も、相談する側も好意がないとできないことです。

    時間に余裕のない既婚者同士は、相手の為にと思わないと快く受けられないから、両思いだと感じる瞬間になります。

    職場で両思いかもと思う瞬間!既婚者男性と両想いかもと確信するパターン

    2018.12.22

    好きなものをお互いに知っている

    「これ好きだったよね?」「きみが好きだって言っていた俳優さんの映画が始まるね」などという会話があれば「気持ちが繋がっているかもしれない」と感じます。

    既婚者同士ですから、そもそも好意があると感じないのが普通です。

    しかし、好きなものをお互いが知っている状況に違和感を抱きます。

    「何だか恋人みたい」「夫婦でも共有出来ていないことがあるのに」なんて感じれば、何となくお互いの気持ちが繋がっていると分かるのです。

    ちょっとでも確信に近づくようになると、自然に「好きなことを知っている」という態度を前面に出すようになります。

    人の心理として、両想いの可能性があると、そこに賭けたくなるから。

    「私を本当に好きなのか確認してみよう」「好きだと知っていると告げたらどんな反応をするのかな」と思います。

    交際に至るには勇気が必要なことですから、「両想いかもしれない」という程度を楽しむ既婚者同士。

    久しぶりのワクワク感だけでも幸福感でいっぱいになります。

    優しい微笑みをする

    目を細めて、顔の筋肉を緩めるような表情をお互いにしていれば、両想いだと分かります。

    保身に入り、安定を求める既婚者だとしても、顔を緩めた優しい微笑みを異性に向けることはあまりありません。

    守りに入っているように見えて、戦闘態勢は万全でなければ家族を守れないからです。

    作り笑顔のケースが多い中で、優しい微笑みで見つめ合う二人の関係に期待感を抱きます。

    既婚者同士で優しい眼差しを向けるのは、そこに何か別の感情があるから。

    同僚ならば、仕事仲間として見ているのではなく、女(男)として存在を認めていることになります。

    見守るという行為は結婚をしているような落ち着いた大人にしか出来ませんし、家庭を持つことで余裕があるからこそ出来るもの。

    優しい眼差しの中には、このように「相手を見守りたい」という意思が働いています。

    基本的に、他の人には向けないような崩れそうな笑顔を見られる場合には、確信に近づいていると言っても過言ではありません。

    秘密を共有している

    両思いになると、会話をする機会や連絡をする頻度が高まる傾向にあります。

    プライベートの話題が出るようになり、お互いの過去の話や秘密ごとを打ち明けることも多々あるもの。

    会話の質が高くなり、相手を信用しているからこそ「きみにだけ打ち明けるんだけど」「絶対に人には言わないでね」なんて言葉が飛び出します。

    ある一つの秘密を二人で共有していることに気付けば、確かな答えはすぐそこにあるはずです。

    信頼していて、特別な関係でなければ、心の内側を見せることはありませんし、秘密の話をすることもありません。

    秘密というのは、人には知られたくないもので、既婚者は特に迂闊に話すことでとんでもない事態を引き起こすことを知っています。

    しかし、「好き」という感情が芽生えると不思議と秘密を共有したくなるのです。

    特別な意識が働きやすくなり、「私とあの人は普通の関係ではないの」と思いたくなるから。

    今日あったこと、過去のことを含めて、両想いならばどんどんと秘密を共有し続けます。

    ちょっとした違いに気付いて褒める

    「前髪切った?可愛いね」「ボールペン買い替えたんだ!格好いいじゃん」などのやり取りが続けば、ハッとさせられます。

    お互いのちょっとした違いに気付くことは、よくあること。

    既婚者は視野が広くて、違いを見つけてそこに合わせる力を備えるから。

    しかし、褒めるという所まで発展すれば、恋心があってもおかしくありません。

    褒めるという行為は、相手を時に誤解させるもの。

    既婚者たるもの、好意があると誤解されると大きな問題となって、ややこしくもなり避けたいと感じている人もたくさんいます。

    面倒なことを避けるためにも、褒めるとしてもやり方に注意をするのです。

    それでも、ちょっとした違いに気付いて褒める行動が続いていれば、お互いに自分の中にある気持ちに「気付いて欲しい」という、一歩前を行く感情を持っていると分かります。

    「好きな人しか褒めないよ」「好きなんだよ」「特別に想っているよ」と暗に伝えている状態。

    お互いに見られる行為ならば、今すぐにでも深い関係になれます。

    きっかけを待っている状況ですから、どちらかが思い切った行動を取れば親密な二人の出来上がりです。

    照れ笑いをすることがある

    嬉しいことがあったり、褒められたりすると照れ笑いをすることは誰しもあります。

    いくつになっても、立場が変わっても、「気恥ずかしい」という思いによって、はにかんだ表情を出すのです。

    こちらの場合は、特に何も無くても照れ笑いが生じていれば、「なんとなく両想いかも」思われる事例。

    目が合った時、すれ違った時、言葉さえも交わしていないのにパッと目を逸らして照れ笑いをする姿を確認出来れば、間違いなく恋愛感情があります。

    お互いの顔を見て、恥ずかしくなったのです。

    「会いたいな」「話がしたいな」「素敵だな」と考えていた時に、目の前に表れたり、視線が絡んだりすると「気持ちがバレたかも!」なんて一人でテンパる人もいます。

    テンパった先の表情が照れ笑いになって、何とか自分の気持ちを誤魔化そうとしているのです。

    誤魔化しなど利かないのですが、冷静に考えることの出来ていない状態なので、感情が表情に表れた結果。

    好きでもない相手ならば、照れることもありません。

    好きという思いがあり、しかも既婚者同士の両想いかもと感じているからこそ、テレが生じて、おかしな表情に繋がります。

    気持ちがバレたくないのならば、顔を引き締めなければなりません。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン①「家庭の愚痴を言い合う」

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサインは、家庭の愚痴を言い合っているというものです。

    お互いに、「自分の家庭のここが嫌だ」「配偶者のこんなところにイライラする」など、愚痴を言い合っている状況は、ダブル不倫になる一歩手前です。

    まず、愚痴を言い合う二人になっているということは、ある程度心を開いていることが分かります。

    何でもない人に自分の家庭の愚痴を言うことはありませんし、話しをされても困ってしまうものです。

    お互いに良い合うということ、それを聞けるということは男女の関係になるきっかけを探しているということも言えます。

    あなたも彼も、家庭に不満を持っていることは重々承知していることですから、傷の舐めあいの関係から、特別な男女の関係への発展していくような両想いになっているのです。

    「相手なら分かってくれる」という思いは、信頼関係が築けているからこそえですし、それが既婚者同士の男女となれば、好意がないわけがありません。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン②「“わかる!”と共感し合う」

    「わかる!」と既婚者同士が共感し合う機会が多いものも、両想いの脈ありサインです。

    共感は、「わかって欲しい」「分かってあげたい」という意思がお互いになければ成り立たないものですから、特別な感情があってもおかしくありません。

    表面的には、既婚者同士のお友達、または恋人未満の関係でいるはずです。

    なかなか、共感し合える人という存在を見つけることは難しいもので、お互いにそんな相手を見つけたことに特別な縁を感じています。

    相手のことを理解しようと心掛け、共感をする機会が多いということは、それだけ相手のことを想っているからです。

    恋人同士になる条件の一つが共感し合えるのかどうか、共感しようとしているのかどうかですから、これから二人の関係が変わっていきます。

    「この人なら理解してくれる」から「この人でなければ分かってもらえない」という心理に変わりやすい状況ですから、ダブル不倫まであと一歩という両想い具合となっているのです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン③「生活スタイルをお互いに知っている」

    生活スタイルをお互いに知っているという場合も、それは既婚者同士の恋愛での両想いの脈ありサインです。

    既婚者の生活は家庭それぞれで違っていて、他の家庭の人がどのように生活をしているのか見えない部分がたくさんあります。

    職場が同じ二人だと仮定しても、職場にいる相手のことは知っているけれど、退勤後はどのような行動をしているのかまるで分らないというケースは少なくありません。

    しかし、お互いの生活スタイルである、起床時間や食事の時間、習い事、家庭環境を知っているということは、それだけ二人の間に会話があるということになるのです。

    既婚者同士の会話の中に、流れでそのような話しになったとしても、何でもかんでも、またお互いに知ることはなかなかありません。

    それを、お互いに理解し把握しているとなれば、すでに特別な関係に足を踏み入れているとも言えます。

    謎に包まやすい既婚者の生活スタイルの把握は、実は特別なことであり、両想い脈ありサインであることを覚えておきましょう。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン④「二人でいても家庭の話題を出さない」

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサインには、二人でいても家庭の話題を出さないというものがあります。

    これは、不倫恋愛になる前にはすでにお互いに本気になっている証でもあるものです。

    敢えて、お互いに自分の家庭の話しをしない、相手の家族の話題を聞かないという意思が働いていて、「ただの男女として接したい」という心理が隠されています。

    本気になれば、分かってはいても、相手の家庭の存在は煩わしいものであり、嫉妬の対象となってしまうことは少なくありません。

    また、家族や家庭の話題を出してしまえば、「自分たちは既婚者である」と強く認識してしまうことにも繋がります。

    両想いとして恋愛感情を持っているからこそ、「相手と過ごす時には既婚者であることを忘れたい」と思うことは自然の心理です。

    わざと、お互いの家庭についての話題を出さないような会話が続いていることに気付けば、お互いに本気になっている証ですから、ダブル不倫が始まるための行動に移していきましょう。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑤「休日に会う」

