不倫相手と会うときは結婚指輪を取る?取らない?男女の考え方の違い

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

  • タロットカードを引く
  • あなたは不倫相手と会う時には結婚指輪はどうしていますか?

    また、既婚者の男性と不倫をしている方は彼は結婚指輪をいつもしているのでしょうか。

    意外と気になる、結婚指輪についてみていきましょう。

    そこで今回は、不倫相手と会うときは結婚指輪を取る?取らない?男女の考え方の違いについてご紹介します。

    結婚指輪への思いや結婚指輪をする意味が男女で変わってきますよ。

    男女別、そして取るときと取らないときに分けて詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    何となく、結婚指輪への話題は触れにくいという声も聞きますので、心理をこちらで理解しましょう。

    また、既婚者の男女300人に「不倫相手と会う時に指輪をつけたままの理由、外す理由」をアンケート調査した結果を紹介致します。

    既婚男性300名にアンケート!不倫相手の彼女と会う時、結婚指輪は外す?

    既婚男性に「不倫相手の彼女と会う時、結婚指輪は外す?」というアンケートを実施しました。

    不倫しているとき、彼女の前で結婚指輪を外すという既婚者男性は約44%です。

    普段はつけている結婚指輪を取るという行為に既婚男性は意味を持たせ、実際に彼女に結婚指輪を見せないということが結果から見えます。

    既婚男性に質問!不倫相手の彼女と会う時に指輪をつけたままの理由、外す理由は?

    「不倫相手の彼女と会う時に指輪をつけたままの理由、外す理由」について既婚男性に質問を投げかけました。

    不倫している彼女にどう思ってもらいたいのか、この不倫関係の意味が見え隠れしていますので、ぜひ既婚男性との心理を知るつもりで参考にしてください。

    34歳・営業事務
    34歳・営業事務
    僕の場合は、彼女に会う際にも結婚指輪を取りません。取り忘れて帰宅したら、不倫していることが奥さんにバレてしまいますからね。僕は割とおっちょこちょいなので、彼女には申し訳ないですが、外すことが怖いですね  
    37歳・生花店
    37歳・生花店
    俺は結婚指輪は外しますよ。そりゃ、結婚指輪を見て喜ぶ不倫相手はいませんからね。彼女には自分が既婚者だということを感じさせないで恋愛を楽しみたいのが一つ、もう一つは自分も結婚している立場を忘れたいと思っているから。自分の手を見る度に、奥さんとか子どもの存在がチラついてしまえば、彼女との時間を存分に楽しめるわけがないじゃないですか  
    35歳・公務員
    35歳・公務員
    僕は外しません。理由は至ってシンプルで、自分が結婚している事実を彼女には理解して欲しいから。遊びで付き合っているわけではないけれど、それでも離婚するつもりはないので、彼女には変な気を起こして欲しくない。ある意味、割り切って不倫関係になって欲しいから、折々で「彼は結婚しているんだな」と感じて欲しい。ズルいやり方かもしれませんけど、暗に僕の意思を伝えるためには結婚指輪は重要な役割を果たしています 

    結婚指輪の重要性を既婚男性は理解している

    結婚指輪の重要性を既婚男性は理解しているからこそ、取る、取らないのかの判断を下しています。

    ただ何となく外している、外していないというわけではありません。

    不倫相手であるあなたに何らかのメッセージが込められていますので、あの人の意思を汲み取りましょう。

    あなたのためを思っての行動、自分の想いを満たすための行動、二人の幸せに近づけさせるための行動だと言えます。

    既婚男性にとっての結婚指輪ですから、総じては外していれば安心の部類だともお伝え出来るのです。

    既婚女性300名にアンケート!不倫相手の彼と会う時、結婚指輪は外す?

    「不倫相手の彼と会う時、結婚指輪は外す?」というアンケートは既婚女性にも実施しました。

    不倫相手の男性とのデートの際に、結婚指輪を外すという既婚者女性の割合は、約72%です。

    相当の割合の既婚女性は、左手の薬指にある結婚指輪の存在を不倫相手の彼に隠していることが分かります。

    既婚女性に質問!不倫相手の彼と会う時に指輪をつけたままの理由、外す理由は?

