未読スルー1週間の男性心理って?1週間未読でも返事きた対処法も紹介!

この記事を読む前に必ずお読み下さい。

不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を「奇跡のスピリチュアル診断」をもとにお伝えいたしますね

  • 奇跡のスピリチュアル診断で鑑定する

  • 「せっかく連絡先を交換できたのに、全然メッセージを見てくれない」「未読スルーで1週間ってどういうつもりなの?」と好きな男性とのlineのやりとりで悩みを抱えているあなた。

    相手の心理を知る事で、いつまで待てばいいのか、気にし続つけるべきなのか判断できるようになります。

    未読スルーのままでも平気で1週間経過してしまう男性心理を詳しくご紹介しますので、心のモヤモヤを解消するために役立ててくださいね。

    全然返信がないと諦めかけていたのに、反応してくれた時の対処法もお伝えするので、相手との関係性を決定づける応対として、実行しましょう。

    未読スルー1週間の男性心理

    そもそも気が付いていない

    未読スルーのまま1週間経過している男性は、そもそもlineが入って来ている事に気が付いていないというものがあります。

    スマホ自体に執着がなく、新着メッセージが届いてもチェックすることなく放置する人がいるのも事実です。

    ラインは、未読件数の数字が、アプリにカウント表示されます。

    頻繁にスマホをチェックしている人や、メッセージが届いたらすぐに気になって仕方がない人は、カウントが1~2件で確認をしますが、無頓着な人は何十件という数字になっていても、スルーするのです。

    数字が増える程「チェックするのが面倒だな」と思ってしまい、さらに後回しにしてしまう悪循環が生れています。

    メッセージ自体を見ない人は、周囲の人から「連絡が付かない」「見てくれない」と不満が漏れているはずです。

    本命の女性がいるから親しくなることに抵抗がある

    LINEを読まないまま1週間の男性心理は、本命の女性がいるから他の異性と親しくなることに抵抗があるというもの。

    好きな人がいても、仕事や組織の関係で連絡を取り合わなければいけない場合、女性側から「ライン交換をして欲しい」と言われた時など、望んでいなくても断れない場面は多くあります。

    男として女性から連絡先を交換しようと言われたら、断るのは失礼だと思っている人も多いからです。

    特にプライベートで親しくなるつもりがないけどラインを教えた時には、本命で好きな人以外とは、基本的に連絡を取りたくないと考えます。

    「メッセージをくれるのは嬉しいけど、あまり親しくなりたくない」と思っている時には、無視するのです。

    女性のメッセージが怖くてlineを開きたくない

    放置しがちな男性の心理は、女性のメッセージが怖くてlineを開きたくないというものがあります。

    言い争いをしてしまった、「もしかしたら傷付けてしまったかも」と思う出来事があった、圧が強くて付き合ってもいないのに積極さに引いてしまう、などあなたに対して思う事がある場合には、恐怖を感じている可能性があるのです。

    「ラインを開いたら何を書かれているのか怖い」「もしかしたらものすごく怒っている文章かも知れない」と考えると、既読を付ける事さえも躊躇います。

    1週間未読でも返事きた対処法

    「返事をくれてありがとう」とお礼を伝える

    1週間何の音沙汰のない相手からメッセージが戻ってきた時の対処法は、「返事をくれてありがとう」とお礼を伝える事です。

    【期間限定・2021年8月1日(日曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した初回無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で恋愛の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。





    どんな理由があったにしても、ずっと開かないままの状態が続いていた人が、あなたのメッセージを開いて読んでくれ、さらにレスポンスまでくれたのは、有難いこと。

    読んだとしても「今さら返事をしても仕方がないか」と既読スルーにしてもおかしくない状況だったはずです。

    それでも返信をくれたからには、好意すら感じます。

    「忙しかったかもしれない」「メッセージに気が付かずに、慌てて送ってくれたのかもしれない」と考えると、自然に感謝の気持ちが湧きあるものです。

    「ありがとう」とお礼を伝えることで、次のやりとりも穏やかに進みます。

    彼のペースだと割り切り普通に対応する

    1週間読まない状態で無視が続いた人からレスポンスがきたときの対処法は、彼のペースだと割り切って、普通に対応することです。

    ラインは、リアルタイムチャットが出来る便利なツールではありますが、明確なルールがあるわけでもなく、ましてや法律で定められている者でもありません。

    「メッセージが来たら24時間以内に必ず返信をしなければいけない」と決められていない限りは、どんなペースで活用するのも自由です。

    日曜から次の土曜まで放置された現実は、あなたにとっては特別な事かもしれませんが、彼にとってはいたって普通だという事も。

    「これが彼のペースなんだ」と考えることで、あなたが譲歩する姿勢も重要となります。

    ペースを受け入れ、他の人と同じように普通に対応することで、信頼関係が出来るのです。

    怒りをぶつけるのは厳禁!「待っていたよ」と喜ぶ

    ずっとラインスルーの男性から、レスポンスがきた時の対処法は、怒りをぶつけるのではなく「待っていたよ」と喜びを全面に伝えることです。

    あなたはこの1週間、男性からのメッセージを待ちわびていました。

    「今日かな、明日かな」と楽しみにしていた分、一日が長く感じ、返事が来ない日々に悲しみを感じていたはずです。

    やっとの思いでメッセージが届いた時には、安堵と共に「今までどうしていたの」と怒りの感情すら感じます。

    しかし、相手にとってはあなたの揺れ動く心情は、知る由もない事です。

    「やっと返信がきた」「待っていてよかった」と嬉しかった感情の方だけ伝えましょう。

    「メッセージ待っていたよ」「楽しみにしていたよ」と伝えることで、相手も「1週間経過していたけど、返事を送ってよかった」と思ってもらえ、関係が良好になります。

    自分の感情を落ち着かせよう

    好きな人とラインのやり取りをしたいのに、未読スルー。

    しかも1週間も放置されてしまっては、相手の本音が気になるところです。

    男性には何かしらの事情や心理があるだけでなく、そもそもその人のペースだという事もあります。

    自分の感情を落ち着かせ、次の手を考えましょう。

    返事が来たのなら、尚更怒りや質問を投げつけるのではなく、行動をしてくれたカレに感謝すると、距離感を近づけることが出来ますよ。

    【期間限定・2021年8月1日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、【スピリチュアルの架け橋】の占いを初回無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルの架け橋】を初回無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。