    既婚者同士の男女が休日に会うとなれば、それは両想いのサインです。

    あなたとしては「この関係って何だろう」「私たちはどうなっていくのだろう」と考えることにもなります。

    言葉がないだけで、すでに特別な関係に移行している状態だとも言えるものです。

    大人になればなるほど「付き合ってください」「好きです!」とハッキリとした告白をしないケースも珍しくありません。

    相手の男性はすでに交際に発展すると思っていて、深い関係になるきっかけを探していることもあるのです。

    既婚者は休日は家庭サービスをしたり、家族と過ごしたりすることが当然の風潮がある中で、二人で会う機会が増えているのでしから、自然な流れで男女の関係になっていきます。

    すでに、家族に嘘をついている、アリバイを作っているのならば、不倫を意識した行動です。

    お互いに異性として認識をし、特別な感情を抱いていますのであなたも覚悟を決めていきましょう。

    ダブル不倫への扉はもう開いていますので、両想いのサインを発見した時には思い切って飛び込んでください。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑥毎日連絡が来る

    既婚者同士の恋愛で両想いであるのかという脈ありサインには毎日連絡が既婚男性から来るのかということです。

    既婚者同士の恋愛だから「連絡を取る」という行動がとても大切なことになります。

    お互いが家庭を持っていることで頻繁には会うことができない二人ですから、気持ちを伝えるには一日も連絡を欠かすことができません。

    既婚者男性から毎日連絡が来ることは彼がリスクを負いながらもあなたと連絡を取ることで「繋がっていたい」と思い、自分の存在を女性へ示したいという感情もあります。

    【期間限定・2022年10月2日(日曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した初回無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で恋愛の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。





    既婚男性は既婚女性に好意を持つと「今家族と何をしているのか」などという、家庭を持つ女性、そして旦那さんのいる人であるから余計に気になるのです。

    毎日連絡を既婚男性が既婚女性に送り続けることで、女性に自分は好意があるということを気づいて欲しくもあるのですが「ダブル不倫」となってしまうのであなたの気持ちも探っています。

    既婚者男性が同じく結婚している女性に好意を持っているのかという脈ありサインはお互い家庭があることで、毎日男性から連絡が来ることであなたからの男性への反応を探ってきていると繋がっていくものです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑦色々なことに感想を聞かれる

    既婚者同士の恋愛で両想いなのかという脈ありサインを知る方法に男性があなたに色々なことに対しての感想を聞いてきてくれることです。

    好意のある人の気持ちや考えは一番に理解したいものであり、相手のことをより知っていきたいという思いから色々なことに対しての思いを聞いてきます。

    既婚男性は好意を持っている既婚女性が「どんな考え方」なのか「どう思ったのか」「感じたのか」という女性の内面的な部分に興味が湧くのです。

    好意を持つと誰でもその相手の「感じ方」が気になります。

    自分と同じ「意見」なのか、「考え方」「見方」なのかということが気になり、相手の男性とどこか違っていても好意を持つ女性の感性を理解をしようと思うのです。

    既婚者男性は既婚女性に興味を持つことであなたの色々な考え方や感想を聞くことで、女性のことを知りたいと思っていることから十分な脈ありのサインとなってきます。

    既婚者同士の好意の脈ありサイン!彼が不倫を望んでいる行動はコレ!

    2018.04.02

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑧・個人的な連絡

    既婚者同士での連絡は基本的には、情報の共有です。

    しかも、男女ともなるとそれぞれのパートナーに気を遣ってあまり深い話しをすることはなく、建前上仲良くしている場合が多いでしょう。

    お互いに好意がなければ、浮気や不倫を無駄に疑われてしまっては面倒なことになってしまいますしね。

    しかし、お互いに好意のある既婚者同士は、個人的な連絡が増えていきます。

    普段ならば聞かないようなこと、ただの知り合いから友人関係のようなラフなやり取りをするようになります。

    一つ壁を取っ払ったような連絡のやりとりは既婚者同士の好きのサインなのです。

    好きな人のことはどんな小さなことでも知りたいと思うもの。

    それは、既婚者でも独身同士の恋愛でも同じことが言えます。

    気になる人がいれば、1日に何度もその人の事を考えますので、もっと知りたいと思うようになるのは当然の心理です。

    個人的な連絡の中には質問なども多くなってきますので、そこに気付いたあなたは彼からの好意を感じることになりますよ。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑨・現在の生活を知りたがる

    そして、あなたの現在の生活を知りたがります。

    1日のスケジュールを知ることで、二人で会う時間はあるのか、ゆっくりと連絡を取る時間はあるのだろうかと考えます。

    既婚者同士の恋愛が始まれば、なかなか時間を作りにくいものです。

    しかし、その中で二人の時間を作ることができることが分かれば、どんどんと気持ちは大きくなっていきます。

    既婚者同士でお互いに好意があるのでしたら、二人で会いたいと思いますが、毎日忙しく自分の時間を作ることができないくらいならば、その恋心を諦めなければなりません。

    大きくなる恋心を抑えなければ、という理性を働かせる意味でもあなたの現状の生活を知りたいと思い始めるのです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑩・少しの変化も見逃さない

    「髪型かえた?」「いつものピアスしてないね?」など、ちょっとしたあなたの変化を見逃さない既婚男性がいるのでしたは、それだけあなたのことを見ているという好意のあるサインです。

    何とも思っていない人のことは見ませんし、そもそも気になりません。

    毎日会う人であっても、少しの変化を見つけることはないでしょう。

    しかし、普通ならば気付かないことに気付き、しかもしれを指摘するとなると好きのサインである可能性がグンと上がりますよ。

    既婚者同士でお互いに好意がある場合には、はっきりと思いを伝えることができませんので、さりげなく「気にしているよ」という思いが溢れてしまうのです。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑪・夫婦の関係を観察している

    あなたに好意を抱いている男性は、あなたの夫婦関係を観察しています。

    というとちょっと怖く感じますが、仲良くしているのか、夫婦関係はうまくいっているのかを知りたいと思い、コソッと気にしています。

    夫婦関係が少しでもこじれているならば、チャンスはあるということですからね。

    チャンスをうかがう意味でも、夫婦関係を知り、既婚者同士の恋愛に発展させるための準備をしているとも言えます。

    悩みを抱えている、不満を持っている、喧嘩しているなんて時にソッと手を差し伸べてくれるかもしれませんね。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑫・自由な時間があるか探る

    >

    あなたに自由な時間があるかどうかを焦点に尋ねられることがあります。

    お昼は何をしているの?仕事終わりに友達とごはんに行ったりしない?残業のある会社?など、もし不倫関係になった時にデートをする時間があるかどうか、自分のことを考えてくれる余裕があるかを探っています。

    家庭を持っていると、女性は自分だけの自由な時間を作りにくい環境になる場合が多く、それは彼の奥さんを見てそう感じているのかもしれません。

    子供がいれば尚のことですから、想いが叶った先のことを見据えて、家族の環境を聞いてくることもありますよ。

    既婚者同士の恋愛で両想いの脈ありサイン⑬・相談を聞いてほしい

    >

    既婚者同士でお互いに好意のある時には、相談事を持ちかけられることがあります。

    相談をするということは親密な関係、信頼している人にしかしませんので、相談を持ち掛けられたこと自体に大きな意味があるのです。

    また、相談は大勢の中でするものではなく、二人だけの空間を準備しなければならなく、またそれは秘密事として二人で共有されます。

    とても計画的に既婚者同士の恋愛に結び付けたい好きな人へのサインでもありますよ。

    多くの相談は、彼の夫婦関係のことや家族のこと。

    上手く行っていないことをあなたに伝えることで、気持ちを他に向けられることを知らせているのです。

    と同時に同情心を煽り、気持ちに寄り添ってもらうことで二人の距離を近づけたいという思いの表れでもあります。

    不倫相手が将来の事を真剣に考えてくれているか確かめる方法

    2019.01.20

    既婚者同士の恋愛でキスは好意のサイン?両想いの脈ありサイン?