    既婚女性に「不倫相手の彼と会う時に指輪をつけたままの理由、外す理由」について既婚男性同様に質問をしました。

    結婚指輪をつけたままなのか、外すのかそこには既婚者女性ならではの理由がありますので、あなたの想いと共に見比べてみましょう。

    36歳・接客業
    36歳・接客業
    私は不倫相手との職場が同じなので、敢えて二人だけのデートの際には結婚指輪を外します。彼は私が仕事中にはつけたままの結婚指輪の存在を知っています。だからこそ、プライベートの時間で外している姿を見て喜んでもらえます。私としてもオンオフがやりやすいので、結婚指輪をつけているのか、外しているのかで気持ちがきちんと切り替わります  
    27歳・医療事務
    27歳・医療事務
    結婚指輪は外さないですね。これも一つのファッションなので、あまり深くは考えていません。不倫相手の彼の気持ちですか?どうでしょうか。私が結婚指輪をつけていることに何か意見を言われたことはないので、彼も普通のことだと思っているのかもしれませんね。お気に入りのデザインの指輪をつけている、そんな感覚です  
    30歳・パート
    30歳・パート
    絶対に結婚指輪は外すべきですよ!不倫でも恋愛ですから、彼に失礼な気がします。しかも私の場合には不倫相手が独身なので、結婚指輪を見せてしまうと立場の違いというのか、家庭を想像させるなどあっては、二人のが楽しくなくなりそう。彼は嫉妬深いところもあるので、結婚指輪は外してからでなければ会うことは出来ません。それと、私も結婚指輪をつけたままデートをすると落ち着かないかもしれません。その指輪ってある意味重いじゃないですか?そこから解放されるために不倫しているところもあるので、外していなければ心から楽しむことは出来ないのではないでしょうか  

    結婚指輪に込められた意味と理由

    既婚女性は、しっかりと結婚指輪に込められた意味と理由を把握しています。

    不倫相手の彼と会う時に、つけたままの女性も外す女性もそれぞれ言い分があるということ。

    不倫相手の男性へのメッセージであるケースもあれば、自分自身が満足する形を追い求めた結果である場合、相手の気持ちを想像しているときなど様々です。

    既婚女性としての恋愛が特殊な関係である不倫だとしても、恋愛は恋愛。

    その関係を心から楽しみたい、彼を大事にしたいという気持ちがあるからこそ、普段つけたままの結婚指輪をどうするのかについて迷い、答えを出し行動に移しています。

    不倫相手の男性のための行動が多くを占めていました。

    結婚指輪についての男女別心理

    男性が結婚指輪を取るとき

    男性が不倫をする際に結婚指輪を取るときは、不倫相手を落とそうとしているときです。

    【期間限定・4月12日(日曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した初回無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



