既婚者なのに好きな人ができた時に出てくる気持ちと対処法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

  • タロットカートを引く
  • 「私は結婚しているのに気になる男性がいる」「旦那以外の男性を好きになってしまった…」という状況、辛い気持ちに包まれてしまいます。

    状況が辛い、既婚者なのに気持ちの面で旦那を裏切っていることが辛いと、なかなか笑顔を取り戻すことが出来ないのは当然のことです。

    あなたが既婚者なのに好きな人が出来た時の辛い気持ちと対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    「こんなこと無縁だと思っていたのに…」しかし、好きになってしまったものは仕方ありませんので、上手に自分の気持ちと向き合っていきましょう。

    旦那以外に結婚後に好きな人ができた時に出てくる気持ち

    辛くて仕方ない

    冒頭でも辛さについて触れましたが、既婚者が旦那以外の男性を好きになると辛くて仕方なくなります。

    自分が既婚者であることを痛感している女性だからこそ、「この気持ちを実らせるわけにはいかない」「相手には迷惑になる気持ちかもしれない」と思うと、自分の気持ちを否定しなければなりません。

    結婚後に出会う素敵な男性には「恋をしてはいけない」と思って当然ですから、湧いて出てきた恋心に戸惑っている女性は少なくないものです。

    なかなか気持ちのコントロールは出来ないものですし、好きという感情を無にするにも時間がかかります。

    しかし、相手の男性との関わりがある内は辛くて仕方ない気持ちに支配されるのです。

    苦しくて堪らない

    苦しさを感じる女性もたくさんいます。

    自分の中に芽生えた恋心、その恋を叶えようといきなり積極的な行動に移せる女性は少ないですので、叶わない恋として苦しさを感じます。

    既婚者の女性からのアプローチは、相手の男性にとって「結婚しているのに」「旦那はどうした?」と思われることも怖いものの一つです。

    「不倫をするような女」と見られないように、必死に自分の想いを隠してしまいます。

    恋愛感情を抱くことは素敵なことですが、結婚後の気持ちは簡単に表に出すことはなく、自分の気持ちを否定することもありますので苦しくて仕方ないのです。

    胸が締め付けられるような、結婚したことをなかったことにしたいような、そんな気持ちを既婚女性は抱えています。

    旦那との離婚を求める気持ち

    旦那以外の男性への気持ちが大きくなっていくと「離婚したい」と思うようになります。

    愛して結婚をした旦那ですが、それ以上に愛してしまった男性を見つけた場合には人生をやり直したくなるものです。

    しかし、夫のことを嫌いになったのではなく、夫以上に愛する男性を見つけた状況ですから、旦那に対して申し訳なさと辛さを感じてしまいます。

    「こんな妻でごめんなさい」「あなただけを愛せなくて申し訳ない」といった想いです。

    日本の法律では、同時に二人の男性と結婚することは出来ませんし、結婚後に体を繋げる恋愛を旦那以外の男性としてはいけないことになっています。

    既婚者にとって離婚は大問題です。

    話し合わなければならないことが山のようにあり、世間体を気にする場合もあり、勢いだけで出来るものではありません。

    しかし、相手の男性への好意から「どうにかして夫と離婚する方法はないのか」とつい考えてしまいます。

    既婚者なのに好きな人ができた時の対処法

    相手の男性の気持ちを探ろう

    既婚者なのに好きな人ができた時の対処法は、相手の男性の気持ちを探ることです。

    【期間限定・12月16日(日曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

    と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




    仮に彼が一切、あなたのことを女として意識していないあなたの片思いの場合には、その恋心を楽しみ、次第に恋愛感情を薄めていくことが出来ます。

    相手の男性もあなたのことを気にしているのなら、きっと好きな気持ちをなくすことは難しいでしょう。

    両想いの状態なのに、気持ちをなかったことにすることは至難の業です。

    何がどう進んでいくかは、相手の男性の気持ち次第ということですから、まずは脈ありサインを見つけ出すことからはじめてください。

    いくら隠そうとしても心の奥底に秘めた思いは態度や行動となって出てきてしまうものですから、彼があなたに好意を持っている場合には脈ありサインを探り出すことが出来ます。

    既婚男性の独身女性への好意の脈ありサイン12つ

    2017.10.13

    諦めるのも一つの方法

    「私は既婚者なのに」「家庭を壊してまで…」という気持ちが強いのならば、いっそのことその恋を諦めるのも一つの方法です。

    辛い思いをしてまで突き進むことで、あなたの気持ちが晴れない、不幸を感じるというケースならば恋心を手放す方法を試してください。

    彼とは会わないようにする、プライベートの話しをしない、家庭の用事を埋めて忙しくするなど。

    自分の中で家族が一番大事と思える機会を増やすと、恋心を持ったことを素敵な思い出にすることが出来ます。

    世の中には多くの素敵な男性がいて、既婚者だけれど好きになってしまうことはあるものです。

    状況が許さなかったと思い、きっぱりと彼のことを忘れてしまいましょう。

    不倫関係になった際のデメリットなどを考えてみると「自分が進むべき道ではない」と思えます。

    状況と自分の気持ちを見つめ直しましょう

    旦那以外の男性を好きになった際には、慌てずに次のステップに進む前に状況と自分自身の気持ちを見つけ直してください。

    感情のままに行動を起こすと慎重さに欠け、後悔してしまうかもしれません。

    自分は既婚者であること、本気で彼と関係を持ちたいと思っているのか、久しぶりに恋愛感情に浮かれているだけではないかなど、自分の気持ちを自分で理解することが大切です。

    そして、あなたが思い描く未来になるための行動は何かを考え、実践していきましょう。

    恋をすることは素敵なこと、しかし既婚者の恋愛は注意点など多くありますので、次のステップに進むためにはある程度の覚悟が必要ですよ。

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。

    【期間限定・12月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、通常1500円の【幸せの杜】の占いを無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せの杜】を無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。