    2018.04.12

    既婚者同士の片思いから両想いになる方法

    2018.04.10

    関係を発展させるために好意を示す方法

    プライべートな話題を振る

    相手の男性の好意のサインを見つけたあなたは、二人の関係を発展させるための行動に移りたくなります。

    さり気なくしなければ、ダブル不倫に発展するものですから、相手の男性は慎重になりやすく距離が出来てしまうこともありますので注意してください。

    その方法とは、まずプライベートな話題をあなたから振ることです。

    これは、「私はあなたのことをもっと知りたい」という意思表示に繋がります。

    既婚者男性は、自ら自身の話しをすることはあまりありませんが、聞かれると嬉しくなってたくさん話してくれるケースがとても多いのです。

    承認欲求が強く、自分を理解してくれる人を探し続けています。

    あなたからのプライベートな質問が嬉しく、そこで会話も弾めば一気に二人の距離が縮まっていくことになるのです。

    夫婦関係の悩みを聞いてもらう

    夫婦関係の悩みについて聞いてもらうことも、関係を発展させる方法となります。

    旦那への愚痴、喧嘩をしてしまったこと、これからの心配事など、相談をされたら中途半端な対応をしないのが既婚男性の特徴です。

    しかも、同じ立場である既婚者同士ですから相談に乗りやすく親身になってくれます。

    あなたに好意を持っている彼は、あなたの夫婦仲が上手くいっていないことを喜ぶはずです。

    しかし、その感情は出しません。

    そして、相談をする間柄になることで、二人の間には秘密を設けていることになります。

    秘密の共有は、不倫に発展しやすいものですから、二人の心の距離が縮まり、秘密の関係になっていくのです。

    また、既婚男性は相談をされることで「自分は信頼されている」と捉えることができ、あなたに心を開き始めます。

    お互いに家庭環境や夫婦問題について話す機会が増えていくことで、特別な関係に発展していきますので、夫婦の悩み相談は気になる彼にしていきましょう。

    ダブル不倫は、既婚者同士という危うい関係ですから必ず信頼がお互いに必要です。

    相談をしあえる関係になれたならば、深い仲になるには時間はかかりません。

    好きな食べ物などを聞く

    「好きな食べ物はなに?」「好きな国はどこ?」など「好き」という言葉を連発していきましょう。

    恋の告白をしているわけではないのに、両想いになった既婚男性をドキっとさせて、もっとあなたに好意を抱く方法となります。

    既婚女性に好意を持っている既婚者は、「この気持ちはなくさなければならない」と自分の感情をコントロールしようとしていることが少なくありません。

    自分の家庭を守るためにも、男としての責任について考えた時にもダブル不倫になることが得策ではないと思うのです。

    しかし、このままではあなたとの距離を縮めることにはなりません。

    だからこそ、もっと好意を持ってもらい、あなたにドキドキしてもらうことで関係を発展させるためのさり気ないアピールとなります。

    「好き」という言葉に反応をして、これからの深い仲を想像するようになりますので、そうなれば自分の意思を無視することは出来なくなるのです。

    あなたとの関係を築き上げることこそが求めるものとなりますから、恋心を大きくさせ、そして自分からはっきりとアプローチをしていくようになります。

    あなたはその行動に応えるだけですから、きっかけは相手の男性が作ってくれるのです。

    二人きりの空間を狙う

    両想いの好きサインを感じ取ったあなたは、関係を発展させるために二人きりの空間を積極的に作っていきましょう。

    大勢で集まっている時には、トイレに行くタイミングを合わせて少しだけでも二人で会話をしたり、職場が同じならば休憩時間を過ごしたりします。

    好意の意識があったとしても、二人は既婚者同士なので、最初からおかしな目で周囲の人に見られることはありません。

    安心して、二人きりの空間を作ってください。

    既婚男性との物理的な距離を縮めることで、それは次第に心の距離も縮めていくことになります。

    大勢の中のその他でいるよりも、ほんの少しでも二人きりで会話をした人は印象に残りやすいものです。

    ふと時間を振り返った瞬間に、あなたとの時間や会話を思い出すようになりますので、本物の恋心やあなたを求める気持ちに火をつけられます。

    後は勢いにのった既婚男性がもっとはっきりとした好意のサインを出してきますので、あなたは嬉しそうにそれを受け取ってください。

    既婚者同士の関係はお互いに関係の発展に躊躇してしまいがちですので、そのきっかけだけはあなたが作っていきましょう。

    デートに誘う

    思い切ってデートに誘うことで、あなたの好意を感じてもらい関係を発展させることが出来ます。

    デートと言っても既婚者同士が二人で仲よく歩くにはまだまだ抵抗があるはずです。

    お茶だけ、食事だけと何かの拍子に誘って、短時間のデートをしてみましょう。

    いつもとは違う空間に二人で出掛けることで、親密な雰囲気になりやすいのです。

    自分の気持ちを抑えようと必死になっている既婚男性だとしても、好意を持っている既婚女性に誘われて断ることはしません。

    デートをしたら最後、人には欲がありますので、「もっと話がしたい」「もっと知りたい」「今度は触れたい」と欲求を感じるようにもなります。

    ダブル不倫の序章として、二人をより知る方法としてさり気なく「お茶でも飲んで休憩しませんか?」と誘ってみましょう。

    軽い気持ちで誘うと彼も深く考えることなく、受けてくれますので、そこからはお互いを知るための会話をしていくのです。

    彼の欲を掻き立てられるようなデートを意識しましょう。

    既婚男性からのデートの誘い!不倫したい男性のデートコースや誘い方

    2018.06.21

    既婚者同士の恋愛の距離感の取り方

    メリハリをつけた生活をするために優先順位をお互いに変えない

    既婚者同士の恋愛では、メリハリをつけた生活をするために優先順位をお互いに変えない事も大切です。

    「不倫はつかの間の恋」たまに会えるからこそ、愛しさも何倍も膨れ上がります。

    お互いに家族を抱えての生活リズムの間に、既婚者との蜜月を入れれば不倫関係をより楽しめるスパイスとなるのです。

    少ない時間でも恋愛の濃度が濃いひと時を楽しめます。

    強弱をつけることにより、二人の恋はますますヒートアップしていくのです。

    家族を蔑ろにすることなく、不倫相手は二の次だと考える

    既婚者同士の距離の取り方、それは家族を蔑ろにすることなく、不倫相手は二の次だと考える事も必要と言えます。

    不倫相手ありきの関係ではなく、家族を優先させることであなたと彼の会うリズムを整えることが出来るのです。

    家族にも不倫疑惑を抱かれません。

    家族との時間を大切に出来れば、不倫してしまった罪悪感も減り、より彼との恋愛を楽しめます。

    不倫相手はあとに回すことで、最高のデザートをのちに楽しめるのです。

    連絡やデートの頻度を無理に上げようとしない

    連絡やデートの頻度を無理に上げようとしないことも、適切な距離の取り方です。

    既婚者同士は家族との時間があり、デートの時間を捻出するのも一苦労します。

    しかし、無理な連絡やデート回数を増やすことは、お互い苦労が多くなりストレスを溜めることもあるのです。

    無理なく、あくまで空いた時間に連絡を取り合うことで不満もなく不倫を楽しめます。

    怪しい態度で家族にバレる危険もありません。

    相手にも家庭があることを忘れない

    相手にも家庭があることを忘れないことも、既婚者同士の距離感を保つ上で守るべきものです。

    家庭があり、家族サービスをしながら不倫関係を継続することに一生懸命になっていまいます。

    しかし、自分だけが頑張っているわけではありません。

    相手にも家族があり、同じように不倫関係を保つために頑張っているのです。

    自分一人のおかげではない事を頭に入れておくと、相手にも感謝し思いやりの心をもって接することができます。

    その事であなたのやさしさは際立ち、更に相手との良い関係を維持できるのです。

    既婚者同士だからこそ、お互いの気持ちを考えて付き合えれば、もっと気持ちの通じ合える仲になれます。

    既婚女性を好きになった惚れた男性がとる態度と告白してもらう方法

    2017.08.30

    既婚者同士で心の繋がりを求める男性心理やダブル不倫の心の繋がりを深め本気度を上げる方法

    2018.08.05

    既婚者同士のline(ライン)は毎日すべき?内容はどんなものが良い?

    2018.04.17

    既婚者同士なのに好きになってしまったら?LINE(ライン)を送る時に気を付ける事

    好意が滲み出ないように気をつける

    既婚者同士なのに好きになってしまった時のLINE(ライン)を送る時に気をつけることは、好意が滲み出ないようにすることです。

    既婚者男性へのLINE(ライン)は、誰がどこで見ているのか分かりません。

    本人があなたからの気持ちに気付いていない場合には、消去もせずにいることは少なくないはずです。

    特に奥さんに見られてしまうようなことがあれば、二人の関係が進展する前に大きな問題となってしまうこともあります。

    大人同士のやり取りを意識する

    既婚者同士のLINE(ライン)のやり取りは、大人同士のやり取りをするように意識してください。

    親しい雰囲気を出さない、きりっとした文章を心掛けると、万が一のことが起こってもあなたは自分の身を守ることが出来ます。

    と同時に大好きな彼のことも守れるのです。

    前項のように奥さんに見られた場合だけではなく、彼があなたに好意を抱かなかった時にもあなたの傷付き方を軽減させてくれます。

    気持ちに少しだけバリアを加えておくのです。

    丁寧なやり取りを心掛け、大人の内容でのやり取りをしていれば、どのような状況に陥った時にも問題に発展することはありません。

    端的に長くなり過ぎないようにする

    端的に長くなり過ぎないようにすることで、LINE(ライン)のやり取りをする際の注意点となります。

    既婚者同士の二人は忙しい生活を送っているものです。

    あなたが彼の生活のリズムを邪魔するようなことがあっても、好意を持ってもらうことには繋がりません。

    相手を思いやり、既婚者同士だからこそ出来る優しさを見せていきましょう。

    彼の方がLINE(ライン)を続けたいという意思を持っているのならば喜んで継続させてください。

    時間を長くするよりも、回数を増やす方が効果的です。

    既婚者同士のline(ライン)は毎日すべき?内容はどんなものが良い?

    2018.04.17

    既婚女性300名にアンケート!ダブル不倫相手と会うときにバレないように気をつかっている?