    PR:ティファレト


    不倫関係になっていたとしても、「もっと自分を見て欲しい」「自分から離れないで欲しい」と思っているのです。

    結婚指輪を仮につけていると、不倫相手は、この関係は不倫であることや彼には奥さんがいることの現実を突きつけられます。

    スッと気持ちが冷めてしまうのではないか、「やっぱり不倫なんてできない」と離れて行ってしまうのではないか、と不安になっている気持ちの表れでもあります。

    稀に、結婚指輪を取ることで敢えて自分は既婚者だと名乗らずに、独身だと勘違いを女性にさせて不倫関係を目指す男性がいます。

    騙しているように感じますが、それだけ不倫をするのに結婚指輪は重いものだと感じているのですね。

    既婚者の象徴でもありますので、不倫をしているときは家庭を忘れたいとも感じているのです。

    男性が結婚指輪を取らないとき

    男性が敢えて結婚指輪を取らないときは、既婚者であることを忘れないようにするためです。

    「不倫している彼女にのめり込んではいけない」と自分を戒めているものが結婚指輪を取らないという結論です。

    不倫はするけれど、家庭は壊す気がないことを自分自身と不倫している彼女にも暗に伝えているとも言えますね。

    家庭は家庭、不倫は不倫とはっきりと区別しようという努力です。

    きっと、不倫している彼女にも「一緒にはなれない」ことを伝えて、不倫なりの誠意を持った付き合いをしているはずです。

    また、ずるい男だと思われたくないという気持ちも込められていることがあります。

    結婚していることを隠さないことで、紳士的な態度を示そうとしていますよ。

    女性が結婚指輪を取るとき

    女性が結婚指輪を取るときは、気持ちは完全に不倫している彼にあることを表しています。

    それは、自身の中に表すのではなく、不倫している彼に「夫よりも愛しているのよ」という気持ちを伝えるためです。

    しかし、既婚者である女性がその言葉をそのまま口にしてしまうと、男性にとって重い女性になることもよく分かっています。

    だからこそ、夫との絆の象徴でもある結婚指輪を不倫中に取ることを選ぶのですね。

    純粋に大好き、独身のように自由に言葉にできないもどかしい気持ちを抱えています。

    不倫している彼に、自分の気持ちを伝える手段として結婚指輪をはずし、その手をアピールします。

    中には、不倫している彼に彼との絆を繋げる指輪を買ってもらい、付け替えるという女性もいますよ。

    不倫している彼と会う時には、完全に夫のことは忘れて、彼だけの女性として存在したいと思っています。

    不倫をする女性は、彼のものになりたいという願望を持っていますので、その思いに満たされる工夫の一つでもあります。

    女性が結婚指輪を取らないとき

    女性が結婚指輪を取らないときは、迷いや保守という気持ちを抱えていますね。

    まず、迷いについてですが、既婚者の身でありながら好きな人が出来てしまっただけでなく、不倫関係になったことに後ろめたさを感じています。

    好きだけど、これでいいのかな…

    永遠の愛を誓った夫を裏切っている。

    戻るなら今しかない…

    との悩みを持ち続けていることで、結婚指輪を取ることができないのです。

    人は同時にふたりを愛することがありますし、愛情とただの情を同時に持つことだってあります。

    既婚者だからこそ悩み続け、完全に気持ちを移行することができずに悩み、苦しんでいるのです。

    不倫を楽しくしている人ばかりではありません。

    どうしようもない苦しみに苛まれながら不倫をしている人がいるのです。

    そして、保守についてですが、女性が自分自身を守っているということです。

    大好きな不倫している彼と一緒に過ごしていても、既婚者であることを忘れずに、家庭を壊さないようにと自分を守っているのです。

    もちろん、不倫している彼と離れることも辛いことではありますが、自分が築いてきた家庭が壊れてしまうことはもっと悲しいと思っているのです。

    彼がこれ以上心に入ってこないように、暴走をしてしまうようなことになってしまってはいけませんので、結婚指輪はそのままで不倫をしているのです。

    女性の中では、しっかりと区別ができているので、さっぱりしている人が多いですよ。

    不倫相手の既婚男性が本気で離婚を考えてくれているか確かめる方法

    2017.07.29

    不倫相手に結婚指輪を外して欲しい時の対処法

    結婚指輪をジッと見る

    不倫相手に結婚指輪を外して欲しい、浮気相手の女性が本気だからこそ感じても仕方のないことです。

    「私のわがままかも?」と思いがちですが、不倫恋愛をしているのですから当然で、結婚指輪が視界にあるからこそ「これって不倫なんだ」と常に切ない気持ちになってしまいます。

