不倫を辞めて友達に戻っても恋心は消えない理由と対処法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

  • タロットカートを引く
  • 「このまま彼と不倫を続けても辛いだけ」「将来が見えない関係はもうやめよう」と不倫を辞めたあなた、それなのになかなか既婚男性への恋心が消えなくて悩んでしまいます。

    別れて友達に戻ったのに、恋心が消えないのにはきちんと理由があるのです。

    その理由と対処法をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

    このままでは、あなたはずっと既婚男性への恋心に縛られて前に進んでいけなくなってしまいます。

    友達に戻っても恋心は消えない理由

    連絡や会う頻度がこれまで通りだから

    辛い不倫関係を既婚男性と解消し、無事に友達関係に戻ったあなた。

    しかし、連絡や会う頻度がこれまでと変わりがなければ恋心が消え失せることはありません。

    嫌いになって別れたわけではなく、将来性がない、辛いという想いで終わらせた関係ですから、徐々に恋心がなくなっていくと思っていたでしょうが、それは甘い考えです。

    言い換えれば「好きだから辛い」「好きだから、一緒になれないことが悲しい」という感情があるから。

    その相手と表面上は友達として付き合っていたとしても、連絡や会う頻度が変わらなければ気持ちを休ませることにはなりません。

    不倫恋愛していた頃と友達になってからの連絡や会う頻度が一緒ということは、お互いに常に相手を気にしているということになります。

    恋愛感情から友情に戻すには相当の時間が必要なのです。

    優しくされるから

    不倫をしていた相手と友達になっても、恋心が消えない理由には、相手の男性に優しくされるからというものがあります。

    仮に、既婚男性はすでにあなたを友達だと見なしているとすると、友人に優しくするのは当然のことです。

    しかし、女性は異性に優しくされると期待したくなりますし、好意を持ってしまうもの。

    もともと不倫恋愛をしていた男性ですから、その思いも余計に強くなります。

    優しくされてしまうと「まだ彼も私のことを好きでいてくれるのかな」「もしかして復縁したらもっと理想通りの関係になれるのかもしれない」と淡い期待を水面下で感じてしまうのです。

    その感情は、あなたの恋心にダイレクトに刺激を与えますので、なかなか彼をただの友人と見ることは出来ません。

    求めれば会えるところに彼がいるから

    「食事に行こうよ」と誘えば「いいよ」と答えてくれる、「連絡してもいい?」と聞けば「大丈夫だよ」と答えてくれるのが友達です。

    不倫関係を解消し、友達に戻ったとしても、あなたが求めれば会えるところに彼がいるという状況が恋心が消えない理由だと言えます。

    嫌いになって不倫を辞めたわけではなく、ただ関係性が変わっただけで会える人、連絡が取れる相手であることに間違いはありません。

    あなたがまだ恋心を持っている既婚男性に求めると、友達という関係はそれを断る理由がないので、一見「まだ二人の関係は続いている?」と誤解しそうにもなります。

    お互いに恋愛感情があるのか、体の関係があるのかなどで友達なのか不倫関係なのかが分かれます。

    今のあなたと既婚男性の状況を客観的に見た時に、以前の不倫恋愛していた時の関係とそれほど変わりがないはずです。

    それではなかなか恋心が消えることはありません。

    【期間限定・12月16日(日曜)迄】

    あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

    と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




    恋心を消す対処法

    会わない時間を作る

    せっかくたくさん悩んで悲しんで決めた不倫相手との友達関係、そこになかなか恋心が消えないと余計に辛くなってしまいます。

    そんな時の対処法には、会わない時間を敢えて作ることで解決させましょう。

    不倫恋愛をしていた頃と変化をつけることで、「友達」を意識することが出来ます。

    彼に誘われても、仕事が忙しかったり他の友達と約束していたりするのなら断る、もちろん時間から誘うこともしないと決めてみましょう。

    友達なのですから、お互いの都合を優先するのは当然のことです。

    連絡もほどほどに、用件のみを伝えるようにしてみてください。

    二人の間には、友達としての適切な距離を作ることができ、感情も持ち方が変わっていきます。

    次第に追い求めるような恋心も距離を作ることによって、薄まっていくのです。

    彼以外の人との時間を満喫させる

    彼以外の友人や仕事仲間、家族などとの時間を満喫させましょう。

    既婚男性に恋心を抱いている間は「何とかして会いたい」「少しでも会わないと辛い」と感じてしまうものです。

    しかし、あなたにとって大切な存在は彼だけではないことを再確認することで、その恋心を薄める効果があります。

    既婚者と不倫をしていた頃には会う機会が少なくなってしまった人がたくさんいるはずです。

    友人や仕事仲間、家族と楽しい時間を過ごし、様々な会話をしてください。

    今まで、不倫相手の男性との小さな世界の中で幸せを求めていた自分に気付きます。

    そこに気付くことで、視野を広げ、あなたの人生は彼だけではないことを理解しますので、既婚男性への恋心をなくし、本当に分かりあえる友達になっていけるのです。

    既婚男性と別れた後、復縁のチャンスがある彼の態度や行動

    2018.11.10

    恋心が消えない理由から対処法を導こう

    闇雲に不倫していた彼の恋心を消そうと思っても上手くいきません。

    あなたの中にある「どうして?」という疑問に向き合うことが解決に繋がっていきます。

    「どうして恋心が消えないのか」「どうして本当の友達だと思えないのか」その理由に気付いたあなたは、最適な対処法が見つかるのです。

    辛い不倫、将来性のない不倫を辞めた勇気があなたにはあるのですから、本当に理解し合える唯一無二の友達に彼となっていけますよ。

    お互いをよりよく知っているからこその親友になるためにも、まずはあなたの中にある既婚男性への恋心が消えない理由に立ち向かっていくことから始めましょう。

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。

    【期間限定・12月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

    もしも、まだ

    「やっぱり不安がある…。」

    「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

    「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

    こんな感じならば、通常1500円の【幸せの杜】の占いを無料でプレゼントします。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

    今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せの杜】を無料でプレゼントします。

    片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

    ※20歳未満は利用できません。

     

    占い師マダムアリアから無料で鑑定!

    あなたは不倫相手の彼の本当の気持ちや、二人の未来について悩んでいませんか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、不倫専門のプロの占い師マダムアリアが無料で占いをし、不倫成就の可能性や、今の彼の気持ち、今後起こりえる事をお送り致します。

    不倫相手の事で不安や悩みがある方は、是非無料鑑定をご利用下さい。

    ※20代未満はご利用不可。

    友だち追加

    ABOUTこの記事をかいた人

    sakura

    当サイトの著者「sakura」と言います。私自身、不倫の経験があり、先の見えない未来や不安、辛い気持ちに悩まされていたので、不倫する女性の気持ちが痛いほどわかります。不倫の事で不安や悩みを抱えている女性為に心理学や経験に基づいた本当に役立つ情報を発信していくので宜しくお願いします。