    既婚女性に「ダブル不倫相手と会うときにバレないように気をつかっている?」というアンケートを実施しました。

    既婚者同士の恋愛であるダブル不倫をする中で、相手と会う時にバレないように気をつかっている既婚者女性は80%以上です。

    多くの既婚女性が、気をつかい、既婚者男性とのデートをしていることが分かります。

    お互いに既婚者ですので、バレてしまえば、普通の不倫恋愛の2倍以上の大変さが待っていますので、当然の結果です。

    既婚女性に質問!ダブル不倫のデートでバレないように気を付けている事、している事は?

    「ダブル不倫のデートでバレないように気をつけている事、している事は?」という質問も既婚者女性に行いました。

    実際に、ダブル不倫のデートをする上で、バレないように気をつけていることや行動に移していることなど、具体的な方法を教えていただきましたので、ぜひこれからの二人の参考にしてください。

    この関係を守るために必要なことばかりです。

    35歳・事務職
    35歳・事務職
    既婚者同士ですから、バレないための工夫を色々としていますよ。デートをする時のものですか?それは待ち合わせ場所ですね。普通のデートをする恋人同士ではないという自覚をお互いに持つために、飲食店ならば、個室のある場所を選び、席で待ち合わせをしています。外で待ち合わせをしている、歩いているところなどを見られたら、手を繋いでいなくても怪しまれて当然ですし、上手く言い逃れ出来ないような気がします。ホテルにいく時には、歩いて入るような場所には行きません。必ず、それぞれの車で向かい、現地集合のような形を取っていますよ。寂しいこともありますが、彼と離れないために出来る最善の方法だと思っています  
    32歳・保険外交員
    32歳・保険外交員
    昼間のデートをしないのは鉄則ですね。明るければ、それだけバレる確率は上がると思います。私たちはお互いに仕事をしていますので、仕事終わりにデートをしています。夜ならば、遊園地などに行っても、暗いのでバレませんし、周りはカップルばかりなので、他の恋人に気をとられる人達もいません。夜しか会えない、短時間になってしまうのはダブル不倫のルールとして私たちには定着しています。バレないためには諦めたり我慢したりしなければならないことはありますし、大人の恋愛として、それを受け入れていますよ  

    ダブル不倫の関係を守るための努力は怠らない

    ダブル不倫をする既婚女性は、二人の関係を守るための努力を怠りません。

    相手も既婚者ですから、共通認識を持って、バレないように気をつけているようです。

    女性側だけが我慢をしている場合、関係が破たんに向かってしまいやすいので、一緒に努力ができる関係作りをしましょう。

    それもダブル不倫をする二人の絆を深める方法になるはずです。

    不倫が絶対にバレない経験者から学ぶマル秘テクニック5つ

    2017.11.04

    既婚者同士のバレないスポットやデートプラン

    シティホテルなどのレストランやバー

    W不倫でのデート場所は、ラブホテルではなくシティホテルを選びましょう。

    既婚者同士がデートをするには、絶対にバレてはならないことが条件です。

    ラブホテルだと、肉体関係を持っている者同士だと誰もが分かってしまいます。

    しかし、シティホテルだとたくさんの人たちが色んな用途で使用していますから、不倫カップルだとバレにくいのです。

    ここで気を付けたいのが、同じシティホテルばかりを利用しないことですから、注意してください。

    大型ショッピングモール

    大型ショッピングモールは既婚者同士のデートプランには最適です。

    大型のショッピングモールは、人が混雑している状況なので、特定の人を見つけにくくもあります。

    人がたくさんいることで、周囲の人達も周りをじっくりとは見ない傾向にあるのです。

    目立ち過ぎない格好で大型ショッピングモールでのデートは既婚者同士にはとっておきのプランとなります。

    コテージのある宿泊施設への旅行

    コテージのある宿泊施設への旅行は人目を避けるには、最高の旅行先です。

    W不倫で旅行に行っても、気が抜けないのがホテル。

    コテージであれば自分達だけの空間であり、周囲を気にする必要もありません。

    周りを気にしなくていいのに、思いっきり楽しむことが出来てしまうのがコテージの魅力なのです。

    既婚者同士のデートに誘われた!バレない口実や注意点は?

    2018.03.31

    不倫の本気度はキスやエッチでわかる!本気度の高いキスやエッチって?

    キスは回数を意識して

    不倫の本気度の高いキスを知りたいのならば、回数を意識してみましょう。

    一度のキスが濃厚だからと言って本気だとは限りません。

    それは下心によるものである可能性も否定できませんが、何度も何度もキスをする既婚男性ならばあなたともっと触れたいという心理を持っています。

    キスをしたいと思う相手には特別な感情を持つものです。

    キスからエッチに繋がらなくても回数を多くしているという場合には、本気度が高いと言えますので安心してください。

    エッチは毎回になっていないか

    会うたびにエッチをしていないかどうかを確認することで本気度チェックとなります。

    デートの度にエッチをしているとなると、既婚者男性はただ単に体目的かもしれません。

    確かなことは、セックスをしなくても二人の時間を大事にしてくれているのかどうかです。

    エッチをしないデートもあるというのならば、体の繋がりよりも心の繋がりを彼は大大切に思っています。

    エッチが毎回になっている場合には、「今日はホテルはなしにしようか」と聞いてみることも一つの本気度を調べる方法となるのです。

    エッチの後にまで優しい

    エッチをした後の既婚者男性の態度を見れば、本気度が分かります。

    エッチをする前に優しいのは、遊びでも本気でも同じです。

    女性の気持ちを阻害してしまうと、セックスには辿り着かないので必ず男性は優しくなります。

    しかし、セックスの後が優しくないというケースも少なくありません。

    この場合は、本気度は低く遊びの不倫恋愛である可能性を否定出来ないのです。

    最後まで優しく接してくれているのならば、あなたという存在を愛し、慈しんでいる証ですからあなたも勇気を出して愛し続けていきましょう。

    既婚者同士の恋愛でキスは好意のサイン?両想いの脈ありサイン?

    2018.04.12

    エッチの後の彼の賢者タイムでわかる本命か遊びなのかの行動・言葉6選

    2018.02.12

    こんな言葉には注意!本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉

    「奥さんが~」「子供が~」

    不倫相手の男性の本気度が低く遊びの不倫の時に言う言葉は「奥さんが~」「子供が~」というものです。

    不倫カップルが一緒にいる時に、家族の話題を出されて気持ち良くなる女性はいません。

    そんな女性の気持ちに寄り添っていないことが何よりの証拠です。

    また、家族がいることを口酸っぱくして伝えることで「本気にならないでくれ」「遊びだから」と間接的にあなたに理解して欲しいというケースもあります。

    どちらにしても、家族の話題を口に出す既婚男性との不倫恋愛には注意が必要です。

    「いつか」を連発する

    「いつか結婚しよう」「いつか離婚しようと思っている」という言葉も本気度の低い時に連発されるものです。

    既婚男性の「いつか」を信用してはいけません。

    相手への気持ちが高まっている時に、このような言葉を聞くと「いつか」の意味を無視してしまう女性は珍しくありません。

    しかし、その「いつか」はなかなかやってこないものですし、あなたの気持ちを繋ぎ止めて不倫関係を継続させるための都合の良い言葉であることを覚えておきましょう。

    既婚者男性の「いつか」は、無責任な言葉なのです。

    「こっちから連絡するよ」

    「こっちから連絡するよ」という言葉も本気になっていない時のものです。

    あなたから連絡が来ることを阻止しようとしています。

    この言葉に「忙しいから」という言葉もついていることも多くありますので、理由が最もらしいからと言って信用してはいけません。

    本気で好きならば、あなたからの連絡に返信が遅れてしまうことがあっても、受けることを嬉しく思うはずです。

    浮気相手の女性の寂しさにも敏感になるものですから、自己都合での連絡をすることはありません。

    これは「会いたい時」「エッチしたい時」に彼から連絡をする手段として使われる言葉です。

    不倫で口だけの彼の本音って?口だけ不倫男の言う言葉別の男性心理

    2019.03.01

    本気の両想いだからこそのプラトニックラブとは?

    肉体関係無しの恋愛も40代からは楽しめる!不倫のボーダーラインとは?

    不倫のボーダーラインは、大きく挙げるとするならば「不貞行為」があるかどうか、ということです。

    平たく言えば体の関係を持っているかどうか、男女の関係はここが重要視されます。

    しかし、本気の両思いともなれば体の関係がない「プラトニックラブ」でも構わないという人も少なくありません。

    不倫をする年齢層を見ていても、40代以上で浮気経験をしている人も多く、体力の減少や「本物の愛」を知っている年代だからこそ、無理なく肉体関係なしで不倫をしていけるのです。

    既婚者同士がプラトニックラブをする理由は?