    「出来れば私と会っている間だけでも結婚指輪を外して欲しい」と思ったのならば、既婚男性の指輪をジッと見ましょう。

    彼はあなたの視線を辿って、自分が結婚指輪をしていることに気付きます。

    そして、女性は結婚指輪に対して何を想うのかを想像することになるのです。

    良い気がしないことに当然気が回りますので、次のデートからは外してきてくれるはず。

    言葉に発しなくても、既婚男性の指から結婚指輪を自分の意思で外してもらうことが出来ます。

    結婚指輪の意味について話題に出す

    結婚指輪を不倫相手の男性に外してもらいたい時には、結婚指輪の意味について話題に出してみましょう。

    何となくサラッとした感じで話題に出してください。

    結婚指輪は結婚した証として新郎新婦が取り交わすもの。

    そして、永遠の愛を誓うものという認識をお持ちでしょう。

    もともとはキリスト教徒の風習ですが、それは世界規模で広がっており、仏教が中心の日本でも結婚指輪に誓いを立てる夫婦がたくさんいます。

    結婚指輪についての話題を出すことで、彼の結婚指輪に対する想いや考え方を聞くチャンスでもあります。

    もしかすると「本当は外したいけれど、奥さんに禁止されている」という内部事情があるかもしれません。

    不倫は恋愛関係だとしても、相手のことを全て知ることはない場合もあり、新しい発見、彼の夫婦の在り方を見つけるきっかけにもなります。

    そこであなたが納得すれば、結婚指輪につれて触れないでもいいでしょう。

    しかし、「やっぱり外して欲しい」という場合には、結婚指輪について話しを進めていくと、彼はあなたの様子の違いに気付き、自ら外す期待も出来ます。

    結婚指輪をしていない男性について話題にする

    あなたの周りにいる、結婚しているけれど結婚指輪をしていない男性について話題に出すことで、既婚男性の指輪を外すことが出来ます。

    結婚してから何となくつけているもの、当然していなければならないものだと認識している場合には「外してもいいんだ」と簡単に指から抜く男性もいます。

    夫婦関係の永遠を誓うものという意識で結婚指輪をはめている既婚男性は少ないもので、慣習として受け入れているのです。

    特に気持ちが込められていなければ、あなたと会う際だけでも結婚指輪を外します。

    仕事の都合で付けられない男性、「結婚しているぞ」と誇張したくなくていつも外している男性、そもそもアクセサリーが苦手な男性など、案外結婚指輪を普段からつけていない人は少なくありません。

    そんな男性の話題を出すことで、不倫相手の男性の指についている指輪について彼女がどう感じているかを考えるきっかけにもなります。

    恋愛関係ですから、奥さんとは言え他の女性の影が見えるのはおもしろくありません。

    彼だって、奥さんの気配を感じる結婚指輪に意識をしてしまうと、あなたとの関係をきちんと向き合えていないと感じます。

    すると、二人で会う時には不必要なものだと分かってくれるのです。

    「奥さんの存在を感じたくない」と伝える

    態度や行動で、不倫相手男性自ら結婚指輪を外してもらう方法には限界があります。

    気持ちの問題ですから、鈍感な既婚男性ならば何もあなたの想いに気付かない可能性もあります。

    そんな時には言葉で伝えましょう。

    「奥さんの存在を感じたくない」「二人の時にはあなただけを見ていたい」という旨のことを伝えるのです。

    結婚指輪を見る度に切なくなること、辛くなること、彼が既婚者だと思い出すことなど。

    その状況を理解して不倫関係になっているとは言え、女性としては二人きりで過ごす時、抱き合う時にだけは奥さんの存在を感じたくないものです。

    その想いをきちんと伝えると、いくら鈍感な男性でもあなたの気持ちに気付きます。

    結婚指輪という小さなアクセサリーには、不倫をする女性の気持ちを揺れ動かす不思議な力があります。

    いつも通りに着用しているだけの既婚男性には、分かりにくい感情かもしれませんので、そんな時にはきちんと自分の想いとして伝えてください。

    素直に「外して」とお願いする

    はっきりと「結婚指輪を外して」とお願いするのは最終手段です。

    きつい言い方になってしまいがちですので、様々な方法を試してもなかなか外してくれない不倫相手の男性に使えるものです。

    あまり遠回りな言い方にならないように、素直な気持ちで伝えるのがコツです。

    その際に、「あなたのことを愛しているから」「奥さんの顔がチラチラしてしまう」「今だけは私だけを見て欲しいから」と同時に伝えましょう。

    やきもちを妬かれて嬉しいと思う男性、「こんなにも愛してくれているのか」と感激する既婚男性がたくさんいます。

    「禍を転じて福と為す」状態を招き入れることになりますので、愛情を伝えつつ「外して」とお願いしてください。

    不倫をする女性にとって、分かってはいても既婚者だということを目の当たりにするのは辛いことです。

    そこに彼への本気の好意があるからこそのものですから、そこをしっかりと分かってもらいましょう。

    本気の愛情を伝えられて嬉しい既婚男性は、素直にあなたの目の前で結婚指輪を外してくれますので「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてください。

    不倫している彼が「好きだよ」や「妻とは上手くいってない」など言葉別の裏心理

    2018.10.27

    感情によって結婚指輪の有無が決まる

    不倫相手と会うときは結婚指輪を取る?取らない?男女の考え方の違いについてご紹介しました。

    既婚者との不倫では、相手が結婚指輪をしているかどうかとても気になり、取っていたとしてもそのまま付けていたとしても、意味があるのかな?と考えてしまいます。

    実際に既婚者側も結婚指輪をしているべきか外すべきが悩む瞬間はたくさんあります。

    男女での考え方の違いはありますが、いずれにして不倫への思いや不倫相手への気持ちという感情によって取るか、取らないかを判断していますよ。

    左手の薬指には大きな不倫相手への思いが込められていることもありますね。

    【期間限定・4月12日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、【幸せの杜】の占いを初回無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せの杜】を初回無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。