    妊娠のリスクが全くない

    既婚者同士の不倫で、最もトラブルに発展するケースは妊娠をした時です。

    中絶するにしても、出産するにしてもこれまでとは比べ物にならないくらいの話し合いをする機会を設けます。

    既婚者同士だからこそ、離婚を双方がするのかなど話し合っていれば恋愛関係になっていることがどこかからバレることにもなるでしょう。

    その点、プラトニックラブで肉体関係がないとなれば、全く妊娠のリスクもありませんので安心して交際を続けられます。

    いつでも新鮮な気持ち

    プラトニックラブをしている二人は、食事に出掛けたり、どこか気になるスポットにデートに行くこともあります。

    体の関係がないからこそ、堂々と二人で歩けるというメリットを感じるのです。

    肉体関係を持ち、体にハマってしまうと毎回デート場所はホテル、なんてことになっている人も多いもの。

    プラトニックラブならば、新鮮な気持ちで二人の愛情だけを信じていられますので、飽きることはそうそうないのです。

    慰謝料が怖くない

    不倫がバレて慰謝料を請求される場合には、「交際期間」や「どのくらい体の関係を持っていたか」などを反映させた金額を提示されます。

    不貞行為をしていないからと言って、一銭も支払わなくてもはいいということは難しいのですが、肉体関係を持つ不倫カップルよりもだいぶ減額されるのです。

    時には、「不貞行為がない」「恋愛ではない」と言い張って不倫関係を認めないというケースを目指せることが出来るのもプラトニックラブだから、と覚えておきましょう。

    既婚者同士のプラトニックラブの注意点

    家族としての役割はしっかりと果たす

    肉体関係のないプラトニックラブだからと言っても、気持ちが通い合い恋人になっているのでしたら、それを不倫と捉える人は多くいます。

    それぞれの配偶者にバレてしまえば、大変なことになりますので、バレない工夫は随所に取り入れましょう。

    そのためにも、家族としての役割はしっかりと果たすことが重要です。

    妻として母として、そして夫として父としての働きの邪魔をお互いにしてはいけません。

    依存しない

    プラトニックラブの場合には、ハマり過ぎる関係に注意しましょう。

    依存心が生まれると、四六時中相手のことを考えてしまい、毎日のメリハリがなくなってしまいます。

    「様子がおかしい」と浮気を疑う配偶者、「気持ちが重い」と関係を見直そうとする不倫相手が出てきてもおかしくない状況です。

    自分の人生と相手の人生を交わらせないことが、プラトニックでの既婚者同士の恋愛をするコツとなります。

    会っている時だけ楽しむ

    前項のメリハリにも通じる部分ですが、会っている時だけ楽しむつもりで心構えを持ちましょう。

    仕事をしている間には仕事に集中し、家族と過ごす時には家族としての幸せを感じられていれば、二人の関係は肉体の繋がりがなくてもうまくいきます。

    会えた時の喜びは、恋愛のはじめの時のような感動で、ずっとこれからも同じように持ち続けることにも繋がるのです。

    既婚者同士の本気の両想いをしている人、していた人の体験談

    5年続いています

    5年前、主人との仲が険悪になっていた時に出会ったのが今の彼です。

    夫のことを愛していないわけではありませんので離婚の意思はなく、彼も既婚者だったので息抜きのつもりで関係を持つように。

    次第にお互いのことを理解し、既婚者同士ということで分かり合えることも多く、「支え合っている関係」で、お互いにいなければいけない存在になっています。

    5年という月日の中で、今でも愛情を持って家庭との両立をしています。(36歳・女性)

    家庭では味わえない刺激

    結婚をしてから知り合った女性と不倫関係です。

    既婚者同士なので、あまり会える時間は取れませんが会えた時の幸せはいつまでも恋する少年のようだ、と苦笑してしまいます。

    家庭では安定を求める妻がいることから、彼女との関係は何をしても刺激的でそれは僕自身の人生を満たしてくれるように感じています。

    ドキドキしたり、知らないことを知った時の驚きなどはこれからも生きて行く上で必要な刺激だと痛感しています。

    バレるまでこの関係は続きます。

    大きな声では言えませんが、彼女は僕の運命の人だと信じていますから。(41歳・男)

    心の結びつきが安心

    既婚者と既婚者の恋愛って、自分が経験するまでは欲望のまま!というイメージがあったんです(笑)

    だって、精神的な繋がりよりも肉体的な繋がりの方が大事なんだろうな、と思っていたので。

    しかし、自分がその立場になってみると彼との心の結びつきがあるからこそ、家のことも頑張れるし、仕事にもメリハリを持てるし、夫にも優しくなれることに気付きました。

    お互いに結婚という重い経験をしているからこそ、その難しさを知っているからこそ心の結びつきを大事にしたい、と感じていることが手に取るように分かり、毎日満たされた気分で生活ができています。(43歳・女性)

    既婚者同士で心の繋がりを求める男性心理やダブル不倫の心の繋がりを深め本気度を上げる方法

    2018.08.05

    既婚女性300名にアンケート!不倫相手ときめたルールってある?

    既婚女性に「不倫相手と決めたルールはある?」というアンケートを取りました。

    不倫をするためには最低限のルールがあり、二人の関係性や環境によっても付け加えられるものです。

    「ある」と答えた既婚者女性は約35%で、それだけ二人の関係を守ろうとする人の割合にも繋がります。

    既婚女性に質問!不倫相手とどんなルールを設けてる?

    「不倫相手とどんなルールを設けている?」という質問からは具体的な案を知ることが出来ます。

    実際にそのルールによって不倫関係を守られているものですから、参考にしましょう。

    40歳・販売員
    40歳・販売員
    私たちの連絡方法は、日時が決まっています。私の方が時間に融通が利くので、最初の連絡は彼からというルール。不意な恋愛でバレることを防ぐためです 
    30歳・事務員
    30歳・事務員
    会えない日に連絡などをして話しをする際には、男女の関係について一切話題に出さないルールにしています。どこで誰に見られたり知られたりするか分かりませんからね。何でもない趣味の話しや天気の話しだけでも、連絡が取り合えていればそれで満足しようと話し合いました 
    36歳・美容師
    36歳・美容師
    お互いの家庭については話しをしないルールですかね。せっかく二人で過ごすのに家族の話題は興醒めしてしまいますから 

    ルールを正しく制定して無理のないように

    二人の関係に合わせて、寂しくなり過ぎずに、わだかまりを残さずにルールを制定しましょう。

    これが正しいという答えはありません。

    お互いの無理がないように、そしてそのルールこそがこれからの関係を守っていくものだという意識を持って取り組みましょう。

    既婚者同士のルールはなくてはならないもの、自由な行動は命取りとなる危険があることを予想してください。

    お互いの愛をしっかりと守るためのものですから、多少の我慢はつきものです。

    両思いならこれだけは守らなければならないルール

    いざ既婚者同士の恋愛が始まったらお互いに守らなければならないルールがあります。

    二人の思いが本気であればあるほど、守っていなければ周囲の関係がバレてしまったりお互いの信頼関係を崩してしまうことになります。

    せっかく出会えたもう一人の運命の人かもしれませんので、大切に関係を育んでいきたいですよね。

    駆け引きをしない

    恋愛の醍醐味と言われます駆け引きは、既婚者同士の恋愛には全く必要ありません。

    本気の両思いになる前には、少しの駆け引きを楽しむ余裕があってもいいとは思いますが、恋愛が軌道に入ったら駆け引きはもうやめておきましょう。

    既婚者同士の恋愛は可能な限りシンプルにする必要があります。

    思いの外、既婚者同士の恋愛はお互いの息があっていることが重要になってくるのです。

    駆け引きをすることによって、トラブルに繋げてしまったり、気持ちのすれ違いが起こる瞬間を作ってしまうと、その時間は既婚者同士の恋愛はスムーズに進まなくなってしまうのです。

    注意力も散漫になり、誰かに関係を勘付かれてしまったり関係を継続させる上で問題が起こってしまう可能性が高まってしまいます。

    相手を不安がらせない

    既婚者同士の本気の両思いになったら、愛情表現を可能な限りやっていくことをお勧めします。

    相手に気持ちの上で不安がらせないということです。

    「本気の好きなのだろうか」「遊ばれているのではないか?」と思われてしまうと、目の前の恋愛に素直になることも出来ずに、まず楽しむことができないのです。

    楽しめないとは、結婚してまで辛い恋愛をする必要がないということに繋がります。

    それはそうですよね、家に帰れば恋愛をして結婚した相手が待っているのですから、心を乱される相手と一緒に過ごす魅力はなくなってしまいます。

    通常の恋愛と同じような行動をしていてはいけません。

    既婚者同士の恋愛を本気で両思いとしてやっていくのでしたら、相手に不安がらせてしまったり、自信をなくすような行動は謹んでいきましょう。

    お互いの家庭には介入しない

    恋愛をしているわけですから、相手のことをたくさん知りたいですし、どんな家庭を持ってそのような生活をして、自分には見せない顔について探ってみたくもなります。

    しかし、それは余計な嫉妬を増幅させてしまい、知らなくてもいいことも知ることにもなるのです。

    本気の両思いだからこそ、既婚者同士の恋愛では踏み込んではいけない領域というものが存在します。

    どんなに愛している相手であっても、自分の家庭に口出しをされたり不必要な助言なんてされたらあまりいい気分はしないはずです。

    家庭は家庭、恋愛は恋愛と切り離した考えが出来るようになれば、既婚者同士の恋愛を上手く仲良くしていくことができますよ。

    大人の恋愛とも言われる部類ですから、通常の恋愛との違いに気付かなければなりません。

    お互いに都合のいい相手である

    既婚者同士の恋愛を守る為に、本気の両思いだからこそ、お互いに都合のいい相手であると思う必要があります。

    独身同士の恋愛とは違い、独占欲を表してしまった時点でその恋愛の終わりが見えてきます。

    彼にも都合がある、そしてあなたにだってどうにもならない都合があり、彼との貴重な時間を過ごせないこともありますよね。

    お互いに都合ありき、そして都合のいい相手であると思っていれば、その守りたい本気の両思いを末永く長続きさせることができますよ。

    これまで体験した恋愛ではないことを承知し、そして表面上の思いだけでも変化させなければなりませんね。

    お金の使い方は無理なく

    既婚者同士の恋愛には、それぞれのパートナーがいるわけで、ばれてはいけない人がいるのです。

    実はパートナーの不倫がばれるきっかけに、お金の流れというものがあります。

    彼と会うために貯金を切り崩していた、お小遣いをすぐにスッカラカンにしてしまうなど、お金の流れから他に良い人がいるのではないか?と疑われます。

    だからこそ、お金は出せる方が出せる時に出す、無理をしてお金を出さないことがお互いに重要なことになりますよ。

    夫婦は、生活をしているのでお金と言う現実的なものにシビアになりやすく、その流れがこれまでと変わってきたと思われたら、それはもう本気の両思いを長く継続させることはできなくなるということ。

    デート代、ホテル代を無理して出さなければならない状況ならば、無理してはいけません。

    お金のかからない方法、会う時期をずらすなどの工夫が必要ですよ。

    今ばれなくても、将来的に思っていた資産よりも少ないとパートナーが感じてしまえば後になって全てを白状しなければならなくなってしまうこともあります。

    ポジティブな解釈

    既婚者同士の恋愛には辛さも伴います。

    それは本気の両思いであることで、お互いに求めていても満足のいく手の入れ方ではなく、思い通りにならないこともたくさんあります。

    連絡一つとってもそうですよね。

    お互いに都合のいい時間を見計らって連絡をするようになりますが、それは既婚者同士の場合、極端に少ない時間となってしまいます。

    会えない時こそ、満たされていたいのに、悲しく寂しい思いをするのです。

    しかし、そのままでは既婚者同士の恋愛をすること自体にブレーキをかけてしまい、大好きな人と離れ離れになってしまうことも想像できます。

    そんな時にはポジティブ思考をつかみ取りましょう。

    なかなか連絡が来ないのは私の都合を考えてくれているからだな。

    こんな風に思うことができれば、彼への愛情も高まり気持ちを落とさずに本気の両思いを継続させることができますね。

    全て私のため、私のことを愛しているからこその行動なのだろう、事実がどうであれ、あなたが笑顔でいられる方法を取り入れてくださいね。

    あっさりした関係を目指す

    深い部分で繋がっていると分かっていても、それを表に出してしまったら既婚者同士の恋愛は成り立たなくなります。

    あっさりした関係を上辺だけでも演出するようにしましょう。

    いつでもやめることができる関係、今が幸せならばそれでいいと思っているという具合です。

    本気の両思いならば彼もあなたの本心にはしっかりと気付いているはず。

    でも、そこはこの関係を守るために必死になるあなたの姿にまた惚れてしまうことになるでしょう。

    優先順位をはっきりさせる

    本気の両思い、その両思いを離婚をしてまで遂行しないという場合には、しっかりと優先順位をつけましょう。

    家庭、子供、仕事、そして彼など。

    中には親の介護や趣味などが混ざってくることもありますね。

    それらの優先順位をはっきりとさせておくことで、あなたは無茶な行動をしないことに繋がります。

    極端な話ではありますが、家事を一切しないで帰りも毎日朝方、仕事も休みがちになる、これでは家族に言えないことをしています、と言っているも同じです。

    あなたの中にある軸をしっかりとさせるためにも、優先順位をつけることは既婚者同士の恋愛では大切なものになりますよ。

    嘘も方便

    大切で大好きな人に嘘なんてつきたくない…

    普通ならばこのように感じてしまいますが、既婚者同士の恋愛をうまくやっていく為には、嘘も方便ですよ。

    あなたも無理しない、彼も無理させないための嘘ならばいいのです。

    仮に彼があなたに会いたくて無理をしている時には、忙しい、体調が悪いなどの嘘で会えない状況にすることも、本気の両思いを継続させるコツですよ。

    会いたいのに会えないのは愛情を高めます。

    また、無理をしているとそのツケは必ずどこかで表れてしまいます。

    その結果、最悪周囲にばれてしまい、泥沼化してしまうことなんてなったら、既婚者同士の恋愛は終わりです。

    会いたいという気持ちを何とか抑えて、うまく関係を築いていく工夫のための嘘ならばいいのです。

    写真は絶対ダメ

    これは既婚者同士の恋愛のルールでもあります。

    離れている時でも彼の写真を見て心を満たしたいという思いは十分わかりますが、写真は不倫の証拠になってしまいやすいので避けてくださいね。

    仲良し写真、彼だけの写真はいつどこで誰に見られるか分かりません。

    既婚者同士の恋愛をしている証拠を残さないためにも、あなたの記憶の中に残しましょう。

    今は写真を撮るのもとても気軽にできます。

    そして現像なんて出さなくてもスマホのフォルダに入れておくことができます。

    しかし、その気軽さが仇となることも忘れてはいけませんね。

    写真は残しておいていい事はありませんので、そもそも撮らないようにすることをおすすめします。

    既婚者同士で職場で「あの二人不倫関係なんじゃ…」と噂されない為のルール

    喧嘩をしても睨みつけるようなことはしない

    奇跡的な恋をして、不倫関係に至ったとしても、全てが安泰というわけではありません。

    時には喧嘩をして、お互いの意見をぶつけ合うこともあります。

    しかし、喧嘩をすると尾を引くことも多く、解決しないまま明日を迎えることも少なくないようです。

    そんな時、職場が同じ二人なら、目が合った瞬間に感情が表に出て睨んでしまいそう。

    ちょっとした視線などは、周囲に人に感じられやすく「あの二人は不倫関係なんじゃ?」と思われる可能性があります。

    噂が出てしまうと、どんどんと話が広まって収集がつかなくなるので、感情的になっても睨みつけないルールを設けましょう。

    態度を変えてよそよそしくしない

    職場の既婚者同士は、和気あいあいとしていたり、落ち着いた雰囲気で付き合いをしていきます。

    ただ、不倫関係になると、一気に雰囲気が変わって、見る人が見れば「何かがおかしい」「怪しい二人だ」と思われてしまうのです。

    プライベートに踏み込んだ二人は、どうしても親密さが態度に出てしまいます。

    だからこそ、男女の関係になったからといって態度を変えてよそよそしくしないでください。

    「話をしないようにしよう」「あまり目を合わさないようにしよう」と禁止のルールを作るよりも、何も変えない努力の方が重要です。

    「誰にもバレてはいけない」と警戒心マックスになる心意気は素晴らしいことですが、態度として現れると逆効果。

    出来るだけ自然に、無視などは絶対にやらないように注意しましょう。

    仕事をしっかりと遂行する

    職場の既婚男性と女性が交際をし始めて気にするのは、プライベートなことばかり。

    そして、バレやすい環境にいることは本人たちが十分に理解しているので、どう接していくべきかを考えます。

    そのどれもが実は「二人が不倫関係かも」と思わせる行動になるので注意してください。

    最も大切なことは、目の前にある仕事をしっかりと遂行することです。

    責任感を持って仕事に取り組めば、勤務時間内で不倫相手に対して特別な言動を起こすことはありません。

    「仕事が終わってからのお楽しみ」「業務が終われば幸せな時間が待っている」と自然に感じられます。

    仕事のことだけを考える時間と彼との時間は分けて考える必要があるということ。

    それは、どちらかだけが意識していてもいけないことで、お互いに頭に叩き込んでおかなければならないのでルール化するべきです。

    愛を確認するルールを作らない

    職場不倫と社内恋愛を混合して考えるのは禁止しましょう。

    特に、愛を確認するルールはとっても危険なもの。

    エレベーターに二人で乗り合わせた時には体が触れあう距離にいたり、廊下ですれ違う時にお互いにしか分からない態度をしたり。

    書類に付箋をはってメッセージを送るのも出来れば避けて欲しいものです。

    普通の不倫に比べて、一緒にいられる時間が多いのが特徴で、嬉しくなる気持ちは分かります。

    そこにいるのですから、幸せな気分を味わいたいと感じますが、不倫だということを忘れてはいけません。

    通常の恋愛のように、周知されていて応援されているような二人では残念ならがないのです。

    どこで誰が見ているのか分からない、誰が勘の強い人なのか分からない状態ですから、確認しようとする方が無謀。

    メリハリをつけた場所にすることを目指しましょう。

    周囲に人がいなくても恋人同士の会話をしない

    つい気が抜けてしまうことがありますし、恋をしていることで調子に乗ってしまうこともあります。

    好きになった彼、気持ちが繋がった相手と職場で一緒になることがあり、周囲を見渡しても人がいなければ、仕事バージョンでの鎧を外してしまうことも。

    名前で呼んでしまったり、ボディタッチをしてしまったり、デートの約束をするなんてこともあるかもしれません

    しかし、周囲に人がいなくても恋人同士の会話をしないルールを制定するべきです。

    たとえ会話の内容が周りの人に届いていなくても、恋人としての雰囲気が駄々洩れになります。

    距離感の違いや笑顔の向け方で、普通の関係ではないと悟られてもおかしくありません。

    いつでもどこでも「誰に見られているか分からない」とし、職場では仕事でのパートナーとしての関係を壊さないようにしましょう。

    会話の内容によっては、戦闘バージョンの表情ではなくなります。

    勤務時間中にはどこであっても二人きりにならない

    階段の踊り場、会議室、給湯室、屋上など、二人きりになろうと思えば出来る場所があります。

    みんなが仕事を黙々として集中している時間、休憩時間などに合わせて、職場で二人きりになるべきではありません。

    好きという感情が高まって、相手に触れたくなっても呼び出してはいけませんし、呼ばれても誘いに応じてはいけないのです。

    たまたま二人きりになったとしても、さりげなく距離を取りましょう。

    あなたが思うよりも、人に不倫関係になっていない雰囲気を伝えるのは難しいものです。

    それなら、接点を作らないようなルールを決めて徹底するべき。

    お互いにルールを守ることが出来れば、怪しまれたり疑問を抱かれたりすることもありません。

    「ここには絶対に人はこない」という場所を見つけたとしても、出入りしている場面を見られないとも限りません。

    「バレていない」と思っているのは実は二人だけ、なんてことにならないようにしましょう。

    既婚者同士の職場の恋愛は、十分な警戒心と平常心が大切ですから、ドキドキするシチュエーションは不要です。

    社内で怪しい二人だと雰囲気でわからせない社内不倫を隠すテクニック

    2018.08.12

    守るべきルールが守られなかった時は?


    ここまで、既婚者同士の恋愛になるきっかけとともに守るべきルールについてご紹介してきましたが、そのルールを守れなかった時はどうなるのかについても考えていきましょう。

    ルールとは、既婚者同士の恋愛を安全に進めていくことであり、トラブル防止の意味合いも含まれています。

    そのトラブルとは?という話しですが、既婚者同士の恋愛を最もバレることを恐れている相手は誰でしょうか。

    そうですね、配偶者であるパートナーである夫や妻です。

    夫や妻にバレることは、家庭の崩壊を意味していたり、一気に窮地に立たされることを表しています。

    民事では、既婚者が夫や妻以外の者と関係を持ってはいけないと定められており、それを「浮気」や「不倫」と言います。

    これは、夫や妻から見ると一生愛し合うと約束したことを裏切られた思いを感じ取るのです。

    単純に自分以外の人に好意を持っていること、そしてそれを実行していることは許し難いものであると感じることがほとんどなのです。

    その結果、離婚に至るケースも決して珍しくはなく、それに伴い、既婚者同士の恋愛をしていた者も「裏切る人」「貞操のない人」という烙印を押されてしまうこともあります。

    社会的な地位を失うこともあり、その後の人生に大きな影響を与えてしまうことも想像できます。

    既婚者同士の恋愛をする場合には、決してバレないようにすること、そのためには決められたルールを守ることが絶対的な条件になります。

    守るべきルールの意味をご理解いただけましたか?

    バレたら大変な毎日が待っていますが、こちらでご紹介した守るべきルールをしっかりと守っていれば、安定した関係を既婚者同士でも築くことができますので、ぜひ参考にしていきましょう。

    既婚者同士の恋愛だからこそお互いが「心の支え」になる事の必要性

    家庭では幸せを感じないから

    心の支えが必要なのは、家庭では幸せを感じないからです。

    今の生活に不満があるからこそ、不倫に目覚めたあなた。

    「あの人は何をしているのかな?」「どんなことを考えているの?」と、相手を想像するだけでも楽しいものです。

    お互いに好きな相手を「心の支え」とすることで、家庭では感じない、幸せを手に入れます。

    会えない時間も胸の中には、大好きな人がいるわけですから幸福感で満たされるのです。

    だからこそ、お互いが心の支えでいれば、二人の想いはいつも一つ。

    次に会えた時の喜びへと変わります。

    毎日笑顔を絶やさずに過ごせる

    毎日笑顔を絶やさずに過ごせるから、心の支えが必要です。

    好きな人を思う時間は、笑顔で溢れます。

    自分が好きな相手の良い部分を考えると、キリがありません。

    「彼の優しいところが素敵」「私のことをしっかりと考えてくれた」など。

    不倫相手と過ごした時間が蘇ったり、愛のあるやりとりを日常生活の中で思い出したりするのです。

    心の支えとして不倫相手のことを絶えず考えていれば、毎日の生活を笑顔で乗り切れます。

    「好きな人が、傍にいないとつまらない」と感じる日も多いのです。

    「夫には、恋愛感情を抱けない」「楽しかったのは最初だけだった」と愛を失うと、笑顔が消えます。

    楽しくもないのに、笑えないからです。

    笑顔のない家庭は、どんよりとして重苦しくなります。

    居心地が悪く、あなたもパートナーもいつもイライラ。

    あなたの人生を楽しいものに変える為には、恋が必要であり、既婚者同士の恋愛で同じ境遇にある相手だからこそ、真剣に愛せます。

    心の支えがいるからこそ、あなたはいつも笑顔で楽しく過ごせていけるのです。

    つまらない生活が活気あふれたものになる

    つまらない生活が活気溢れたものになるから、既婚者同士の恋愛で、心の支えが必要になります。

    毎日淡々と過ぎてく日々に、つまらなさを感じているからこそ、パートナー以外の異性と恋に落ちることも少なくありません。

    しかし、既婚者同士で恋に落ちて、お互いが心の支えになると、つまらなく過ぎていた日常が魅力的なものへと変化します。

    「今日は手の込んだ料理をしよう」「外に家族と出かけよう」など。

    自分からアクティブに動き、彼と会えない時間の楽しみ方を見つけるのです。

    「あの人に会うのが楽しみだ」と、あなたは不倫相手との逢瀬を心待ちにします。

    家族に不倫がバレないように、日々の生活を順風満帆なものに変えていけるので、あなたの人生は、満足のいくものになるはずです。

    パートナーに愛されていなくても不満を感じない

    既婚者同士の恋は、不倫相手を心の支えにすることで、パートナーに愛されていなくても不満を感じません。

    人は愛されるからこそ、自分の存在意義を確認します。

    ただ、夫婦仲が険悪なものになったり、冷めきっていたりした時は「私は、すごくつまらない人間なのかな」「魅力がないんだ」と消極的になることも。

    気持ちが滅入り「愛されたい」という思いを強く抱きます。

    パートナーの愛を望めない環境では、不満は膨らんでいくばかり。

    既婚者の相手を心の支えに出来れば、そのような不安から解消されるのです。

    「私には、あの人がいるから大丈夫」「ちゃんと愛されている」と、自信を持って生活が送れます。

    結婚生活を送る中で、相手に不満を感じなければ、今の環境を維持したまま、あの人と愛を育めます。

    不倫中の既婚者は、家庭生活の中で上手く立ち回り、浮気の証拠を見せません。

    自分が満足できる環境で恋や家庭を大切にして過ごせます。

    見た目に気を遣い、魅力的になる

    見た目に気を遣って魅力的になるので、既婚者同士の恋に、心の支えが必要となります。

    見た目で周囲の人を魅了することが出来れば、あなたも嬉しい気持ちになりますし、パートナーからも喜ばれるもの。

    自分のパートナーが魅力的であれば、自慢の対象となります。

    夫に「君はいつも奇麗だ」と褒められることも。

    実は、いつでも既婚男性に会えるように身なりに気を遣っていただけで、パートナーから褒められたら、良い気分です。

    心の支えとして、大好きな人がいたからこそ「もっと奇麗になりたい」「彼を虜にしたい」と感じるもの。

    パートナーと不倫相手を両方魅了する女性になります。

    あなたの女としての魅力が益々際立つので、心の支えとして、あの人の存在が大きな役割を果たすのです。

    生活にメリハリが生まれる

    生活にメリハリが生まれるので、気持ちの切り替えが上手にできます。

    あなたは、あの人を心の支えにすることで「不倫相手と会う時」と「家庭での顔」を作れるようになるのです。

    不倫はパートナーに絶対に知られたくない秘密。

    パートナーに不倫がバレないように行動する為には、通常のあなたと、不倫相手と会う時とで、上手にオンとオフの切り替えが出来るのです。

    不倫中であっても家でのあなたは、妻であり母親の顔しか見せません。

    絶対にバレることのない恋愛を作り上げていけます。

    「あの人の恋を守り抜きたい」という気持ちが強くなるのが「心の支えの」です。

    より一層、不倫相手の存在は愛おしくなり、末永く二人の愛を紡いでいけます。

    生活のメリハリの重要性を理解すれば、あなたには如何に心の支えが必要なのかが分かるはず。

    既に不倫中であった場合には、必ず相手への思いがあなたを支えているのです。

    更に「私には彼がいる」と心の支えの存在を自覚すると、二人の愛は消えさることはありません。

    大事な人と歩む、幸せな道を進みましょう。

    既婚者同士で心の支えになるには?ただの不倫相手同士を超えてお互いが心の支えになる理由や瞬間

    2020.10.25

    既婚者同士の不倫恋愛を始める前に知っておきたいリスク・デメリット

    双方からの慰謝料請求で多額を失うリスク

    既婚者同士の不倫恋愛には、双方からの慰謝料請求で多額を失うリスクがあります。

    お互いが家庭を築いている立場です。

    そのお互いの家族を壊すことになるのが、既婚者同士の恋愛。

    どちらか一方が悪いわけではなく、お互いにそれぞれの家族を傷つけているのです。

    二人の関係がそれぞれの家庭にバレた時、多額の慰謝料として双方に請求されます。

    お互いの家族の本心は、慰謝料では収まりがつきません。

    お互いの家族を裏切り続けて、恋愛をしていたことを許せるわけがないのです。

    裏切りによって傷つけられ、その相手にも家庭がある。

    家族は怒りが収まることはありません。

    お互いに家庭を持っていながら関係を持ってしまった双方には、もう戻すことが不可能な家族の想いが請求されます。

    既婚者同士の恋愛では、お互いの家族を傷つけ壊した二人の行動で、双方に慰謝料請求がされ多額を失うリスクがあることを覚えておきましょう。

    普通の不倫よりも都合がつけにくく寂しさを強く感じる

    既婚者同士の不倫恋愛のデメリットは、普通の不倫よりも都合がつけにくく寂しさを強く感じてしまうことです。

    お互いに既婚者同士ということは、それぞれの家庭行事や予定が必ずあります。

    そのタイミングがお互いの家族でいつも一緒だということはありません。

    自然と会う機会が極端に少なくなります。

    「会いたい」と思っても、会うことは出来ず、いつでも連絡を取れる関係でもありません。

    既婚者同士の恋愛には、たくさんの壁があるのです。

    会えないから連絡というわけにもいかず、寂しさを押し殺すしかありません。

    会える機会を予定していても、急なキャンセルはよくあるW不倫の特徴です。

    いつ家族の予定が入るかは、本当に会うギリギリまで分かりません。

    普通の不倫よりも都合がつきにくく、お互いが家族を最優先させるため寂しさを強く感じることが多いのが既婚者同士の不倫恋愛の最大のデメリットです。

    家庭に戻る前にはしっかりと気持ちを切り替えなければならない

    既婚者同士の不倫恋愛は、家庭に戻る前にはしっかりと気持ちを切り替えなければならないというデメリットがあります。

    不倫をしていることは絶対に家族にバレてはいけません。

    どれだけ彼との幸せな時間を送っていたとしても、家庭に入る時には気持ちを切り替えなければ必ずバレます。

    幸せの余韻に浸る時間がないということです。

    不倫恋愛をしている多くの人は、家に戻りたくなくなってしまいます。

    しかし、その行動は家族を捨てる意味を表している為、不倫を継続しているとだんだん辛くなっていくのです。

    秘密の関係だから誰にも話せず、家族の前ではいつも通りにしていなければなりません。

    既婚者同士の不倫恋愛は、彼との時間の余韻に浸ることも出来ず、家庭に入る時には気持ちを切り替えなければならない苦しさがあります。

    既婚女性300名にアンケート!不倫をしていて罪悪感はある?

    「不倫をしていて罪悪感はある?」というアンケートも既婚女性に実施しました。

    実際に、ダブル不倫をしていて、何かしらに対する罪悪感を抱いている既婚者女性の割合は68%と高めです。

    後ろめたい気持ちを抱き、自分の家族や相手の家族、はたまた自分自身に罪悪感を抱いているケースは少なくありません。

    裏切り行為をしている、好きな人にさせている状況から芽生える気持ちです。

    既婚女性に質問!不倫をしていてどんな罪悪感がある?

    既婚女性に「不倫をしていてどんな罪悪感がある」という質問も投げかけました。

    罪悪感を抱く時、どのようなシチュエーションでどんな気持ちになるのかについて答えていただきました。

    ダブル不倫をする既婚者女性の切ない気持ちが詰め込まれています。

    30歳・飲食店勤務
    30歳・飲食店勤務
    不倫している彼と会って、自宅に帰った瞬間に罪悪感を抱きます。彼への愛は本物ですが、私としては家族にも愛情があります。勝手な気持ちかもしれませんが、やはり自分の家族を裏切っていること、先ほどまで旦那以外の男性に抱かれたことを考えると幸福感だけに包まれるわけではありません。妻として母として失格だなと思い、何度もダブル不倫をやめようと思ったことがあります。この罪悪感は、多分、ダブル不倫相手と別れても一生抱えていくものなんでしょうね  
    36歳・看護師
    36歳・看護師
    街中で彼の家族を見かけたことがあります。本当に偶然なのですが、私は一人で相手は家族といて。もちろん嫉妬心もありましたが、同じ妻という立場を考えた時に、相手の奥さんに対しての罪悪感でいっぱいになりました。私の方から別れを切り出せば終わる関係、でも終われない気持ちがあり、何とも言えずに、今でもダブル不倫を続けています。でも、家族で過ごしていた光景、何も知らずに笑っていた奥さんの顔をふと思い出してしまい、出来るだけ辛い思いをさせてはいけないと感じます。私が思うことではないかもしれませんが、ダブル不倫は切ない気持ちになってしまいますよね  

    常に罪悪感を抱いてダブル不倫をする既婚者女性

    ダブル不倫をしている既婚者女性は、常に罪悪感を抱いている場合が数多くあります。

    様々な方面に罪悪感を抱きやすい環境に身を置いており、彼への愛情が本物であればあるほど苦しめられるようです。

    「好きだから離れたくない」「罪悪感はあるけれど別れられない」と矛盾した気持ちはとても苦しいもの。

    好きという感情は簡単にはなくならないものですから、罪悪感と戦い続ける必要があります。

    真実の愛を追い求めるのか、罪悪感に押しつぶされてしまうの、この先の未来にあるものを感じましょう。

    既婚者同士の不倫恋愛で旦那や子供、家族へ感じる「罪悪感」と上手く付き合う考え方

    気持ちの切り替えをスムーズに行うこと

    既婚者同士の不倫恋愛で家族への罪悪感と上手く付き合う考え方は、気持ちの切り替えをスムーズに行うことです。

    家族を裏切ってしまっているから、罪悪感を強く抱きます。

    家族の前では、不倫相手とのことは考えずにいた方があなたの気持ちも楽になれるのです。

    不倫している時には、彼だけを感じる。

    家庭に入れば、自分の家族の事だけを考えてください。

    彼のことを考えるから、家族といると罪悪感を抱くのです。

    あなたが不倫で良い思いをしている分、家庭で過ごす時には精一杯の愛情を家族に注いでいきましょう。

    既婚者同士の不倫恋愛で感じる家族への罪悪感は、自分の気持ちをスムーズに切り替えることで楽になり、その分愛情をきちんと注いであげてください。

    家庭での役割はしっかりと果たすこと

    既婚者同士の不倫恋愛をしている時でも、家庭での自分の役割をしっかりと果たすことで家族への罪悪感は軽減されます。

    自分がいけないことをしているから、家族に罪悪感が生まれるのです。

    それをマイナスにだけ捉えないでください。

    彼と関係を持っていても、家庭での自分の役割はきちんと果たす。

    彼と恋愛しているから、家族の為にもきちんと役割を果たそうと考え方を変えましょう。

    罪悪感だけ抱いていたら、家族との時間が苦しく、辛くなるだけです。

    あなたが一番大事にしなければならない家庭を守るために、自分の仕事は手を抜かずに努力します。

    既婚者同士の不倫恋愛で家族に罪悪感を抱いても、あなたが家庭を守るために自分の役割をしっかりと果たしていくという考え方を持ち、行動できればその感情を軽減できるのです。

    家族の中での役割と共に自分の人生を大切にするという考え方

    ダブル不倫で罪悪感を抱いて辛いのであれば、家族の中での役割と共に自分の人生を大切にするという考え方を持って下さい。

    既婚者同士であっても恋愛感情を抱き、行動に移してしまう事は少なくありません。

    そこに罪悪感が芽生え、「申し訳ない」と家族に感じても、彼との関係を簡単には切れません。

    それなら、あなたの考え方を変えていきましょう。

    家庭での役割はきちんとこなす。

    しかし、不倫恋愛をしていたとしてもあなたの人生です。

    家族での仕事をしっかりしていれば、気持ちはまだ楽になります。

    人より少し欲張って、幸せを多く見つけてしまっただけです。

    既婚者同士の不倫恋愛で家族に罪悪感を持っていても、家庭の役割を果たすと共に、自分の人生を大切にするという、あなたの幸せを増やすという考え方もあります。

    浮気や不倫の罪悪感への対処法5つ

    2017.11.15

    大人の恋愛として楽しむために

    既婚者同士の恋愛のきっかけと本気の両思いなら守るべきルールについてご紹介しました。

    大人の恋愛として楽しむためにも、こちらでご紹介した内容を参考に二人の絆を深めていきましょう。

    きっかけにつきましても、既婚者だから恋愛に縁がないなんてことはありません。

    ほんの些細なことがきっかけとなって本気の両思いへと急スピードで大成長することもあるのです。

    これも巡り合わせ、縁と考えると大切にしていきたい関係でもありますよね。

    そのためにもぜひ、意識して取り組んでいってくださいね。

    【期間限定・2022年10月2日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、【スピリチュアルの架け橋】の占いを初回無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルの架け橋】を初回無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。